スポーツ

全日本柔道「親子制覇」の斉藤立、亡き父・仁氏の師匠が明かす「足りないもの」

斉藤仁氏(右)の次男・立(写真/共同通信社)

斉藤仁氏(右)の次男・立(写真/共同通信社)

 柔道界に新たなスターの誕生だ。体重無差別で日本一を決める全日本柔道選手権(4月29日)で、斉藤立(20)が優勝した。

 斉藤は、ロス(1984年)とソウル(1988年)で五輪2連覇を果たした斉藤仁氏(享年54)の次男で、現在は国士舘大学の3年生。親子2代での優勝は史上初の快挙だ。スポーツ紙記者が語る。

「180cm、143kgだった父(仁)よりひと回り大きい191cm、165kgの斉藤は、5歳で柔道を始め、ジュニア時代から活躍。高校で柔道の名門・国士舘高校に入学してからは高校総体を連覇しています。今回の優勝で斉藤は、2年後のパリ五輪候補の最右翼となった」

 斉藤の強さを支え続けてきたのが、やはり父の存在だった。幼い頃から柔道用の畳を敷いた自宅の和室で父の指導を受けてきた斉藤。中学1年生時の父の死をきっかけに、より一層稽古に励んだという。

 今回大会の優勝時も「褒められることはないと思う」と亡き父への思いをにじませていた。

 そんな斉藤の柔道に、父・仁氏の国士舘高校時代の恩師である川野一成氏(国士舘中学・高校柔道部の総監督)は、父の影を見る。

「風貌は似ているというか、オヤジそのものだね。体つきも足の運びもオヤジそっくり。体の柔軟性も受け継いでいる。斉藤(父)は亡くなる前、息子には基本を叩き込んだと言っていたが、それが今になって芽が出てきた感じだね。素材、素質はオヤジ以上のものを持っていると思う」

 しかし、父を超えるにはまだまだ課題が残るという。

「今、オヤジの現役時代と戦っても敵わないだろうね。オヤジと違うのは寝技。相手が潰れた後に寝技に移行するスピードは、斉藤(父)のほうが圧倒的に上。オヤジは寝技を研究し、繰り返し稽古した。そして何より必要なのは、ずっと鎬を削り合えるようなライバルの存在。斉藤の現役時代には山下会長(山下泰裕)という好敵手がいたが、そういう目標や相手を見つけられれば、もっと強くなるだろうね」(川野氏)

 柔の道の歩みは、これからも続く。

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン