スポーツ

元横綱・稀勢の里 常識離れな「部屋開き」も、まだ続く“おかみさん隠し”

異例ずくめの船出?(時事通信フォト)

異例ずくめの船出?(時事通信フォト)

 異例ずくめの船出だ。元横綱・稀勢の里の二所ノ関親方は6月5日、出身地の茨城で「部屋開き」を行なった。サッカーのピッチに匹敵する1800坪の敷地に新設された部屋は、“常識”を覆す斬新なものとなった。

「稽古土俵が2面あり、屋外にバスケの半面コートもある。米国のスポーツ選手がトレーニングに取り入れていることから設置したそうです」(担当記者)

 国技館までの距離も常識外れ。最寄り駅は常磐線・ひたち野うしく駅で、両国まで乗り換え時間も含めて1時間20分かかる。

「さらに異例なのは、部屋開きの写真におかみさんの姿がなかったことです」(協会関係者)

 二所ノ関親方は5月場所前に6歳下の女性と結婚していたことが判明。「公表に際しても、“おかみは陰で支え、表に出る必要はないので”と写真提供は固辞された」(前出・担当記者)という。たしかに、部屋開きの集合写真を見ても姿がない。

「実は、部屋開きの場にはおかみさんの姿があった。集合写真に入っているカットもあったが、親方からそうした写真は使わないようにとお達しがあったんです。記者たちも“おかみ隠し”の理由が分からず首を傾げていました」(同前)

 当人は「強い横綱・大関を輩出したい」と抱負を語ったが、昇進で協会の使者を迎え入れる際には、力士の両脇に親方とおかみさんが座る。その時はどうなるのだろうか。

 興味深い“前例”が北の湖元理事長の妻・とみ子さんだ。37年間にわたり表に出ずに親方を支え続けた。

「北の湖は現役時代に後援者の紹介でとみ子さんと知り合った。披露宴こそ大々的に開かれたが、引退して部屋を興して以降、おかみとしては表に出ずに陰ながら部屋を支えました。ただし、とみ子さんは部屋の力士の勝ち越しを誰よりも喜び、“親方の横で大関や横綱の伝達式の使者を招きたい”と話していた」(ベテラン記者)

 結局、北の湖部屋から大関・横綱は誕生しなかった。二所ノ関部屋のおかみさんが表舞台に立つかは、弟子の出世次第なのかもしれない。

※週刊ポスト2022年6月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン