国内

尼崎市の紛失USB「パスワード総当たりで解読可能性」は 専門家は「甘いパスワード」懸念

23日、問題を受けて記者会見をする稲村和美市長(写真/時事通信フォト)

23日、問題を受けて記者会見をする稲村和美市長(写真/時事通信フォト)

 兵庫県尼崎市が6月23日、全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したことを発表した。USBメモリには、市民の氏名、住所、生年月日のほか、住民税に関する情報、生活保護受給世帯と児童手当受給世帯の口座情報なども収められていた。

 6月21日、委託業者が作業のため、市の許可なくデータを記録したUSBメモリを市政情報センターから持ち出した。作業完了後にデータをすぐ消去せず、USBメモリを持ったまま飲食店に立ち寄った結果、カバンごと紛失した。翌22日、委託業者が警察署に遺失物届を提出するとともに、尼崎市にUSBメモリ紛失の報告がされた。

「前代未聞の出来事で、あまりに個人情報の扱いが杜撰(ずさん)すぎます。しかし、ここまでは尼崎市もまだ“被害者”と言えたかもしれません。なのに23日に行われた記者会見で、担当者が“USBメモリにかけられたパスワード解読のヒント”をもらしてしまったのです」(全国紙記者)

 USBメモリにはパスワードがかけられ、内容については暗号化処理が施されているとのこと。会見で記者からの「第三者がパスワードを解いてしまうことは?」という質問に回答するなかで、担当者はパスワードの桁数や文字種について触れてしまった。

 一連の発言に対して、ネット上を中心に批判が殺到。担当者の発言をヒントに〈これがパスワードではないか〉と大喜利のような流れが生まれ、「amagasaki2022」がTwitterでトレンド入りする事態となった。

 ITジャーナリストの三上洋氏が、今回の騒動について解説する。

「何度か間違ったパスワードを入力するとロックがかかる仕様のUSBメモリであれば、リスクはあまりないと言えるかもしれません。しかし、何度もパスワードを試せる仕様であれば、総当たり攻撃(※暗号解読方法のひとつで、可能な組み合わせをすべて試す方法)が有効になりかねない。パスワードに総当たり攻撃を仕掛けるとき、それが何桁なのかわからない場合と、桁数がわかっている場合とでは大違いです」(三上氏、以下同)

 三上氏は、「甘いパスワードが使われていた可能性がある」とも指摘する。

「データを外部に持ち出す際のルールを市が細かく定めていたわけではなく、委託業者が勝手にやったことです。そのためUSBメモリのパスワードも社員個人の裁量で決めていた可能性が高く、入力しやすさを優先した“甘いパスワード”になっていたかもしれません。

 本来であれば現金輸送と同じくらいの警戒度が必要なはずなのに、セキュリティの教科書に出てくる悪い見本を現実に起こしてしまった騒動と言えます。ただ一点、頭に入れておきたいのは、データが流出したわけではなく、USBメモリの“紛失”であること。当該メモリを手にした人に知識がなければ、パスワード解読にまでは至らないかもしれません」

 一体USBメモリはどこへ消えたのか。第三者の手に渡っているとしたら──。不安にかられる尼崎市民のためにも、早期の問題解決を願う。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン