国内

あえて中央に立つ人も出現 エスカレーター「片側空け」論争活発化でトラブル・事故多発

埼玉では歩かずに立ち止まることを義務づける条例まで施行されたエスカレーター…トラブルが起きやすい事情とは(時事通信フォト)

埼玉では歩かずに立ち止まることを義務づける条例まで施行されたエスカレーター…トラブルが起きやすい事情とは(時事通信フォト)

 全国的に“暗黙のルール”“社会的マナー”とされてきた「エスカレーターの片側空け」について、この数年、議論が活発化している。埼玉県では2021年10月、エスカレーターで歩かずに立ち止まることを義務づける条例を施行。名古屋市も同様の条例を制定する方針だという。鉄道各社や商業施設でも事故防止の取り組みが盛んになってきた。だが、エスカレーター利用を巡る事故やトラブルは後を絶たない。

「おい、ちょっと避けてくれよ! 邪魔なんだよ」
「はぁ? 急いでんなら階段使えよ。危ねーだろ、子供が乗ってるんだよ!」
「(エスカレーターは)片側空けんの常識じゃねーか。マナーを知らないのか!」

 10月某日、都内地下鉄駅で記者が目撃した光景だ。未就学児童と手をつなぎ、横並びでエスカレーターに乗っていた父親を、駆け上がってきたサラリーマン風の男性が強引に押しのけ「通路をふさぐな」と強い口調で訴えたことから、あわや掴み合いのケンカに発展しそうな事態だった。

 混雑緩和を目的に始まったエスカレーターの「片側空け」は、もともと英国の地下鉄駅で始まったとされる。日本では、1960年代に関西私鉄のターミナル駅で呼びかけが始まり、全国に広がったという説が一般的だ。東日本では「右側」を、西日本では「左側」を空けるローカル・ルールも存在する。

 だが、先を急ぐ人のための「配慮」から始まったこの慣習が、冒頭のようなトラブルを引き起こすケースも少なくない。大手私鉄(関東)の主要駅職員が明かす。

「いわゆる“片側空け”の是非が問われるようになってから、エスカレーター利用を巡るトラブルは逆に増えた印象です。ラッシュ時に、あえて中央に立ち止まって歩行者をブロックしたり、声を荒らげて注意する“エスカレーター警察”的な人も現われました。駅構内では、アナウンスや貼り紙で歩行禁止を促していますが、効果は限定的です」

 事故も多い。昇降機関連の業界団体「日本エレベーター協会」によると、2018年1月から2019年末の2年間で発生したエスカレーター利用者災害(事故)は1550件。最も多いのは転倒事故の963件で全体の62%を占めた。すべてが歩行に起因した転倒とは限らないが、不安定なエスカレーター上で無理な追い越し、駆け上がりをすれば、思わぬ重大事故に繋がる可能性がある。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン