国内

“受験も勉強も教えない教室”『探究学舎』 「勉強しろ」「覚えなさい」と言わなくても子どもが勝手に学ぶ秘密

「どうしてこうなるでしょうか?」というやっちゃんの声掛けに、子どもたちの好奇心は刺激され、自分の頭で考え始める

「どうしてこうなるでしょうか?」というやっちゃんの声掛けに、子どもたちの好奇心は刺激され、自分の頭で考え始める

 全国的に中学受験者数が年々増加しており、放課後も受験に特化した学習塾や毎日ノルマとして課される膨大な宿題に追われている。遊ぶ時間どころか睡眠時間さえも充分にとれず、疲労をため込んでいる子どもは、決して少なくない。

 一方で、子どもたちが笑顔いっぱいで自発的に学んでいる場所が、東京・三鷹にある。その名は『探究学舎』。代表の宝槻泰伸さん(42才)は、2022年に『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)に2度出演するなど、しばしば雑誌やテレビでも取り上げられているので、ご存じのかたもいるだろう。

 オンラインと対面の授業が数コース用意されている探究学舎。そのなかでも特に人気の対面式授業「探究スペシャル」は、夏休みなどの長期休暇中を中心に開催。2日間計9時間にわたって行われる。参加者は子ども30人超とその親。小学校低学年から中学生まで、年齢も性別もバラバラだ。新幹線を使って参加した親子がいたほか、海外から駆けつけた親子の姿も。

「やっちゃん、おはよう!」と、どの子も威勢がいい。「やっちゃん」とは宝槻泰伸さんのこと。ここでは誰も泰伸さんを「先生」とは呼ばない。「先生が生徒に教える」という一方向的な学びではなく、「共に楽しみながら学ぶ」という双方向的な学びが行われているからだ。ほかのスタッフや指導陣も、愛称で呼び合う。

 この日のテーマは「元素」。小学生に元素?と驚くかもしれないが、それは杞憂。子どもたちは興味関心さえ持てば、どんなジャンルも「もっと、もっと!」と学ぶことをやめないのだと泰伸さんは言う。

 2日目は「元素カルタ遊び」からスタート。やっちゃんが話す特徴から、何の元素かを当てていくゲームだ。6人ずつ分かれた円卓には、元素が書かれたカルタが並んでいる。そのカルタを、子どもたちは注視する。

「この元素はお金の材料です。さて、なんでしょう?」

 教室がざわめく。

「五十円玉や百円玉の材料になります」
「あっ!」

 気づいた子どもたちがカルタに手を伸ばす。

「正解はNi、ニッケルだよね」

 歓声に悲鳴。笑いに拍手。ツッコミもOKで授業は進んでいく。

「次の元素は、ヤバ〜イ!」

 やっちゃんの言い方にドッと笑いが起こる。

「何がヤバイかというと毒。毒の元素といえば……」

 あちこちでカルタを取る音。

「そう、ヒ素! Asだね」

 またもや歓声や悲鳴でざわめく。やっちゃんが当てた子どもたちをたたえる声と拍手が教室に響き渡る。90分間の授業中、子どもたちの顔はイキイキとして、あくびをしたり勉強以外のことを始めたりすることはない。気づけばやっちゃんの話を聞き逃すまいと、自分の席を離れて前方に陣取る子どもがたくさんいる。今回、初めて探究学舎のスペシャル授業を受けたという小学5年生の男の子の母親は言う。

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン