国内

ワクチン会場を襲って現行犯逮捕「神真都Q」“日本版Qアノン”の主張

ジャーナリスト・横田増生氏が「神真都Q」の実態に迫る

ジャーナリスト・横田増生氏が「神真都(やまと)Q」の実態に迫る(撮影/藤倉善郎)

 アメリカで生まれた陰謀論が、日本で過激な反ワクチン集団と化し、ついに警察沙汰に。いったい何が起きているのか。近刊『「トランプ信者」潜入一年』が話題を呼ぶジャーナリスト・横田増生氏がその実態に迫った。(文中敬称略)【前後編の前編】

 * * *
 私が神真都(やまと)Qを認識したのは4月上旬のこと。そのメンバーが、ワクチン接種が行なわれていた都内のクリニックに接種反対を掲げて押し入り、建造物侵入の現行犯で逮捕されたという新聞記事を読んだ時だ。

 神真都Qは、新型コロナウイルスは存在せず、ワクチンには毒性があり、日本の人口を削減するために悪用されている、と主張する。

 現行犯逮捕の模様について、全国紙の社会部の記者はこう話す。

「当日は、ワクチン接種会場となった病院に10人のメンバーが押しかけ、『治験が終わっていないワクチンを子供に接種するのは犯罪だ』、『ワクチンの成分を開示せよ』、『院長と話をさせろ』などと騒ぎたて、ワクチン反対のビラも病院内でまきました。それが午前9時すぎのこと。

 その後、警察が駆け付けたのが10時頃。それでも神真都Qのメンバーは病院から出て行かず、押し問答になり11時前後に4人が現行犯で逮捕されました。その後に、神真都Qの本部や首謀者の自宅に家宅捜索が入り、関係書類やパソコン、スマホなどが押収されています」

 神真都Qの連帯を呼びかける投稿がネット上で出回り始めたのが昨年の秋頃で、それが今年に入り東京や静岡、大阪や福岡などで反ワクチンを掲げてデモを行なうようになり世間の注目を集めた。

 神真都Qは逮捕される以前から、東京ドームや早稲田近辺のワクチン接種会場などでも同様の騒ぎを起こし、予防接種が一時中断に追い込まれる事態となっており、その頃から警視庁公安部がマークしていた。今回の逮捕は、公安部でもカルトや新興宗教団体を扱う公安総務課が指揮を執った。1990年代にオウム真理教の事件を捜査したのも、この公安総務課だった。

 事件後も神真都Qにとどまるメンバーの1人 はこう話す。

「コロナのワクチンを接種した直後に1600人以上が亡くなっている。厚労省はワクチンと死亡に因果関係がないと主張しているが、それはウソだ。コロナウイルスが存在するのかも証明されていないのに、そのワクチンを打って人が死ぬなんて本末転倒もいいところだ。病院での逮捕は不当逮捕で、断固として反対する。相手が公安部であっても、警察自体が『ディープ・ステイト(闇の勢力を指す)』の一員なので怖くはない」

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン