芸能

名バイプレイヤー・岡部たかし(50)が初めて明かすデビュー前「高卒フリーターだった頃」と「下積み時代」

(撮影/横田紋子)

日本テレビ系『リバーサルオーケストラ』(水曜夜10時〜)に出演中(撮影/横田紋子)

 現在放送中のドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系列、水曜夜10時〜)で、楽団の事務局長・小野田隼(おのだ・はやて)を演じる俳優・岡部たかし(50)。ドラマウォッチャーにとって“今いちばん気になるバイプレイヤー”と言えるのではないか。

 昨年、長澤まさみ主演で話題となった『エルピス』(関西テレビ、フジテレビ系列)でのテレビ局プロデューサー・村井役は強烈な印象を残した。当初、日本中の視聴者の女性からブーイングを浴びるほどのセクハラ上司っぷりを演じてみせ、その後の展開では全視聴者から「村井、最高だな!」と共感を得るようになるほど振り幅の大きい役を1本の連続ドラマで演じ切った。俗に言う、大きな爪痕を残した。

 そして前作の爪痕なんぞどこ吹く風とばかりに、今回の『リバーサルオーケストラ』小野田役では腰が低く朗らかな中年男性を見事に演じている。物語は、架空の「西さいたま市」が舞台。同市のお荷物楽団と呼ばれるオーケストラ『児玉交響楽団』を再生させるために呼ばれた、市長の息子で著名な指揮者・常葉朝陽を演じるのは田中圭。オケ再生の鍵を握るもう一人の人物・元天才ヴァイオリニストの谷岡初音を演じるのは、門脇麦。彼らと団員の奮闘を、岡部たかし演じる小野田がオケの事務局長として支えている。

(c)NTV

主演の門脇麦と絡むシーンも多い(c)NTV

 俳優・岡部たかしとは一体どんな経歴の持ち主で、振り幅のある演技力はどこからきているのか。本人に話を聞いた。【全3回の第1回】

地元では「絵に描いたようなフリーター生活」

「実は今日、めちゃくちゃ緊張しておりまして……」という岡部さん。まずは彼の人となりを知るために、デビュー以前のことから質問を投げていく。

──ざっくりで良いので岡部さんの経歴について教えてください。俳優を志して地元・和歌山から上京されたのが、24歳ごろ。それまでは何をしていらしたんですか?

岡部:高校を卒業してから建築会社で現場監督をしていました。僕、工業高校の土木科出身なんですよ。俳優の仕事とは全然関係ないですよね。じゃあなぜ工業高校へ進学したかと言うと、友人が行くから……という安直な理由で。

「おまえ、あそこの高校へ行くん?」「そうやで」「じゃあ、俺もそこ行こうかな」──そんな会話で進学が決まったんですよ。今から35年くらい前はまだバブルの残り香みたいなものがあって、就職することも全然困りませんでした。流れるように、地元では優良企業と呼ばれる建築会社で働き始めました。

──当時のお仕事は順調だったのでしょうか?

岡部:いや、それがなんの意志もなく働き始めたわけですから、全然面白くなくて……。トンカチも満足に扱えないのに、現場監督をしてほかの作業員に指示をしていましたし。で、結局早々に辞めました。母親は大騒ぎでしたよ。「せっかくいい会社に就職できたのに!」って、泣かれました。でも無職でいるわけにもいかないので、トラックの運転手をしたり、喫茶店でバイトをしたり。絵に描いたようなフリーター生活を送っておりました……。

(撮影/横田紋子)

会社を辞めフリーター生活をした後、現実逃避のように「芸能人」を志した(撮影/横田紋子)

──そんな青年がどこで着火して俳優を志したんでしょうか?

岡部:うーん、具体的に俳優になろう、という意志は上京前にはなかったんですよね。言い方は悪いんですけど、現実逃避のように「芸能人になってみようかな」と思った。でも僕が住んでいた和歌山県にはそんな情報もなかったですし、とりあえず東京に行くしかないと。都会に憧れもあったし。

──私も田舎出身なので、おっしゃる都会への憧れはよーく分かります。でもそんな状態でよく重い腰が上がったなと思うのですが。

岡部:当時おつきあいしていた恋人が「私も一緒に(東京へ)行ってやるから、やりたいことやりな!」と言ってくれて。その言葉に背中を押してもらったようなものです。

(c)NTV

『リバーサルオーケストラ』では楽団の事務局長・小野田(右端)を好演(c)NTV

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン