芸能

名バイプレイヤー・岡部たかし(50)が初めて明かすデビュー前「高卒フリーターだった頃」と「下積み時代」

(撮影/横田紋子)

日本テレビ系『リバーサルオーケストラ』(水曜夜10時〜)に出演中(撮影/横田紋子)

 現在放送中のドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系列、水曜夜10時〜)で、楽団の事務局長・小野田隼(おのだ・はやて)を演じる俳優・岡部たかし(50)。ドラマウォッチャーにとって“今いちばん気になるバイプレイヤー”と言えるのではないか。

 昨年、長澤まさみ主演で話題となった『エルピス』(関西テレビ、フジテレビ系列)でのテレビ局プロデューサー・村井役は強烈な印象を残した。当初、日本中の視聴者の女性からブーイングを浴びるほどのセクハラ上司っぷりを演じてみせ、その後の展開では全視聴者から「村井、最高だな!」と共感を得るようになるほど振り幅の大きい役を1本の連続ドラマで演じ切った。俗に言う、大きな爪痕を残した。

 そして前作の爪痕なんぞどこ吹く風とばかりに、今回の『リバーサルオーケストラ』小野田役では腰が低く朗らかな中年男性を見事に演じている。物語は、架空の「西さいたま市」が舞台。同市のお荷物楽団と呼ばれるオーケストラ『児玉交響楽団』を再生させるために呼ばれた、市長の息子で著名な指揮者・常葉朝陽を演じるのは田中圭。オケ再生の鍵を握るもう一人の人物・元天才ヴァイオリニストの谷岡初音を演じるのは、門脇麦。彼らと団員の奮闘を、岡部たかし演じる小野田がオケの事務局長として支えている。

(c)NTV

主演の門脇麦と絡むシーンも多い(c)NTV

 俳優・岡部たかしとは一体どんな経歴の持ち主で、振り幅のある演技力はどこからきているのか。本人に話を聞いた。【全3回の第1回】

地元では「絵に描いたようなフリーター生活」

「実は今日、めちゃくちゃ緊張しておりまして……」という岡部さん。まずは彼の人となりを知るために、デビュー以前のことから質問を投げていく。

──ざっくりで良いので岡部さんの経歴について教えてください。俳優を志して地元・和歌山から上京されたのが、24歳ごろ。それまでは何をしていらしたんですか?

岡部:高校を卒業してから建築会社で現場監督をしていました。僕、工業高校の土木科出身なんですよ。俳優の仕事とは全然関係ないですよね。じゃあなぜ工業高校へ進学したかと言うと、友人が行くから……という安直な理由で。

「おまえ、あそこの高校へ行くん?」「そうやで」「じゃあ、俺もそこ行こうかな」──そんな会話で進学が決まったんですよ。今から35年くらい前はまだバブルの残り香みたいなものがあって、就職することも全然困りませんでした。流れるように、地元では優良企業と呼ばれる建築会社で働き始めました。

──当時のお仕事は順調だったのでしょうか?

岡部:いや、それがなんの意志もなく働き始めたわけですから、全然面白くなくて……。トンカチも満足に扱えないのに、現場監督をしてほかの作業員に指示をしていましたし。で、結局早々に辞めました。母親は大騒ぎでしたよ。「せっかくいい会社に就職できたのに!」って、泣かれました。でも無職でいるわけにもいかないので、トラックの運転手をしたり、喫茶店でバイトをしたり。絵に描いたようなフリーター生活を送っておりました……。

(撮影/横田紋子)

会社を辞めフリーター生活をした後、現実逃避のように「芸能人」を志した(撮影/横田紋子)

──そんな青年がどこで着火して俳優を志したんでしょうか?

岡部:うーん、具体的に俳優になろう、という意志は上京前にはなかったんですよね。言い方は悪いんですけど、現実逃避のように「芸能人になってみようかな」と思った。でも僕が住んでいた和歌山県にはそんな情報もなかったですし、とりあえず東京に行くしかないと。都会に憧れもあったし。

──私も田舎出身なので、おっしゃる都会への憧れはよーく分かります。でもそんな状態でよく重い腰が上がったなと思うのですが。

岡部:当時おつきあいしていた恋人が「私も一緒に(東京へ)行ってやるから、やりたいことやりな!」と言ってくれて。その言葉に背中を押してもらったようなものです。

(c)NTV

『リバーサルオーケストラ』では楽団の事務局長・小野田(右端)を好演(c)NTV

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン