国際情報

中国の人気スポーツブランド「李寧」 最新ウェアが旧日本軍の軍服に似ていると批判され謝罪

一度、批判の炎が燃え上がると…

一度、批判の炎が燃え上がると…

 中国の人気スポーツブランド「李寧」が発売した最新のファッションウェアの一部が、「旧日本軍の軍服に似ている」と中国のSNS「微博(ウェイボー)」上で指摘され、「もう2度と買わない。声も出ない」などと批判が巻き起こっている。一部のネットユーザーからは「これは旧日本軍の軍服とは違う」との指摘も出ているものの、反日感情が根強く残る中国ではいったん火を噴いた日本に関する批判は消し止めようもないようだ。複数の中国メディアが報じた。

 同社は引退したオリンピック体操の金メダリストで「体操王子」として親しまれた国民的英雄、李寧氏(59)が立ち上げた「李寧有限公司」で、李寧氏は同社の会長として経営に携わっている。

 知名度が高い自身の名前をブランド名にして、主にスポーツ用品を売り出し、いまや中国有数のファッションブランドとなっている。

 同社は最近、「夢を追う空港コレクション」と銘打って、カーキのダウンパーカー、帽子、パーカーなどの最新ファッションウェアを売り出した。

 しかし、ネット上では「旧日本軍の戦時中の軍服のコピーそっくりだ」などと非難され、両方の写真を並べた投稿をきっかけに、苦情が殺到した。

 このため、李寧氏は「『夢を追う』コレクションの一部の商品について、そのデザインと外観がここ数日ネット上で議論を巻き起こし、当惑と疑念を招いたことを心からお詫び申し上げます」と声明を発表した。

 さらに「旧日本軍の軍服によく見られる耳あて付きの帽子を含むこのコレクションについて、古代中国の兜からインスピレーションを得た。私たちは、これからも人々の意見や提案に注意深く耳を傾けていきます」と説明するなど釈明に追われている。

 これについて、あるユーザーは「最初の言葉は謝罪であるべきではないか。日本軍は南京で少なくとも20万人の殺人などを推定している」と批判の追い打ちをかけた。

 一方、別のユーザーはネット上では、「ナチスドイツのシンボルマークである『ハーケンクロイツ』と仏教の寺院の印と用いられる『卍(まんじ)』の区別がつかないような人々が騒いでいるだけだ。両者は全く違う」と反論するなどしたが、「旧日本軍」のイメージが絡んでいるため、騒ぎは当分収まらないかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト