国内

安倍氏国葬 会場付近の店主から不安の声「賛成派と反対派のトラブルが心配」「当日の補償も決まってない」

自民党内からも国葬の欠席者がでる事態に(時事通信フォト)

自民党内からも国葬の欠席者がでる事態に(時事通信フォト)

 9月27日の安倍晋三元首相の国葬を間近に控えて、警備が本格化している。1週間前にあたる9月20日には警視庁が東京駅での無差別テロへの警戒状況を報道陣に公開。翌21日には、8月に就任したばかりの警察庁の露木康浩・長官が会場となる日本武道館周辺を視察し、警備現場を確認した。

 警察庁では安倍元首相銃撃の警備不備で批判が相次ぎ、中村格・前長官が辞職に追い込まれた。辞職の記者会見で中村前長官が「警察は、警護を一から見直そうと覚悟を決めた」と語った通り、すでに武道館では警備体制が敷かれている。

 9月20日に武道館を訪れると、武道館の入り口に位置する北の丸公園の田安門には透明の盾を持った警視庁職員が1人。武道館周辺には4人ほどの警視庁職員が等間隔で周囲を巡回、駐車場には機動隊を乗せる装甲車が4台ほど駐車しており、駐車場入り口にも2人の警視庁職員が待機していた。

 すでに物々しい雰囲気が漂っているが、近隣で働く人々はどう受け止めているのか。武道館近くには喫茶店や飲食店も多く、近くに大学も複数あるため普段は学生らで賑わっている。

 武道館近くで飲食店を営む店主に話を聞いた。

「今日(9月20日)、麹町署の職員がきて当日の人の流れなどを説明してきました。特に暖簾とか看板について、何を出すな、これをするなということは言われませんでした。ウチは当日も開けます。交通規制こそ敷かれますが、人通りは多くなるので名前も売るいい機会と捉えていますし、商機と考えてますよ」

 一方、警察の対応に不満の声も聞こえた。同じく武道館近くで飲食店を経営する別の店主はこう語る。

「午後、初めて麹町警察署の方が直接来られて、当日の説明を受けました。予定では店の近くに献花台ができるということで、献花台に向かう歩行者の流れを規制して、靖国通りの歩道では市ヶ谷方面から九段下方面に向かう歩行者は、靖国神社側の歩道を歩くことになるということでした。もし通行などを規制する場合、通常と比べて人の流れが変わりますし、お客さんが全く来ない可能性もある。補償などについてどうなっているかを聞いたところ、その辺は持ち帰って報告するとのことでした。

 当日はお店を開ける予定ですが、不安が大きいです。献花に来た人が入ってくれるかもしれませんが、常連さんとの兼ね合いもありますし、国葬について賛成の人と反対の人がたまたま席が隣り合わせになって、話し声が聞こえてトラブルになる可能性もある。本音を言ってしまえば、トラブルになるくらいなら店を閉めたいという思いもあります」

武道館の駐車場には装甲車

武道館の駐車場には装甲車

田安門前で写真を撮る記者にも監視の視線

田安門前で写真を撮る記者にも視線

眼光鋭い

眼光鋭い

武道館の側にもいる

武道館の側にもいる

武道館周辺の道路も巡回

武道館周辺の道路も巡回

何かを見つめている

通行人の顔を確認している

重い空気が漂う

重い空気が漂う

靖国神社前には2人の警官が通行人をチェック

靖国神社前では2人の警官が通行人をチェック

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン