スポーツ

中日・立浪監督は非情なのか 京田陽太の試合中二軍降格に「今までが甘すぎた」の声

開幕前は最下位予想も多かったが奮闘している(時事通信フォト)

開幕前は最下位予想も多かったが奮闘している(時事通信フォト)

 中日・立浪和義監督は非情なのか──。遊撃のレギュラーだった京田陽太がファームに降格した一件が話題となった。

 京田は打率1割台と低迷していた。持ち味の守備でもミスが目立ち、4月下旬以降はスタメンを外れることも。奮起が期待されたが、パフォーマンスは上向かない。指揮官の逆鱗に触れたのは5月4日のDeNA戦だった。0-0の4回に京田が先頭打者・大和の打球をファンブルして内野安打に。この拙守の直後に、岡田俊哉が嶺井博希に先制2ランを被弾。

 5回に打席が回ってきた京田は途中交代させられ、試合中に二軍降格を命じられるや、試合終了を待たずして名古屋に強制送還されたことが報じられた。立浪監督は「戦う顔をしていなかったので帰らせました」と切り捨てた。

 スポーツ紙デスクは、立浪監督の決断に理解を示す。

「たしかに京田は喜怒哀楽を前面に出してプレーするタイプではない。そのため、結果が出ないと淡白に見えてしまうが、問題はそこだけではないと思う。中日は長年低迷しているが、内野のレギュラーは京田、高橋周平、ビシエドと固まっていた。彼らは結果が出なくても脅かす存在がいないからスタメンで起用されてきた。そうなると、どうしても危機感が芽生えにくくなる。

 与田剛前監督は選手に寄り添う姿勢だったが、それがマイナスに働いてしまう部分も正直あったと思う。昨年は負けているのに試合中に選手に笑顔が見られた。以前の中日だったら考えられないことです。星野仙一、落合博満と名監督の下でプレーしてきた立浪監督は勝つための哲学を叩きこまれている。昨年までが甘すぎたのであって、本当の改革はこれからだと思います」

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン