スポーツ

メイウェザー「美女とダンシングナイト」 女性5~6人連れて出ていった六本木パーティ一部始終

朝倉未来との対戦を控えるメイウェザー(時事通信フォト)

朝倉未来との対戦を控えるメイウェザー(時事通信フォト)

 9月18日、格闘技イベント『超RIZIN』(9月25日、さいたまスーパーアリーナ)に参加するため、フロイド・メイウェザー(45)が来日した。ボクシング5階級制覇したスターが来日したその足で向かったのが、東京・六本木のクラブだった。

 薄暗い空間にピンクや青白いライトの光が差し込む。そこでは男女が入り乱れ、酒をあおり、音楽に身を任せて踊り狂っていた。会場にいる観客はメイウェザーの到着に胸を膨らませて待っているが、待てど暮らせどやってこない。

「パーティーは21時スタートで23時にはメイウェザーが登場する予定だったのですが、彼が到着したのはまさかの深夜1時半。それでもメイウェザーの登場で会場は大盛り上がりです。到着後はステージで挨拶した後、フロアを回ってVIPルームに消えていきました」(参加者)

 全身に数十億円のアクセサリーをまとって登場したスターにゲストたちのボルテージは最高潮。メイウェザーの元には高級シャンパンが次々に運び込まれていったという。

「VIPルームではゲストたちと談笑していました。握手や写真撮影など丁寧なファン対応でしたよ。せっかくのパーティーなので楽しみたいのか、ノリノリでDJブースに入って美女たちと戯れるシーンもありました」(同前)

 翌19日には銀座で40人引き連れて高級焼肉を楽しみ、路上でどんちゃん騒ぎ。21日には渋谷109前で記者会見をしたが、真剣な表情の対戦相手・朝倉未来(30)を目の前にチームメイトとふざけて大笑いの“メイウェザー劇場”。極めつきは22日の公開練習での遅刻。ライブ配信もされていたが、堂々と1時間も遅れてやってきた。

 ど派手パフォーマンスに遅刻。メイウェザーは以前から“問題児”としてその名を馳せている。格闘技関係者が振り返る。

「2018年、那須川天心(24)との対戦前の話です。メイウェザーは試合前の計量の時間を勝手に変えたり、来日直前に完売していた試合のチケットを100枚用意させたりと運営側を翻弄。今回、彼の宣言通り22日までに来日したことにはびっくりですが、やはりやりたい放題でしたね」

 冒頭の18日のパーティーは朝方4時まで続いた。パーティーがお開きになったからホテルに帰る──と常識ならそう考えてしまうだろうが、型破りなメイウェザーには通用しない。前出の参加者がいう。

「パーティーが終わった後、会場にいた美女5~6人を引き連れて出ていきました」

 元5階級制覇のチャンプの体力は底なしだった。

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン