芸能

マイファスHiroと“世界で最も美しい顔100人”林ゆめが六本木デート

六本木近辺を歩く林ゆめとhiro(2022年5月下旬撮影)

六本木近辺を歩く林ゆめとHiro(2022年5月下旬撮影)

 人気ロックバンド・MY FIRST STORY(マイ・ファースト・ストーリー)のボーカルを務めるHiro(28)が、“ガーシー”こと暴露系YouTuberの東谷義和氏に女性問題を暴露された。これを受けて6月7日に行われた東谷氏のライブ配信に出演したHiroは、過去に交際していた女性との妊娠中絶をめぐるトラブルを認め、「傷つけて申し訳なかった」と謝罪の言葉を繰り返した。そんな渦中にあるHiroと、グラビアアイドル・林ゆめ(26)の仲睦まじげな様子をキャッチした。

 Hiro に女性問題が持ち上がる前の5月28日夜、カジュアルな服装で六本木を歩く男女二人組がいた。その正体は、Hiroと林。人通りが少なくなると密着して歩き、手を繋いでいるように見える場面もあったが、西麻布の交差点に着くと、ふたりで同じタクシーに乗り込み、そのまま夜の街へと消えていった。

 気鋭のミュージシャンであるHiroは、森進一(74)と森昌子(63)の元夫婦の三男であることでも有名。長兄は国内外で活躍するロックバンド・ONE OK ROCKの Taka(34)で、芸能界でも有数の音楽一家の生まれだ。

「MY FIRST STORYは2011年結成。テレビアニメ『信長協奏曲』の主題歌に起用された『不可逆リプレイス』などが代表曲として知られ、若者を中心に人気を集めています。今年2月に開催した日本武道館公演では、Hiroさんが客席にいる兄・Takaさんに『来年俺らと東京ドームで一緒にやってくれますか?』と呼びかけて、Takaさんもそれにサムズアップで応じたことが話題になりました」(音楽ライター)

 一方の林も、グラビアという分野で人気を誇っている。身長168センチの恵まれたスタイルに加え、2019年~2021年と「世界で最も美しい顔100人」に3年連続でノミネートされたほどの美貌の持ち主だ。芸能記者が語る。

「2020年秋頃から、お互いのInstagramアカウントに『いいね』し合う関係になりました。Hiroさんも林さんも飲み会好きなので、その縁で出会ったのでしょう。Hiroさんは明るい性格で、音楽仲間からの評判もいい。林さんはサバサバ気質で、『テラスハウス』に出演した際は『経験人数20~30人』と爆弾発言を投下したことも……。お互い気さくなので、フィーリングが合うようです」

 ふたりの関係について、双方の事務所に問い合わせたところ、期日までに返答はなかった。

 林は過去に好きな男性のタイプについて「心の広い男性が好き。(自分が)自由すぎて不安にさせちゃうところはあるかも」と語っていた。気ままな“陽キャ”同士で相性はぴったり? 第一線で活躍するふたりの今後に注目!

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン