芸能

今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか

プロレス総選挙

「プロレス総選挙」が放送される(公式HPより)

 ランキングをベースにした番組はテレビ局の定番コンテンツだが、テレビ朝日は「総選挙」と題してさまざまなジャンルのランキング番組を10年以上放送し続けている。他局が追随しないなか、テレ朝が“総選挙”を続ける狙いはどこにあるのだろうか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその理由について分析する。

 * * *
 13日の土曜夜、『ファン1万人がガチ投票!プロレス総選挙』(テレビ朝日系)が放送されます。

 この特番では日本全国のプロレスファンに、「本当にスゴいと思う“現役プロレスラー”は誰なのか?」というアンケートを実施し、ベスト15を発表(21時55分~22時55分)。さらに放送終了後、“メタバース六本木”空間で16~30位を発表(22時40分ごろ~24時30分)し、その後、再び地上波に戻って31~50位を発表(24時30分~25時30分)する、計3時間超の大型特番です。

 なぜお盆のド真ん中に“プロレス総選挙”なのか。

 これは「テレビ朝日が長年にわたって業界最大団体・新日本プロレスの試合を放送していること」「その新日本プロレスが創立50周年イヤーであること」「ファンが一年で最も盛り上がるシリーズ『G1 CLIMAX』が開催中であること」「主要大会を生中継・見逃し配信する『新日本プロレスワールド』への誘客が期待できること」など複数の理由が考えられます。

 しかし、テレビ朝日の『○○総選挙』特番は、今年5月2日に『鉄道ファンがガチ投票!駅総選挙』、6月25日に『本当にウマいと思う 激辛ラーメン総選挙』が放送されたばかり。昨年も1月3日に『国民15万人がガチで投票!漫画総選挙』、12月27日に『国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙』、一昨年も7月20日に『国民1万4千人がガチ投票!お菓子総選挙』、9月6日に『国民13万人がガチ投票!アニメソング総選挙』が放送されました。

 テレビ朝日はこれら以前にも、戦国武将、ご当地麺、高校野球、冷凍食品、お城、プロ野球、アイス、ゴジラ、うどん、大相撲、声優、麺チェーンなどのさまざまな『○○総選挙』を年2~4本ペースで放送。しかし、『○○総選挙』がヒット企画なら民放他局は類似番組を手がけるものですが、ここまではそのような動きは見られません。

 ちなみに“総選挙つながり”では、一世を風靡した『AKB48選抜総選挙』も2018年以降は開催なし。その間、時代は平成から令和に変わり、人々の嗜好も変わる中、なぜテレビ朝日は他局が追随しない『○○総選挙』を放送し続けているのでしょうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン