国内

岸田首相が起死回生の解散・総選挙に一筋の光 “旧統一教会汚染議員”排除の思惑も

岸田文雄・首相の解散戦略とは(時事通信フォト)

岸田文雄・首相は解散することでメリットを享受できる(時事通信フォト)

 旧統一教会問題の収束が見えないなかで、逆境に立たされている岸田政権が起死回生の機会を模索しているようだ。永田町ではまさかの解散風が吹き始めているという──。

 米国では中間選挙大敗必至と見られていたバイデン大統領が「負けなかった」ことで政権の求心力を回復した。東アジア首脳会議でバイデン氏の自信を取り戻した表情を目の当たりにした岸田文雄・首相は、そこに起死回生の解散・総選挙に向けた一筋の光明を見出した。

“大敗さえしなければなんとかなる”──政治ジャーナリストの藤本順一氏は、岸田首相の解散戦略をこう読む。

「岸田政権は旧統一教会問題に加えて閣僚の相次ぐ辞任で支持率が急落中です。基本的にはこうした状況で解散・総選挙は行なわないものだが、今回は首相に解散を打つメリットがある。

 一つは、ネックとなっている旧統一教会問題を収束できること。旧統一教会の支援を受けていた議員は有権者の厳しい批判を受けて落選する可能性が高いし、それでも当選した議員は有権者の禊ぎを受けたことになる。総選挙によって自民党は旧統一教会とのしがらみを払拭した体制に生まれ変わることができる」

 この際、自民党内の“旧統一教会汚染議員”を切り捨ててしまおうというのだ。

 もう一つは、自民党内の勢力変化だという。

「旧統一教会と関係が深い議員の多くが最大派閥の安倍派に所属している。安倍派は岸田政権を支えているとはいえ、首相にとっては目の上のたんこぶのような存在です。いま解散総選挙を打てばその安倍派の勢力を削ぐことができる。

 大敗して野党に転落すれば元も子もありませんが、野党は選挙準備をしていないから、自民党は議席を減らしても政権まで失うことにはならないという見通しはあるでしょう。

 旧統一教会問題を早期に収束して安倍派以外の派閥に選挙の同意を取り付け、選挙後の政権運営のために野党の一部にも根回しする。そうした布石が打てれば、岸田首相にとって解散は現実的な選択肢になる」(同前)

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト