国内

暴力団の葬儀事情 業者に断られ直葬増えたが火葬場混雑で貸し会議室に遺体保管するケースも

暴力団にとって葬儀が出しづらい時代(イメージ)

暴力団にとって葬儀が出しづらい時代(イメージ)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、最近の暴力団の葬儀事情について。

 * * *
 9月14日の午前中、新宿区にある高田馬場駅周辺が騒然となったと報じられた(『SmartFLASH』9月16日公開)。理由は高田馬場駅近くの寺院で、住吉会傘下の幸平一家理事長で二代目大昇會の藤本政弘会長の葬儀が執り行われたから。早稲田通りには暴力団関係者の黒塗りの車がずらりと並んだらしい。

 幸平一家は新宿歌舞伎町で勢力を伸ばしている武闘派組織、その傘下である大昇會も同じく歌舞伎町に本部を置く暴力団組織だ。藤本氏の葬儀は大々的に執り行われ、住吉会以外に山口組、稲川会など全国各地から弔問客が訪れ、参列した団体は30を超えていたという。

 ヤクザにとって冠婚葬祭は大事な義理事であり、関係者となれば絶対に欠かすことはできない。組内の幹部でも亡くなれば、立派な葬儀を出して、組員みんなで送り出し……と思うものだが現実は違う。

「そんなのは過去の話。今は死んでも葬式なんて出せないのが普通」と語るのは、都内を拠点に活動する暴力団幹部K氏だ。前述した大昇會のケースは例外だという。葬儀店や葬祭業者は、基本的に暴力団の葬儀を受注しなくなった。つまり暴力団排除条例、暴力団対策法の施行以降、暴力団が葬儀を執り行うというのは難しくなった。ホテルやレストランが反社会的組織の集まりやパーティーを受けず、ゴルフ場が彼らが主催するコンペを受けつけなくなったのと同じだ。

 だがもう1つ、葬祭業者が暴力団の葬儀を受けない理由がある。それは葬儀の参列者が持ってくる香典だ。例えばヤクザ組織の組長が亡くなると、葬儀に際して参列者たちは当然、香典を持ってくる。前述した大昇會のように、関係団体や他組織から続々と組長や幹部たちが集まってくれば、そこで渡される香典もかなりの額になる。それも香典は課税対象外。香典として集まった金が暴力団組織の資金になるかもしれない。

 暴排条例では暴力団の活動を助長する行為や取引、利益供与などを禁じている。集まった香典が暴力団の資金となれば、暴排条例に抵触する可能性があるため、葬祭業者は暴力団組織としての葬儀は受けなくなった。

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン