ライフ

朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます

元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する

元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する(撮影/井上たろう)

 気温差が激しく、底冷えした11月中旬の朝8時。東京・後楽園駅前で5人の女性が一列に並び、『Mickey』の音楽が始まるやコートをパッと脱ぎ捨てた。路上にいきなり現われたチアガール。全力で激しくダンスをしながら、通勤途中の会社員や有名私立校の小学生たちに“勝手に”「ゴー、ファイト、ウィン!」とエールを送る。

 正式に言うとチアガールではなくチアリーダー。彼女たちは社会人で、普段は整体師や医療従事者などとして働き、全日本応援協会「全日本女子チア部☆AJO」に所属する。部長でフリーアナウンサーの朝妻久実さんは話す。

「もともと朝チアは初代リーダーの齊藤彩さんが一人で新宿駅前で始めた活動でした。13年前、その姿を見た私はまさに人生のどん底の時期。テレビ局の入社試験は70社落ち、地方局での契約も1年で終了。上京したもののフリーアナの仕事も皆無。そんな時に齊藤さんの姿に感動して活動に加えてもらい、おかげで気持ちが前向きになり仕事が増えたんです。チア番組の司会のお仕事をいただいた時に確信しました。応援は幸福を呼ぶと」

 そんな活動は人づてやSNSで伝わり、メンバーは10人に増員。理学療法士として小児施設で非常勤勤務する加門知美さんもそのひとりだ。

「大学時代にチアをしていたので朝チアのニュースを見て興味を持ち入部しました。朝チア後は職場に向かいます」

 素通りする人がほとんどだが、走行中の軽トラや遠くのバス停から手を振る人も。そして、「応援」する彼女たちを応援する支援者もいる。突然「いってらっしゃい」と言われたら驚くが、たまにはこんな1日の始まりがあってもいい。

取材・文/河合桃子

※週刊ポスト2022年12月9日号

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト