スポーツ

大谷翔平のストイックな食生活 おにぎりや唐揚げを見つめながら小声で「がまん」とつぶやく

大谷

大谷の「がまん」するストイックさ(写真/共同通信社)

 ふっくらとしたバンズに、手でちぎったシャキシャキレタスと新鮮なオニオン。噛めば噛むほど肉の旨みがにじみ出るビーフパテの上には、濃厚なとろ~りチーズがかけられて──アメリカ南西部を中心に300店以上を展開する『イン・アンド・アウト・バーガー』は、新鮮さと質の高さが人気のハンバーガーチェーンだ。この店の大ファンなのが、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(28才)だ。

 冷凍の食材を使用せず、100%アメリカンビーフのパテにも保存料を使っていないため、オーダーを受けてから調理するこだわりよう。フレンチフライはコレステロールフリーの油で揚げるなど、アメリカ人の健康志向にもマッチ。行列のできる店として知られているが、日本未出店だ。

 4月2日(日本時間3日)、大谷はパテもチーズも2倍量の同店の人気メニュー「ダブル・ダブル」ハンバーガーにむさぼりついていた。敵地で行われたアスレチックス戦で今シーズン第1号ホームランを放ち、チームを快勝に導いた直後の豪快な食べっぷりだった。

 大谷といえば、徹底した栄養管理のもと、食事も緻密にコントロールしている印象が強い。その大谷が、まさかのハンバーガー?と思ってしまうが、地元のファンの間で大谷のハンバーガー好きは有名だという。

「昨年7月、オールスターゲームに出場した大谷選手は、報道陣からの“好きなアメリカンフードは?”という質問に『イン・アンド・アウト』と即答し爆笑を誘いました。“ショウヘイは食のセンスがいい”“同じものを食べているなんてうれしい”とファンは大喜びでした」(スポーツライター)

 快勝のご褒美だったのだろうか、大好きなハンバーガーを口に放り込み、次の遠征地・シアトルに向けて出発した大谷。翌3日(同4日)には、2試合連続となる2ランホームランを放ち、チームの3連勝に貢献した。

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の余韻は冷めない。それどころか、大会中よりもさらに大谷に注目が集まるばかりだ。

「ファッションから車、スキンケア、時計、彼女の話題まで、注目度はアイドル以上です。特にWBCが終わってから、侍ジャパンの選手やコーチたちが大谷選手のエピソードを語る機会が増えたので、ファンは興味津々です」(スポーツ紙記者)

 なかでも大谷の食事事情は話題を呼んだ。口火を切ったのは、中継ぎ投手として侍ジャパンを支えた宇田川優希(24才)だった。

《大谷さんの食事、すごかったです。試合前は、ご飯大盛りに、ゆで卵5、6個に、ブロッコリーとサラダだったので、何をおかずにして食べるんだろう?と思って。あとはパスタも塩で食べるという話をしていました》(『Number Web』)

 大谷の極端な食事メニューをそう明かした。

「ソースや調理法を変えればいろんな味のバリエーションを楽しめますが、その分脂質などの余計な栄養素を摂ってしまう恐れがある。その結果たどり着いたのが、パスタに塩をまぶしただけの“塩パスタ”だったようです。

 塩パスタには、侍ジャパンの別の選手もあぜんとして、“おいしくないでしょ”とツッコんだ選手もいたようですが、大谷選手は真顔で“おいしい”と答えていたようです。味気なく思ってしまいそうですが、大谷選手にとっては絶品なんでしょう」(別のスポーツ紙記者)

 もちろん偏食家というわけでも味オンチというわけでもない。食事会場では、おにぎりや唐揚げを見つめながらも、小さく「がまん」とつぶやいて離れていく大谷の姿が目撃されていた。実際、大の甘党でも知られ、3月から放映されている「雪肌精」のCMで「甘いものをなるべく食べないように『欲』と闘っています」と明かしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン