国内

「のみすぎ」の弊害わかっていても断薬できない… 背景にある依存と不安感

(写真/アフロ)

断薬できない心理背景とは(写真/アフロ)

《6種類以上の薬で副作用の頻度が上がる》《5種類以上を服用する高齢者の4割以上にふらつきや転倒が起きている》

 これらの文言は、厚生労働省がとりまとめた「高齢者の医薬品適正使用の指針」を一部抜粋したもの。こうした“薬ののみすぎ”がもたらす弊害は、以前から繰り返し指摘されており、退院時に2種類以上の薬を減らすことができれば診療報酬が加算されるなど、国を挙げて減薬への取り組みが進んでいる。

 にもかかわらず、今年6月に発表された統計によれば75才以上の4割が5種類以上、4人に1人が7種類以上の薬を服用している状況だ。ドラッグストアやネット通販で24時間手に入る市販薬も同様に、大量服用や副作用をめぐる問題が再三にわたって指摘されている。

 薬ののみすぎは毒になる──エビデンスや臨床データ、現場の医師たちの声からそのことが明らかになっている現実を前に、なぜ薬を断つことができないのか。全国の医師と連携して減薬に取り組む名古屋経済大学准教授で管理栄養士の早川麻理子さんが指摘する。

「大きな理由の1つは“命の綱”だと思い込んで、無意識のうちに依存してしまうこと。特に高齢になれば食欲の減退や歯の衰えで食事量が減り、筋肉が減って体が衰弱してくる。すると“このまま体が弱っていったらどうしよう”という不安が生じ、“せめて薬だけはのもう”と考えるようになる。こうした心理に加え、『薬をのまなければ症状が悪化するかもしれない』という不安も薬への依存に拍車をかけていると考えられます」(早川さん)

 見た目は薬だが有効成分を含まない「偽薬」を販売するプラセボ製薬の代表・水口直樹さんも減薬できない心理の背景には「不安感」があると話す。

「これまで『薬を減らせない、手放せない』と悩む顧客の声を数多く聞いてきましたが、理由は薬をのまないと入眠できなかったり、痛みや不快感が出てしまうことへの不安が大半でした」(水口さん)

 水口さんによれば、症状を抑え込みたい気持ちが募るあまり、より強い効果を求めて服用量が増えてしまう事例もあったという。

「実際、高齢者が処方量以上の薬を欲しがって、それをいさめる家族に暴力をふるっていたケースもありました。

 しかし、そもそもほとんどの病気において薬は一時的に症状を抑える“対症療法”でしかありません。特に糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、食生活や運動不足を改善しない限り薬をのんでも根治することはありえない。患者は長い期間薬をのみ続けることになり、それによって製薬業界が利益を得るビジネスモデルが出来上がっていることも、大きな問題です」(水口さん)

※女性セブン2022年7月21日号

断薬できない負のサイクル

断薬できない負のサイクル

高齢患者の4分の1が7種類以上処方

高齢患者の4分の1が7種類以上処方

日本における医療費の推移

日本における医療費の推移

偽薬によって断薬が成功した例

偽薬によって断薬が成功した例

ケース別断薬体験談

ケース別断薬体験談

関連キーワード

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン