• TOP
  • 稀勢の里

稀勢の里一覧

【稀勢の里】に関するニュースを集めたページです。

朝乃山の大甘昇進 認めた協会幹部の大関昇進時も甘かった

朝乃山の大甘昇進 認めた協会幹部の大関昇進時も甘かった

 史上初の無観客場所となった春場所で、関脇として11勝4敗だった朝乃山。大関昇進の目安となる「3場所33勝」には届かない32勝だったが、場…

2020.03.30 16:00  週刊ポスト

曙、小錦、朝青龍、白鵬らヒール役になった外国人力士たち

曙、小錦、朝青龍、白鵬らヒール役になった外国人力士たち

 プロスポーツでは「試合に勝つ選手が人気者」であることが常だが、他の追随を許さない強さ故に、ファンからの声援は少なく、珍しく敗れた…

2020.03.24 16:00  週刊ポスト

興奮の一夜から明けた優勝会見(1月27日)では「夢のようでフワフワしている」と語った徳勝龍。「(伊東)監督がいなかったら今はない」と改めて感謝を語りながらも、「幕」「尻」と書いた色紙を手に大きな笑みも(写真/)

幕尻優勝の徳勝龍、気弱キャラの正代 初場所を盛り上げ…

 令和になって初めての「初場所」は序盤から、2横綱が休場し大関たち上位陣も次々と土をかぶる波乱の幕開けだった。そんな中、場所を盛り上…

2020.02.01 16:00  女性セブン

横綱・白鵬 東京五輪土俵入り願うが聖火ランナーがやっとか

横綱・白鵬 東京五輪土俵入り願うが聖火ランナーがやっ…

 2020年初場所を4日目にして早々と休場した横綱・白鵬。白鵬にとって通算14回目の休場となるが、元横綱・稀勢の里(現・荒磯親方)が途中休…

2020.01.26 07:00  週刊ポスト

元稀勢の里の独立に難題 嫁取りが難航中の背景

元稀勢の里の独立に難題 嫁取りが難航中の背景

 2019年の初場所中に引退届を提出した日本人横綱・稀勢の里。年寄「荒磯」を襲名し、田子ノ浦部屋付き親方として大関・高安らの指導にあた…

2019.12.30 07:00  週刊ポスト

週刊ポスト 2020年1月3・10日号目次

週刊ポスト 2020年1月3・10日号目次

週刊ポスト 2020年1月3・10日号目次2020年「お金の手続き」大激変を知っていますか? 特集◆ヤクザ世論調査 現役組員100人に聞きまし…

2019.12.23 07:00  週刊ポスト

貴景勝の左胸のケガ、交錯する「重傷」「引退」「大丈夫」情報

貴景勝の左胸のケガ、交錯する「重傷」「引退」「大丈夫…

 秋場所千秋楽の優勝決定戦には敗れたものの「10勝以上」の条件をクリアし、大関復帰が決まった貴景勝。 だが、再び危機が訪れている。関…

2019.09.30 07:00  週刊ポスト

大相撲春場所で職務に奮闘する荒磯親方(共同通信社)

独立狙う稀勢の里、「新弟子集め」の高い壁 嫁取りが成…

 元横綱・稀勢の里の引退相撲が、先代師匠(元横綱・隆の里)の誕生日にあたる9月29日に予定されている。今年の初場所での引退発表後、すで…

2019.08.08 07:00  週刊ポスト

週刊ポスト 2019年8月16日・23日号目次

週刊ポスト 2019年8月16日・23日号目次

週刊ポスト 2019年8月16日・23日号目次あなたの未来は上級高齢者か、下級高齢者か?・言ってはいけない「定年後」の真実 60歳以下の「上級…

2019.08.05 07:00  週刊ポスト

平成に1度もなかった珍事が…(共同通信社)

大関不振 白鵬・鶴竜が約40年ぶり「横綱大関」になる可…

 横綱・鶴竜の7場所ぶりの優勝で幕を閉じた大相撲名古屋場所は、11日目から高安が休場し、貴景勝、栃ノ心、豪栄道の4大関全員が休場する事…

2019.07.30 07:00  週刊ポスト

大分のファンが連敗中に掲げた横断幕(共同通信社)

なぜ、サッカーと相撲は野球と異なり「大型連敗」が少な…

 今季のプロ野球は“大型連敗”が目立つ。ヤクルトが16連敗したかと思うと楽天も10連敗、そして広島までもが11連敗と、悪夢が続いた。そもそ…

2019.07.26 07:00  週刊ポスト

白鵬 「問題ある言動」理由に一代年寄を認められぬ可能性も

白鵬 「問題ある言動」理由に一代年寄を認められぬ可能…

 この1年の横綱・白鵬(34)の成績を振り返ると、「休場」と「優勝」の繰り返しである。 昨年の名古屋場所を途中休場し、同秋場所で全勝優…

2019.07.20 07:00  週刊ポスト

次の日本人横綱、特に期待が高い高安の“現在地”は?

次の日本人横綱、特に期待が高い高安の“現在地”は?

 横綱・白鵬が、いよいよ引退の瀬戸際に追い込まれている。34歳という年齢からくる衰えに加え、ケガを抱えた状態で名古屋場所の土俵に立つ…

2019.07.12 07:00  週刊ポスト

わずか2場所で…?(時事通信フォト)

貴景勝「2場所で大関陥落」悪夢のカウントダウン

 新大関・貴景勝の5月場所は、「負傷→休場→再出場→再休場」という奇妙な経過を辿り、千秋楽を待たずに幕を下ろした。その裏で一体何が起き…

2019.05.27 07:00  週刊ポスト

土俵上より目立つかも?(Sipa USA/時事通信フォト)

トランプ氏の相撲観戦 唯一英語話す武蔵川親方が隣に座…

「千秋楽(5月26日)の升席のチケットを持っているお客さんについては、氏名や住所、生年月日などを整理して警備当局に提出しろというんです…

2019.05.20 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス