芸能

ユーミンと郷ひろみ デビュー50周年の2人がタモリ番組で見せた「遊び心」

ユーミンは50周年

ユーミンは50周年

 今年デビュー50周年を迎えている2人のレジェンドが注目を集めている。今も第一線で活躍を続ける松任谷由実(68才)と郷ひろみ(66才)だ。コラムニストのペリー荻野さんが2人の魅力について解説する。

 * * * 
 松任谷由実と郷ひろみ。デビュー50周年を迎えた二人の勢いがすさまじい。

 ユーミンは、先日、『行列のできる相談所 秋の2時間スペシャル』に出演。

 ふわちゃんに同じ八王子出身だとわちゃわちゃ騒がれても、郊外に住んでいたから都心に出ていくワクワク感があったと作品に通じる話につなげてにっこり落ち着いて対応。再現ドラマの中で、「(夫の松任谷正隆さんとの関係を)ハサミのような関係」と言い切るユーミン(演じていたのが清水ミチコだったのは、最高のヒット)。

 なお、ハサミのような関係とは、互いに刃を向け合うんだけれど、お互いのことは絶対に切らない。いつも一緒にいるけれど、何ミリかは離れているという意味である。なかなか言える言葉じゃない。

 一方、郷ひろみは、この夏、草なぎ剛がメインキャラクターを務める花王の『ハミング消臭実感 抗菌バリアシリーズ』のCMに登場。真っ白なに銀色の縁取りというスタイルの“ハミングの精”になり、洗濯物のニオイをチェックする草なぎの前に♪部屋干ししてもにおわない~と現れる。

 目に見えないはずの精なのに、実在感たっぷりで、ふたりが普通にそこでやりとりしている感じが面白い。また、10年ぶりに飲酒を解禁し、シャンパンのCMに登場。「ジャパン!」ならぬ「シャンパン~!」と話題に。

 郷ひろみは、デビュー当初から、樹木希林と共演した『ムー一族』などでコメディセンスを見せていたが、半世紀のキャリアを積んで、重くなるどころかさらに軽々と跳びはねて(は、いないが跳びはねて見える)ところが、すごい。

 興味深いのは、ユーミンも郷ひろみも、この記念の年にタモリの番組に出ていること。

 郷ひろみは、先月23日に放送されたタモリ司会の『ミュージックステーション4時間スペシャル』に出演し、松平健と“夢のサンバ競演”が実現。おなじみの金色ベースのキンキラ着物のマツケンが腰元ダンサーズと元気よく『マツケンサンバⅡ』を歌い踊ると、その横にシルバーラメのジャケットにメタル色に輝くパンツという煌めき郷ひろみが現れ、『お嫁サンバ』を披露。すると一度、下がっていたマツケン&ダンサーズも加わって、ゴールドテープが舞い散る中、Wサンバはフィニッシュ!! セットや電飾で光るのではなく、歌い手自らがこれほど画面いっぱいに光を放つコラボは、珍しいかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン