芸能

浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」

パチンコ店で時間を過ごす浅田舞

パチンコ店で時間を過ごす浅田舞

 元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(33)が、カクテルグラスを傾けて大人っぽく微笑んだ写真をインスタグラムにアップすると、「お洒落すぎ」「久しぶりの綺麗な貴女にドキドキ」といった声が多数寄せられた。妹の浅田真央(31)とともに幼い頃からアスリート姉妹として人気を集め、現役引退後もまた新たな魅力を振りまいて注目される舞だが、そんななか、取材班は意外な一面を目撃していた。

 ある日の午前、東京都内の繁華街にあるパチンコ店近くの交差点に停まった車から降りてきた女性は、パチンコ店に入ると、そのまま下りエスカレーターでスロットのある地下1階へ。最初に向かった機種は「ルパン三世」。

「すごくスタイルの良い女性が打っているので目を引きましたよ。キャップを深々と被っていましたが、あの舞さんだとわかって驚きました。まさかこういう店でお見かけするとは思ってもみませんでしたから。ただ、ボタンの押し方やコインの入れ方など仕草や手付きにはスロッター特有のクセがにじみ出ますから、舞さんもかなりやり慣れてることはひと目でわかりました」(居合わせた客)

 複数客の目撃情報を総合すると、舞がこの日打っていた台は「ルパン三世」のほか合計4~5種類だったようだ。とくに「ルパン」を何度も打っていたという。打ち筋については「基本的にあたりが来ないなと思ったら見切るのは早いようで、あまりひとつの台に固執しないタイプのようでしたね。あたっても深追いするでもなく、打ち手としてはスマートな印象でした。性格がサバサバしているのかな」(同前)

 フィギュアスケーターとしての舞は「目立ちたがり屋で負けず嫌い」だった。

「舞さんは8歳の頃にはすでにフィギュアスケートで注目されていましたが、当時放送されたテレビ番組のインタビューでは『美少女コンテストに出場し優勝する』と宣言するほど、前に出る気持ちが強かった。また、番組では、天才少女と注目を浴びはじめていた真央さんと一緒に公開練習をする様子も放映されていましたが、母の匡子さんが、普段以上に生き生きと滑っている舞さんの様子に『舞、気取ってやってるでしょ? みんなが見てる前だから嬉しいの。自意識過剰なの。だから真央に負けると自尊心が許さない』」と、その性格を表していました」(テレビディレクター)

 そうした気持ちの強さや、有名な妹への反発から”グレた”経験も。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン