ライフ

自律神経を安定させる新メソッド「名句なぞり書き」 認知症予防の効果も

自律神経の安定を目指す「名句なぞり書き」のやり方(イメージ)

自律神経の安定を目指す「名句なぞり書き」とは(イメージ)

 自律神経は私たちのあらゆる生命活動の根幹を支えている。自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部の小林弘幸教授によれば、「美しい日本語を1日1回なぞり書きするだけで自律神経のバランスが整う」という。小林教授が考案したメソッドで健康で楽しい毎日を手に入れよう。

 * * *
 自律神経とは、内臓の働きや血流、体温調節など全身の様々な機能を1日24時間休むことなくコントロールしている神経です。心身を活発な状態にする「交感神経」と、心身をリラックスさせる「副交感神経」の2つに大別され、この2つがバランスよく高いレベルで働いているのが理想的な状態です。

 バランスが整っていると血流がよくなり、免疫力もアップして心身の状態が安定し、体調もよくなりますが、バランスが乱れると、不眠や倦怠感、うつ症状など様々な心身の不調を招きます。

 自律神経を安定させるために考案した新メソッド「名句なぞり書き」は、手本の文字をなぞることにより自律神経を整える効果があります。優しい響きの日本語や季節感のある言葉をなぞることで呼び起こされる「懐かしさ」は、副交感神経の働きを活発にしてくれます。

 1日1句だけでもよいので、姿勢よく、ゆっくりと丁寧に書くことが重要です。効果を高めるため、書く前に深呼吸を3回ほど繰り返す。一度に書く時間は長くても5~10分程度で、3句ほどなぞるペースがいいでしょう。夜寝る前に書けば、副交感神経が優位な状態に切り替わり、不眠の解消につながります。

 使うのは鉛筆、筆ペン、万年筆、ボールペンなど好きなものでOKです。字の形や言葉の意味を考えながら意識して手を動かすと脳が刺激され、認知症予防にも効果が期待できます。

【プロフィール】
小林弘幸(こばやし・ひろゆき)/1960年生まれ。順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手やトップアスリート、文化人、アーティストなどのコンディショニング、パフォーマンス向上の指導にも携わる。順天堂大学に日本初の便秘外来を開設した「腸のスペシャリスト」としても知られる。『自律神経を整える名句なぞり書き帳』ほか、著書多数。

※週刊ポスト2022年7月8・15日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン