国内

ワクチン会場を襲って現行犯逮捕「神真都Q」“日本版Qアノン”の主張

ジャーナリスト・横田増生氏が「神真都Q」の実態に迫る

ジャーナリスト・横田増生氏が「神真都(やまと)Q」の実態に迫る(撮影/藤倉善郎)

 アメリカで生まれた陰謀論が、日本で過激な反ワクチン集団と化し、ついに警察沙汰に。いったい何が起きているのか。近刊『「トランプ信者」潜入一年』が話題を呼ぶジャーナリスト・横田増生氏がその実態に迫った。(文中敬称略)【前後編の前編】

 * * *
 私が神真都(やまと)Qを認識したのは4月上旬のこと。そのメンバーが、ワクチン接種が行なわれていた都内のクリニックに接種反対を掲げて押し入り、建造物侵入の現行犯で逮捕されたという新聞記事を読んだ時だ。

 神真都Qは、新型コロナウイルスは存在せず、ワクチンには毒性があり、日本の人口を削減するために悪用されている、と主張する。

 現行犯逮捕の模様について、全国紙の社会部の記者はこう話す。

「当日は、ワクチン接種会場となった病院に10人のメンバーが押しかけ、『治験が終わっていないワクチンを子供に接種するのは犯罪だ』、『ワクチンの成分を開示せよ』、『院長と話をさせろ』などと騒ぎたて、ワクチン反対のビラも病院内でまきました。それが午前9時すぎのこと。

 その後、警察が駆け付けたのが10時頃。それでも神真都Qのメンバーは病院から出て行かず、押し問答になり11時前後に4人が現行犯で逮捕されました。その後に、神真都Qの本部や首謀者の自宅に家宅捜索が入り、関係書類やパソコン、スマホなどが押収されています」

 神真都Qの連帯を呼びかける投稿がネット上で出回り始めたのが昨年の秋頃で、それが今年に入り東京や静岡、大阪や福岡などで反ワクチンを掲げてデモを行なうようになり世間の注目を集めた。

 神真都Qは逮捕される以前から、東京ドームや早稲田近辺のワクチン接種会場などでも同様の騒ぎを起こし、予防接種が一時中断に追い込まれる事態となっており、その頃から警視庁公安部がマークしていた。今回の逮捕は、公安部でもカルトや新興宗教団体を扱う公安総務課が指揮を執った。1990年代にオウム真理教の事件を捜査したのも、この公安総務課だった。

 事件後も神真都Qにとどまるメンバーの1人 はこう話す。

「コロナのワクチンを接種した直後に1600人以上が亡くなっている。厚労省はワクチンと死亡に因果関係がないと主張しているが、それはウソだ。コロナウイルスが存在するのかも証明されていないのに、そのワクチンを打って人が死ぬなんて本末転倒もいいところだ。病院での逮捕は不当逮捕で、断固として反対する。相手が公安部であっても、警察自体が『ディープ・ステイト(闇の勢力を指す)』の一員なので怖くはない」

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン