国内

“安倍氏銃撃”の山上徹也容疑者はなぜTwitterのアカウント名を「silent hill 333」にしたのか

最近は工場勤務だった(中学生の頃の山上徹也容疑者。卒業アルバムより)

最近は工場勤務だった(中学生の頃の山上徹也容疑者。卒業アルバムより)

 奈良県奈良市で遊説中の安倍晋三・元首相(享年67)を銃撃して逮捕された山上徹也容疑者(41)は、宗教団体への恨みなどをSNSに繰り返し投稿していた。山上容疑者は事件直前、安倍氏の殺害を示唆する手紙をルポライターに送っており、そこからTwitterアカウントの存在が判明した。

 7月19日現在、当該アカウント「silent hill 333」は、Twitter社によってアカウントが凍結され、閲覧できない状態となっている。一体どんな内容が書かれていたのか。

「2019年から投稿を続けており、〈オレが14歳の時、家族は破綻を迎えた〉や〈オレは母を信じたかった〉といった自身の家庭環境に関するツイートや、政治やニュースに物申すようなツイートが多かったです。安倍政権に批判的な立場というより、むしろ一定の評価はしていたようで、“ネトウヨ”を自称するツイートもありました。

 また、2019年の時点で〈オレが憎むのは統一教会だけだ。結果として安倍政権に何があってもオレの知った事ではない〉といった投稿もしています」(全国紙記者)

 山上容疑者は、2019年に公開された映画『ジョーカー』に感情移入していたようだ。同映画は、善良な道化師が貧困と病気に悩み、悪の道に進むまでを描いた物語だ。山上容疑者は『ジョーカー』の感想を複数回ツイートし、〈ジョーカーという真摯な絶望を汚す奴は許さない〉とつづっていた。また、〈この時代のこの人の輝きが永遠に残って欲しい思う〉と歌手・鬼束ちひろのヒット曲『月光』の動画を紹介している。

 山上容疑者のツイートに注目が集まる中、「silent hill 333」というアカウント名についても話題に上っている。2003年にコナミから発売されたホラーゲーム『サイレントヒル3』との関連がまことしやかにささやかれているのだ。

「『サイレントヒル3』は、ホラーゲームの金字塔として名高い『サイレントヒル』シリーズの第3作目です。累計840万本を超える大ヒットシリーズなので、たしかに山上容疑者がこのゲームのことを知っていた可能性はあります。

『サイレントヒル3』はカルト教団をテーマにした物語で、ヒロインは教団をめぐる因縁を断ち切るために信者と戦います。親子愛も大きな要素のひとつで、前向きで感動的なラストではあるのですが、山上容疑者は何か彼なりの受け止め方をしてしまったのかもしれません」(全国紙記者)

 もちろん、上記に挙げた作品やアーティストに事件の責任は全くない。ただ、日本を揺るがした大事件の容疑者であるだけに、“山上徹也とはどんな人間だったのか”に強い関心が持たれ、彼が言及したり、関係していそうなコンテンツにも注目が集まっているということなのだろう。

 山上容疑者の内面についても、今後の供述で明らかになっていくはずだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

紀子さま(時事通信フォト)
上皇ご夫妻とあわやニアミス! 紀子さま「隠密行動」の京都路でなぜか「見られなかったもの」
NEWSポストセブン
一門はどうなるのか(左から香川、團子、猿翁、猿之助、段四郎。2011年撮影/共同通信社)
市川猿之助、両親が飲んだ向精神薬に関する謎 葬儀は従兄弟・香川照之が仕切り役を担う可能性も
週刊ポスト
市議会で議長をつとめていた父・正道氏と青木容疑者
《長野立てこもり》父が語った「ウチの農園主になってくれた」長男である容疑者の名前を冠した『マサノリ園』親子の関係性
NEWSポストセブン
3年ぶりの民放連続ドラマ出演が決まった俳優・織田裕二(時事通信フォト)
織田裕二「え、主演じゃない?」「トレンディ俳優の終焉?」30年ぶりに脇役を快諾した深い背景
NEWSポストセブン
「特定抗争指定暴力団」に指定する標章を、山口組総本部に貼る兵庫県警の捜査員(時事通信フォト)
山口組機関紙にみる恒例行事「餅つき」「誕生会」 写真なしで具体的な報告がなくなった理由
NEWSポストセブン
佐々木朗希
佐々木朗希「登板回避」決めた恩師 母校に戻り指導の日々「可能性を持つ選手は他にもたくさんいる」
NEWSポストセブン
長野射撃場(SNSより)と高校時代の青木容疑者
《長野立てこもり4人死亡》「ガンマニアだったのかな」地元猟友会の元会長が目撃していた射撃場での青木政憲容疑者の姿 「眠り銃」の管理も課題に
NEWSポストセブン
帰宅ラッシュの駅に悲鳴が(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【喫茶店で発砲、血の海に】町田・六代目山口組系組員射殺事件、事件直後の凄惨映像が出回る
NEWSポストセブン
花田虎上の元妻・花田美恵子さん(本人のインスタグラムより)
【激変の今】若乃花の元妻「元花田美恵子さん」激ヤセ、身長も縮み「顔が違う」インスタに驚きの声
NEWSポストセブン
両国国技館
逸ノ城グッズの特設コーナーが国技館の売店に! 5月場所が盛り上がるも在庫一掃セールが不調の理由
NEWSポストセブン
澤瀉屋の152年の歴史
市川猿之助が率いる「澤瀉屋」初代の破門スキャンダル以来、絶えぬトラブル 修羅道をひた走る152年の歴史
女性セブン
卒業アルバムにうつった青木容疑者
《長野立てこもり男》青木政憲容疑者(31)は「会話のキャッチボールが成り立たない人」近隣住民が抱いた「結婚式欠席」の違和感
NEWSポストセブン