スポーツ

ラグビー日本代表・リーチマイケル、引退危機から復活までの道 「早朝リハビリ」「釜ごと白米」で全身6か所の手術を乗り越えた

2019年のW杯以降、不遇の時を味わったリーチマイケル(写真/AFLO)

2019年のW杯以降、不遇の時を味わったリーチマイケル(写真/AFLO)

 桜の戦士たちが世界に挑むラグビーW杯。前回大会では史上初のベスト8進出を成し遂げた日本代表だが、その最大の功労者は大会後に絶不調に陥っていた。どん底を味わったキーマンはいかにして復活したのか。

 熱戦が続くW杯予選プール初戦のチリ戦で、日本勝利の立役者になったのは、リーチマイケル(34)だった。前半、ライン際で抜け出した相手選手を執念のタックルで食い止め、後半の失点直後には自ら中央を抜け出してトライを決めた。

「さすがの活躍でしたが、リーチは今大会直前まで不調に喘いでいました。W杯前哨戦のサモア戦では、試合開始30分に危険なタックルで人生初の退場処分を受け、日本は惜敗した」(ラグビー関係者)

 彼は8月の会見で「引退を考えたこともあった」と語り、ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフに「もう無理に選ばなくてもいい」と自らメールを送りかけたという。

「3年ほど前から怪我が増え、体は満身創痍。練習をこなすので精一杯でした。キャプテンとしてチームを引っ張ってきた彼のスタッツ(タックルやボールキャリーなどの成績表)も悪化し、リーチの起用に懐疑的な見方もありました」(同前)

 2019年のW杯以降、不遇の時を味わったリーチ。そんな彼をもう一度奮い立たせたのは、郷土愛と不屈の闘争心だった。

娘の後押し

 リーチは15歳の時にニュージーランドから交換留学生として来日。高校卒業後も日本にとどまり、東海大在学中の2008年に日本代表に初選出された。2013年には日本国籍を取得し、翌年、日本代表のキャプテンになると、2015年W杯では南アフリカを破る“ブライトンの奇跡”を起こした。
『国境を越えたスクラム』(中央公論新社)の著者でノンフィクションライターの山川徹氏が語る。

「リーチが高校2年生のころ、実家が火事になってしまったんです。その時、高校の恩師が北海道のラグビー関係者らから義援金を集め、リーチに内緒でニュージーランドの両親の元に送った。後日それを知ったリーチは、日本人の温かさに感銘を受け、“日本代表以外で戦うつもりはない”と決意したそうです」

 別のラグビー関係者もこう証言する

「2019年のW杯の前には、キャプテンのリーチが音頭をとって『君が代』の歌詞を外国出身の代表選手に教える講座を開きました。北海道を訪れた際には、下宿先の寿司店で割烹着を着て接客したり、奧さんと経営していた東京・府中のカフェでラテアートを振る舞うなど、地元への感謝を決して忘れなかった」

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン