芸能

字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学

戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)

戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)

 5月に公開されたた映画『トップガン マーヴェリック』が大ヒットを記録しているが、もう1つ話題を集めたのが、同作品の字幕翻訳を担当し、長年、主演のトム・クルーズの通訳として活躍してきた戸田奈津子さん(86才)が“通訳引退”を表明したこと。フランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録』で一躍売れっ子の字幕翻訳者となった戸田さんにとって、仕事のモチベーションとなったのは何か。【全5回の第3回。第1回から読む】

想像力があれば太鼓にも未来にも宇宙にだって行ける

 東京タワーの完成に明仁親王(現在の上皇陛下)の婚約──戸田さんが大学を卒業した1958年は明るいニュースに沸いた年だった。特に正田美智子さん(上皇后美智子さま)との婚約が巻き起こした“ミッチー・ブーム”も相まって、当時の若い女性は学校を卒業後、数年働いた後に家庭に入るという生き方がスタンダードとなった。

 そんな中で大企業を辞め、お見合いの話も断り、アルバイトで生計を立てる戸田さんの生き方はかなり少数派だったといえるだろう。字幕翻訳家として花開くまで“夢見る力”を持ち続けることができたのは根底に「自分のことは自分で決める」という哲学があったからだ。大学生の頃、ヘンリー・ジェイムズの『ある貴婦人の肖像』という小説を読んだことがきっかけだった。

 物語の舞台は19世紀のイギリス。貴族に生まれ、何不自由なく暮らしていた美女がお金持ちからの引く手あまたのプロポーズを断り、自分が選んだ男性と結婚する。しかしこの男はとんでもない詐欺師で、結婚によって女は不幸のどん底に落ちるが、彼女は何の釈明も泣き言も言わず、運命を受け入れる。

「なぜあんな男と……と不審がる周囲をよそに、彼女は最後まで『私が彼を選んだのだから、それは自分の責任。人は自分の選んだ道を歩まねばならない。たとえそれが他人から見れば、不幸な人生であっても』と言い切り、毅然と生き続けるのです。

 主人公のこの凜とした態度や自分の人生に責任を取ろうとする強さに強く影響を受けて、私もまわりに迷惑をかけない範囲で、人の意見に流されずに自分の好きなことを目指して、その責任を引き受けようと心に誓いました。ですから当時も、周囲と違う生き方をすることに迷いや不安はありませんでした」

 時代や国籍、人種や家柄が異なる人間の生き方を追体験して、感動したり学んだりすることができる──それこそが映画や小説の大きな力であると戸田さんは語る。

「ひとりの女の一生で体験できることなんて、ほんのわずかじゃないですか。だけど想像力さえあれば、ドレスの裾が広がった貴族の娘になれるし、太古でも未来でも、宇宙にだって行ける。それが映画や本が与えてくれるいちばん素敵なことだと思います」

 字幕を通じて観客の想像力をかきたてる。それが彼女の生きがいなのだ。

「私自身、映画が好きで映画にいろんなことを教わって何度も感動したから、映画がもたらしてくれる楽しみや喜びを大勢の人に知ってもらいたい。それが仕事を続ける上でのいちばんのモチベーションになっています」

(第4回へ続く)

文/池田道大 取材/辻本幸路 撮影/田中智久

※女性セブン2022年8月18・25日号

長年にわたりトム・クルーズの通訳として付き添ってきたが
、自身の年齢を明かしたことはなかった(写真/アフロ)

長年にわたりトム・クルーズの通訳として付き添ってきたが 、自身の年齢を明かしたことはなかった(写真/アフロ)

戸田奈津子さんが今思うこと

戸田奈津子さんロングインタビュー

「女ひとりの人生はあまりに短い。だから私は映画を観るのです」

「女ひとりの人生はあまりに短い。だから私は映画を観るのです」

手帳は

手帳はスティーブン・スピルバーグ監督からの贈り物を約40年にわたって使っている

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト