芸能

山田五十鈴さん、きらびやかすぎる「おひとりさまライフ」の裏で貫いた頑固さと舞台への情熱

「舞台に立つ」ことが何よりの健康の秘訣だった。左は三木のり平、右は中村翫右衛門(演劇『かっぽれ海坊主』より)

「舞台に立つ」ことが何よりの健康の秘訣だった。左は三木のり平、右は中村翫右衛門(演劇『かっぽれ海坊主』より)

 昭和の銀幕を代表するスターであり、黒澤明さん、小津安二郎さん、市川崑さんら日本の映画界を牽引した巨匠のミューズとして君臨し、女優として初めて文化勲章を受章した山田五十鈴さん(享年95)。「4度の結婚」や「帝国ホテル住まい」と私生活も規格外だったが、数え切れないほどの恋愛の果てに最後はひとりで95才まで生きたその暮らしぶりは「おひとりさまの手本」となる要素が詰まっている。

 生前、山田さんが出演したドラマのプロデューサーとして交流のあった石井ふく子さん(97才)が振り返る。

「いいものはいい、嫌なものは嫌と断言するキップのいい女性でした。まだ映画俳優がテレビに出たがらない時代に『ふーちゃん(石井)がやるなら出ていいわよ』と言って、私が初めてプロデュースしたドラマ『橋づくし』(1958年、TBS系)に出てくれたご恩は忘れられません」

 バラエティー番組にはほとんど出演せず、カメラの前に素顔をさらすこともない──ベールに包まれた私生活を垣間見ることができたのは山田さんを実の母のように慕う後輩俳優のグループ「養子会」のメンバーだった。市村正親(74才)、西郷輝彦さん(享年75)、十朱幸代(80才)、萬田久子(65才)ら錚々たる顔ぶれの役者とともに「末っ子」として名を連ねていた俳優の松井誠(63才)が語る。

「普段の五十鈴さんは大女優なのに飾らないかたでした。私は公演が終わるとファンと一緒にポラロイド撮影を行っていたのですが、お忍びで観劇した五十鈴さんが『私もあなたと写真が撮りたい』とわざわざ列に並び、撮影の場に現れたときは驚きました」

 松井が恐縮しても「私がそうしたいから」と列に並び続けたという山田さんは人生や生活においても「自分ルール」が確立していたという。

「例えば『女は肌を大事にしなければならない』との考えから肌ツヤをよくするためお風呂に日本酒の『越乃寒梅』を一升丸ごと入れていました。また、誰であっても素顔を見せないことも徹底していて、いつお目にかかっても、晩年の入院中のベッドの上でも私が見舞うときにはバッチリメイクをしていました。

 往年のスターとの“恋バナ”もたくさん聞きましたが、『別れるときは何もかもゼロにしてまたイチから始める』が五十鈴さんの口癖。相手に何も求めず、サッと別れる引き際が実にきれいでカッコいい女性でした」

 いのくちファミリークリニック院長の遠藤英俊さんは、おひとりさまをまっとうする女性は信念が強い人が多いと分析する。

「いい意味で頑固で、気が強く、自分のスタイルをしっかり確立している人の方が、病気や不調に負けずに健康で満たされた生活ができる」(遠藤さん)

「自分ルール」とともに山田さんを長寿たらしめたのは「舞台」だった。

「何時間も役者論を語り、本番だけでなく、舞台裏でのたたずまいも気にして、『性格の悪さは舞台に出るから、稽古のときから人となりをきちんとしなさい』と厳しく叩きこまれた。体調を崩してからも『私は舞台で死にたい』と常に言っていて、実際、療養中も三味線や長唄の練習は欠かさず、話をするときには声が弱々しくなっても、いざ弾き語りを始めると不思議と声が通る。端から見ていて、体が震える光景でした」(松井)

(時事通信フォト)

山田五十鈴(時事通信フォト)

 豪華な顔ぶれの「養子」に数多の恋、そして人生を懸けた舞台の仕事── 一見あまりにも一般人とは遠いように思える極上の「おひとりさま」ライフだが、その根幹は万人に共通するものがある。秋葉原駅クリニック医師の佐々木欧さんが言う。

「人間は食、睡眠、性の3大欲求に加えて、他人とつながることで満たされたいという高次元の欲求がある。山田さんをはじめとする素敵なおひとりさまたちはそれを満たすために興味のあることに取り組み、積極的に人と接している。いつまでも好奇心を持ち続けることが秘訣なのでしょう」(佐々木さん)

 男女の平均寿命に大きな差がある現代において、女性は誰しもおひとりさまになりうる。不安にさいなまれることも、構える必要もない。お手本となる女性たちの姿に一歩近づこうと思えば、彼女たちのような満ち足りた生活ができるはずだ。

【プロフィール】
山田五十鈴(やまだ・いすず)/大阪府出身。黒澤明監督の『蜘蛛巣城』や『用心棒』、小津安二郎監督の『東京暮色』などで日本映画界を代表する女優として活躍。“必殺シリーズ”などテレビドラマにも出演。2000年には女優として初めて文化勲章を受章。

※女性セブン2023年9月28日号

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン