国際情報

多大な重責を担ったエリザベス女王 フィリップ殿下から教わった重圧を笑いに変える力

亡くなる2日前に行われたトラス新首相の任命式(写真/GettyImages)

亡くなる2日前に行われたトラス新首相の任命式(写真/GettyImages)

 9月19日に国葬が行われたエリザベス女王(享年96)。歴史と伝統を誇るイギリスの女王としての重責は、想像もつかないほど大きかったはずだ。家族や多くのお付きの人間に囲まれ、国民のみならず世界から敬意のまなざしを向けられていたとしても、自分以外に「英国女王」を担える人間はいない──70年の孤独と失望に耐えるには、「体の健康」にもまして「心の健康」が不可欠だった。

 1926年4月21日生まれのエリザベス女王の運命が大きく変わったのは1936年。この年、国王となった伯父のエドワード8世が離婚歴のあるアメリカ人・シンプソン夫人と結婚するため退位し、父のジョージ6世が即位した。伯父の「王冠を賭けた恋」により、女王は大英帝国の王位継承順位第1位となった。このとき、彼女は10才にして女王として生きる覚悟を決めたとされる。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「自分が王になると思っていなかったジョージ6世は病弱で、ストレスも重なって56才の若さで亡くなります。10代のエリザベスは父と伯父を通して王室のあり方を肌で感じ取った。幼少期の経験が彼女のメンタルを強靭なものにしました」(多賀さん)

 1952年、エリザベス女王は「私の人生を常に奉仕に捧げる」との力強い言葉とともに、25才で即位した。「イギリスは女王の時代に栄える」との言い伝えのもと、国民の期待を一身に負っての船出だった。私生活では1947年に海軍士官だったフィリップ殿下と結婚し、翌年に長男・チャールズ王子(当時)、1950年に長女・アン王女、1960年に次男・アンドルー王子、1964年に三男・エドワード王子が生まれた。

 第二次大戦後、栄華を誇った大英帝国の威信が低下する中、幼い子供たちを抱えて公務をこなし、国内外を飛び回った。女王として妻として母として、超多忙な日々を過ごしながら「折れない心」をどう維持したのか。多賀さんが指摘するのは、「困難を笑いに変える力」だ。

「彼女は幾多の困難を『笑い』で乗り越えてきました。ポイントは夫の存在で、27才の女王が戴冠式でピリピリしているとき、フィリップ殿下は『あれ、その帽子(王冠)はどこで見つけたの?』とジョークで妻の緊張を和らげました。以来、殿下はいかなる苦境でも心温まるユーモアで、激務を続ける女王を癒してきた。女王もまた笑顔の大切さを学び、プレッシャーやストレスのかかる場面でこそ、ユーモアで心の健康を維持していました」(多賀さん)

 ファッションもポジティブマインドを育んだ。若い頃はブルーやイエロー、グリーンなど鮮やかな色彩を好み、年齢を重ねるとホワイトやシルバーに身を包んだ。精神科医の樺沢紫苑さんが指摘する。

「きちんとおしゃれやお化粧をして外出すると、軽い緊張感が生まれて脳が活性化します。他人の目を意識することは大切で、適度な緊張感は認知症のリスクを緩和します」

 似合う、似合わないを気にせず、服装を楽しむことが大事と訴えるのは、高齢者の医療に詳しい精神科医の和田秀樹さんだ。

「見栄えが若い服装をすると、気持ちが若返ります。『年寄りの若づくり』なんていわれる風潮もありますが、ポジティブに若返ろうとすると脳が刺激されて、奔放に生きようとする傾向が強くなります。ファッションに限りませんが、人の意見をあまり気にせず、“言いたい人には言わせておけ”と自分のやりたいことを貫くことがポジティブマインドにつながります」(和田さん)

 エリザベス女王にとって、ファッションは国民に向けたメッセージでもあった。

「女王は自分のためではなく、国民のためにファッションを準備していました。目立つ原色が多かったのは、自分を見るため何時間も待機している国民に、一瞬で『女王だ!』とわかってもらうため。華やかな原色を見て、国民の気持ちが明るくなることも願っていたのでしょう」(多賀さん)

 一方、1947年に結婚した際、終戦後の不況に苦しむ国民は配給券を手に長い行列に並び、生活物資を必死で確保していた。その様子を見た女王は国民感情に配慮して、一般の国民と同じ配給券で入手した絹やレースでウエディングドレスをあつらえたという。彼女の「国民ファースト」を物語るエピソードだ。

※女性セブン2022年10月13日号

多くの人がウィンザー城前に花を手向けた(写真/アフロ)

多くの人がウィンザー城前に花を手向けた(写真/アフロ)

結婚式では「自分だけ特別扱いは許されない」と配給券で入手した絹やレースで作られたドレスに身を包んだ(写真/GettyImage)

結婚式では「自分だけ特別扱いは許されない」と配給券で入手した絹やレースで作られたドレスに身を包んだ(写真/GettyImage)

緊張した面持ちから一転、フィリップ殿下のジョークで笑顔に。1953年(写真/GettyImage)

緊張した面持ちから一転、フィリップ殿下のジョークで笑顔に。1953年(写真/GettyImage)

エリザベス女王(写真/GettyImages)

エリザベス女王(写真/GettyImages)

シャーロット王女(写真/アフロ)

国葬で涙を浮かべるシャーロット王女(写真/アフロ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン