スポーツ

全日本柔道「親子制覇」の斉藤立、亡き父・仁氏の師匠が明かす「足りないもの」

斉藤仁氏(右)の次男・立(写真/共同通信社)

斉藤仁氏(右)の次男・立(写真/共同通信社)

 柔道界に新たなスターの誕生だ。体重無差別で日本一を決める全日本柔道選手権(4月29日)で、斉藤立(20)が優勝した。

 斉藤は、ロス(1984年)とソウル(1988年)で五輪2連覇を果たした斉藤仁氏(享年54)の次男で、現在は国士舘大学の3年生。親子2代での優勝は史上初の快挙だ。スポーツ紙記者が語る。

「180cm、143kgだった父(仁)よりひと回り大きい191cm、165kgの斉藤は、5歳で柔道を始め、ジュニア時代から活躍。高校で柔道の名門・国士舘高校に入学してからは高校総体を連覇しています。今回の優勝で斉藤は、2年後のパリ五輪候補の最右翼となった」

 斉藤の強さを支え続けてきたのが、やはり父の存在だった。幼い頃から柔道用の畳を敷いた自宅の和室で父の指導を受けてきた斉藤。中学1年生時の父の死をきっかけに、より一層稽古に励んだという。

 今回大会の優勝時も「褒められることはないと思う」と亡き父への思いをにじませていた。

 そんな斉藤の柔道に、父・仁氏の国士舘高校時代の恩師である川野一成氏(国士舘中学・高校柔道部の総監督)は、父の影を見る。

「風貌は似ているというか、オヤジそのものだね。体つきも足の運びもオヤジそっくり。体の柔軟性も受け継いでいる。斉藤(父)は亡くなる前、息子には基本を叩き込んだと言っていたが、それが今になって芽が出てきた感じだね。素材、素質はオヤジ以上のものを持っていると思う」

 しかし、父を超えるにはまだまだ課題が残るという。

「今、オヤジの現役時代と戦っても敵わないだろうね。オヤジと違うのは寝技。相手が潰れた後に寝技に移行するスピードは、斉藤(父)のほうが圧倒的に上。オヤジは寝技を研究し、繰り返し稽古した。そして何より必要なのは、ずっと鎬を削り合えるようなライバルの存在。斉藤の現役時代には山下会長(山下泰裕)という好敵手がいたが、そういう目標や相手を見つけられれば、もっと強くなるだろうね」(川野氏)

 柔の道の歩みは、これからも続く。

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト