国内

不倫はどのようにバレるのか 「交通系ICカード履歴」「におい」で発覚する場合多数

(写真/アフロ)

交通系ICカード履歴で不倫がバレることも(写真/アフロ)

 昨年12月1日、元AKB48の篠田麻里子(36才)の夫が、篠田と不倫相手とされる男性を提訴し、話題をさらった。

 DV疑惑のあった夫に不倫の証拠を突きつけられ、現在民事訴訟中と報じられている熊田曜子(40才)、2020年に「多目的トイレ不倫」で世間を騒がせた渡部建(50才)、2016年に川谷絵音(34才)との「ゲス不倫」が明るみに出たベッキー(38才)など、芸能人の不倫報道はどれも絶大なインパクトを残す。

 だが、不倫は何も、芸能人だけに限ったことではない。2020年の調査では、「現在不倫している」という男性が41.1%で、女性も31.4%と負けていない。「浮気・不倫経験がある」と枠を広げると、男性の67.9%、女性の46.3%が「ある」と答えている。つまり、日本人の2人に1人は、「不倫経験者」という計算になるのだ。

不倫上級者ほど“ニオイ”を隠せない

 これまで3万件以上の相談実績を持つ、夫婦問題研究家の岡野あつこさんは「不倫がバレる原因の大半はスマホ」だと話す。

「かつては、帰りが遅かったり、車の中に長い髪の毛やイヤリングが落ちていてバレる、というものが多かった。しかし、いまはLINEのやりとりやスマホのGPS(位置情報)の移動記録など、不倫の証拠はスマホの中に残っているケースが圧倒的です」

 事実、ベッキーは不倫相手である川谷のスマホを撮影したと思しきLINEのスクリーンショットが流出したことが騒動のきっかけだ。

 篠田の場合も、夫がタブレット端末を本人のスマホと同期させて、相手男性とのLINEのやりとりを発見したと報じられている。さらに、月経管理アプリに性行為をした日の記録と思われるものが残されていたことも“証拠”とされたようだ。

 岡野さんによれば、本来既婚者には不要なはずのマッチングアプリが使われることも増えているという。独身だとうそをついて登録する人や、堂々と「既婚者です」とプロフィールに書いて不倫相手を探している人も少なくない。

『離婚すると決めたら読む本』の共著者でベリーベスト法律事務所の弁護士・松井剛さんは「SuicaやPASMOといった交通系ICカードからバレることもある」と語る。

 駅の券売機で「利用履歴」を印字することができるほか、パソコン用カードリーダーがあれば、自宅のパソコンからも移動の履歴を見ることができる。

「仕事とは関係のない場所やデートスポットなどに頻繁に行っていれば、不倫の可能性があります。

 妻との間では性交渉がないのに、夫のかばんの中から精力剤が出てきて、不倫の証拠をつかんだ人もいます。また、財布にラブホテルのポイントカードが入っていてバレた、というケースもあります」(松井さん)

 ポイントを貯められるほど頻繁にラブホを利用していたのかと思うと、怒りを通り越して呆れてしまう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン