芸能

11年間封印されたコンサート、石巻市のステージに立つシャンソン歌手・クミコが唄う「反戦歌」

歌手のクミコ

2022年3月、サントリーホールで開催されたチャリティコンサーでウクライナ侵攻に対して、平和を願い『愛しかない時』を歌唱

「コロナ禍でさまざまなコンサートや公演が中止されたり延期されたりしましたが、11年間も延期されたコンサートというのは、そうそうあるものではないですよね。

 東日本大震災で延期になったコンサートを、嬉しいことにこのたび開催し、唄わせていただくことになりました。悲しみの中で生きてこられた皆さまとお会いできることは、待ち望んでいたプレゼントをいただいたような気持ちがしています」

 こう語るのは、今年デビュー40周年を迎えた歌手のクミコ(67)。1982年にシャンソン喫茶『銀巴里』でデビューして以来、『愛の讃歌』や『わが麗しき恋物語』など数々の名曲を歌い継ぎ、2010年にはNHK紅白歌合戦に出場した円熟の歌姫である。

 宮城県石巻市でクミコが被災したのは、紅白に出場した翌年のことだった。

「2011年3月11日、私は宮城にいました。石巻市民会館でコンサートを行うために楽屋にいたところ、突然大きな揺れに襲われ、慌てて駐車場に避難したんです。

 破壊的な揺れが収まると津波警報が出て、裏山の道なき道を必死で登りました」

 採石場でひと晩を過ごし、ラジオから聞こえてくる被害状況に絶句。山を降りて様子を見にいった人が暗い表情で帰ってくるのを見て、暗澹(あんたん)たる思いに駆られた。

 東京に戻ってからも被災地を思って涙し、うつ状態に陥ったという。

シャンソン歌手のクミコ

歌手のクミコ

「手を取り合って、コンサートを行うはずの方々も何人かが帰らぬ人となりました。

 うつ状態だった私を救ってくれたのは、他ならぬ石巻の方々です。再び現地を訪れて、避難所や、店舗の一角、仮設住宅の集会所など、あらゆる場所で唄わせていただき、皆さんから優しい言葉をかけていただいたことは忘れられません」

 予定されていたコンサートは、地元の人々の協力のもとで2年近く準備してきたもの。熱い思いが込められた催し物だ。震災から11年。現地の復興が進み、解体された市民会館に新たにホールが設立され、地元の人々から開催を熱望する声があがった。
「また機会をいただけるとは思ってもいなかったので、こんなに嬉しいことはありません。11年の歳月は長いようで、あっという間だったようにも感じます」

 今年4月、石巻市はサンドウィッチマンや林家たい平(57)らと共に、クミコを観光大使に任命した。11月8日、石巻マルホンまきあーとテラスで行われるコンサートには、市長が任命状を渡しに訪れる予定という。

『銀巴里』で唄い始めてから今年で40年。クミコは、これまでの足跡、そして、これからのことを確認する思いを込めた新録『愛しかない時』をリリースする。

 原曲は、世界中で反戦歌として親しまれるシャンソンの名曲。クミコが27歳のときに日本語詞をつけて以来、歌い続けてきた作品だ。

ウクライナでの一枚

2016年にチェルノブイリ原発事故から30年を迎えたウクライナを訪問

「私は過去に、ウクライナに二度行っています。原爆をテーマにした『INORI〜祈り〜』を唄ったご縁で、テレビ番組のロケで事故後30年経ったチェルノブイリにも訪れました。私が出会った方々が戦争のまっただ中にいることに絶望感を覚えつつも、SNSを通じて歌を届け合ってきました。レコーディングに臨んだときは、当時お世話になった通訳の方や、ご家族、現地の方々の無事を祈りました。

 石巻市がウクライナから避難した人を受け入れていることにもご縁を感じずにはいられません。災害であっても戦争であっても、どんな無力感の中でも人は支え合うことができる。暗闇の先には必ず光があるはずです。

 昨日が今日になり、いつものように明日が来る。そのことが奇跡のように尊いことだとわかった今だからこそ、唄える歌たちがあります。どの会場でも『どっこい生きてやる』、『したたかに生きていこう』と思ってもらえるライブにしたいと思っています」

【プロフィール】
クミコ/1982年、シャンソニエの老舗『銀巴里』でプロとして歌手活動スタート。2002年『わが麗しき恋物語』のヒットで脚光を浴び、2010年『INORI〜祈り〜』で第61回 NHK『紅白歌合戦』初出場。2017年のアルバム『デラシネ』は日本レコード大賞優秀アルバム賞を授賞した。2021年8月、中島みゆき書下ろし曲『十年』をリアレンジとして話題に。今年、デビュー40周年。今年8月からはじまったツアー『わが麗しき歌物語Vol.5~愛しかない時~』では、石巻と同じく被災地の福島・南相馬市民文化会館でも歌声を届けた。石巻公演は11月8日、12月4日の東京・EXシアター六本木がファイナルとなる。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン