芸能

ユーミンと郷ひろみ デビュー50周年の2人がタモリ番組で見せた「遊び心」

ユーミンは50周年

ユーミンは50周年

 今年デビュー50周年を迎えている2人のレジェンドが注目を集めている。今も第一線で活躍を続ける松任谷由実(68才)と郷ひろみ(66才)だ。コラムニストのペリー荻野さんが2人の魅力について解説する。

 * * * 
 松任谷由実と郷ひろみ。デビュー50周年を迎えた二人の勢いがすさまじい。

 ユーミンは、先日、『行列のできる相談所 秋の2時間スペシャル』に出演。

 ふわちゃんに同じ八王子出身だとわちゃわちゃ騒がれても、郊外に住んでいたから都心に出ていくワクワク感があったと作品に通じる話につなげてにっこり落ち着いて対応。再現ドラマの中で、「(夫の松任谷正隆さんとの関係を)ハサミのような関係」と言い切るユーミン(演じていたのが清水ミチコだったのは、最高のヒット)。

 なお、ハサミのような関係とは、互いに刃を向け合うんだけれど、お互いのことは絶対に切らない。いつも一緒にいるけれど、何ミリかは離れているという意味である。なかなか言える言葉じゃない。

 一方、郷ひろみは、この夏、草なぎ剛がメインキャラクターを務める花王の『ハミング消臭実感 抗菌バリアシリーズ』のCMに登場。真っ白なに銀色の縁取りというスタイルの“ハミングの精”になり、洗濯物のニオイをチェックする草なぎの前に♪部屋干ししてもにおわない~と現れる。

 目に見えないはずの精なのに、実在感たっぷりで、ふたりが普通にそこでやりとりしている感じが面白い。また、10年ぶりに飲酒を解禁し、シャンパンのCMに登場。「ジャパン!」ならぬ「シャンパン~!」と話題に。

 郷ひろみは、デビュー当初から、樹木希林と共演した『ムー一族』などでコメディセンスを見せていたが、半世紀のキャリアを積んで、重くなるどころかさらに軽々と跳びはねて(は、いないが跳びはねて見える)ところが、すごい。

 興味深いのは、ユーミンも郷ひろみも、この記念の年にタモリの番組に出ていること。

 郷ひろみは、先月23日に放送されたタモリ司会の『ミュージックステーション4時間スペシャル』に出演し、松平健と“夢のサンバ競演”が実現。おなじみの金色ベースのキンキラ着物のマツケンが腰元ダンサーズと元気よく『マツケンサンバⅡ』を歌い踊ると、その横にシルバーラメのジャケットにメタル色に輝くパンツという煌めき郷ひろみが現れ、『お嫁サンバ』を披露。すると一度、下がっていたマツケン&ダンサーズも加わって、ゴールドテープが舞い散る中、Wサンバはフィニッシュ!! セットや電飾で光るのではなく、歌い手自らがこれほど画面いっぱいに光を放つコラボは、珍しいかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン