スポーツ

大谷翔平 WBCでは家族への取材NG、観戦時のテレビ中継映り込みもアウト 厳格ルールの理由

大谷翔平の家族への取材は厳しく制限されている(写真/共同通信社)

大谷翔平の家族への取材は厳しく制限されている(写真/共同通信社)

 プロ野球OBの多くが不可能だと口を揃えた、メジャーでの投打二刀流を成功させた大谷翔平(28才)が、久々に日本で躍動している。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に参戦した大谷は、中国戦の先発投手として4回無失点の快投を見せると、オーストラリア戦では特大のホームランを放ち、チームの勝利に貢献。多くののファンは、その活躍に歓喜した。

 野球の実力だけではない。大谷の性格はファンも仲間も魅了する。初の日系人選手として代表に選出されたラーズ・ヌートバー(25才)とのエピソードもその1つだ。

「日本に慣れないヌートバーに大谷は積極的に声をかけてサポートしていました。というより、大谷自身がすっかりヌートバーのファンになった感じで自然に仲がいい雰囲気でしたね。

 話題の『ペッパーミル』のパフォーマンスもヌートバーはまず大谷に教えていましたし、ベンチ内でも、大谷は彼をリラックスさせようとしてか表情豊かに身振り手振りをしながら話していて、ヌートバー人気をここまで引き出したのは大谷の力も大きいと思います」(スポーツ紙記者)

 礼儀正しく、闘志あふれるプレーで攻守に躍動するヌートバーは、日本のファンの心をわしづかみにした。ヌートバーの母・久美子さんも連日東京ドームへ応援に駆けつけ、テレビ取材に対応するなど注目されている。一方、比較されるのは大谷の家族。一切の取材に応じていないからだ。

「今回のWBCでは、大谷の両親や家族への取材はNGです。その点はかなり厳しく周知されています。実際は、大谷の家族も東京ドームに足を運んで観戦していますが、間違っても映り込んだりすることがないようお達しが出ています。万一、家族に接触したことがわかったら、そのメディアは大谷本人への取材機会を失ってしまうと思います」(テレビ局関係者)

 父の徹さんは、岩手県内で中学生の野球チームの監督を務めている。練習は水曜夜と土・日。大谷が先発登板した中国戦前日の水曜日もしっかり指導して、試合当日の朝に東京に移動したという。

「大谷選手の母・加代子さんとお姉さんも、同じ日に東京入りしたと聞いています。16日に行われる準々決勝までは東京に滞在予定で、彼の勇姿を見届けるのでしょう。大谷選手が日本で試合をする機会は、そうそうありませんからね」(徹さんの知人)

 それは多くの野球ファンにとっても同様だ。それだけに、家族だからこそ知っている大谷の“素顔”を知りたい、家族の声を聞きたいと願うファンも多い。しかし、前述したように家族は一切取材に応じていない。その背景には、息子の夢でもあったWBCの舞台で、野球のことだけに集中してもらいたいという思いと大谷家ならではのルールがあるようだ。

「いまは極端な話、大谷選手が好きな食べ物を話しただけでも大きく報じられますからね。特に、WBCは大谷選手が子供の頃から夢見ていた舞台。絶対に息子の邪魔をしない、野球以外のことで煩わせないと決めたんでしょう。活躍して多くのファンに愛されているのはあくまで息子。自分たちは裏方に徹するという大谷家ルールですね。

 ここまで表に出ないというのも日本人らしい美徳といいますか、その意思の強さはさすが大谷選手の両親かな……と感じます」(スポーツライター)

※女性セブン2023年3月30日・4月6日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン