ライフ

“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要

シュガージャンキーから抜け出すためには

シュガージャンキーから抜け出すためには

「疲れやイライラの解消には、甘い物がいちばん!」と、ストレス解消のために甘い物をストックしていたり……。この数年、コロナ禍で家にいる時間が増え、以前にも増して甘い物に手を出すようになったという声が多い。でも、甘い物の食べすぎは、体重増加はもちろん、さまざまな病気を引き起こすきっかけになるのです。あなたも、いつの間にか、甘い物に取り憑かれた“シュガージャンキー”になっていませんか? もしも“シュガージャンキー”になってしまった場合、どうすればいいのだろうか。【前後編の後編】

“シュガージャンキー”から抜け出すには

 どの依存症にもいえることだが、そこから抜け出したいなら、一度、体をリセットすることだ。その上で生活習慣を見直し、砂糖に頼りすぎない人生を送ろう。

【1】2週間は甘いものを断つ

 甘い物を摂りすぎている人に対し、糖尿病専門医の市原由美江さんは「大前提として、ある期間、甘い物を断つことが必要です」と言う。

「すぐに手が届くところにお菓子があると、知らず知らずのうちに、甘い物を口にしてしまうのが依存症です。お菓子のストックはしないこと! コンビニやスーパーのお菓子コーナーには近づかない。家にあるお菓子は手の届きにくい戸棚にしまっておきましょう」(市原さん・以下同)

 そして、まずは2週間、甘い物を摂らないことだ。

「最初はつらいかもしれませんが、1週間くらいすると次第に慣れてきます。人間に必要な糖分は、ご飯や野菜などにも含まれています。主食や主菜、副菜、汁物がそろった食事を3食きちんと摂れば、砂糖が使われたお菓子やジュースは必要ありません。特に朝食をしっかりと食べておけば、必要なエネルギーがチャージされ、甘い物がほしくなくなります」

 甘い物は断ち、炭水化物をしっかりと摂ることも重要だ。

「食事で炭水化物を制限してしまうと、必要な糖質が不足してしまい、低血糖を起こし、かえって甘い物がほしくなります。『糖質を制限しすぎると、死亡率が上昇する』という研究結果がいくつも発表されています。茶わん1杯程度のご飯は、毎食摂るようにしましょう」

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン