芸能

ゆたぼんの過激バイク試乗、専門家が「言語道断」と指摘する危険シーンの全容 共演者はアカウント削除

バイクが動き出した瞬間。危ない!(公式チャンネルより)

バイクが動き出した瞬間。危ない!(公式チャンネルより)

 少年革命家を自称するYouTuber・ゆたぼん(13)がバイクに乗る動画に対して、「危険すぎる」と批判が殺到している。ゆたぼんは今年6月より専用車「スタディ号」で47都道府県をめぐる日本一周プロジェクトを実施中だ。

 9月14日に公開した動画『遊びが一番のスタディや!』で、ゆたぼんは旅の資金を募るクラウドファンディングに支援した男性と対面。この男性はバイク好きらしく、彼に付き添われて、ゆたぼんがバイクに乗る場面もあった。男性に支えてもらいながら、ゆたぼんはゆっくりバイクを走らせた。転倒しかけた勢いで思わずアクセルを開け、片手がハンドルから離れてしまった瞬間には、周囲の笑い声とともに「片手ターン」というテロップなどでおもしろおかしく演出が施されていた。

 撮影では「トライアル」というオートバイ競技に使用される軽量なマシンが使用され、映像が流れているあいだは〈トライアルバイクは敷地内などでは免許無しで乗れますが、必ず免許を持っているプロの方の指導の元に乗りましょう〉という注釈テロップも表示されていた。

 しかしバイクに乗るゆたぼんが半袖短パン、素足にサンダルという軽装だったことや、転倒したことから、ネット上で「危険すぎる」と批判が殺到。そのせいか、動画に登場した男性はTwitterアカウントを削除してしまった。注釈にあった「プロの方」というのはこの男性のことを指していたのだろうか。

 モーターサイクルジャーナリストの小林ゆき氏が、今回の動画の危険性を解説する。

「オートバイに乗るときは適切な装備(ヘルメットやグローブ、ブーツ、プロテクター、長袖・長ズボンなどの服装)を着用することが、転倒時の身体への安全対策として不可欠です。今回の動画では『トライアル』と呼ばれる競技用のオートバイに、半袖、半ズボン、グローブなし、サンダルという軽装でエンジンをかけてオートバイの運転経験がない子どもを乗車させていますが、安全対策の観点ではまったく不十分です。監督する大人はそのような装備で乗車させることを止めないといけません」(小林氏)

 一歩間違えれば重大事故につながる危険性もあった。

関連記事

トピックス

工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン