芸能

沢田研二、ツアー千秋楽前日の動揺 ザ・タイガース瞳みのるが緊急入院、メンバーと交わした約束は「ドクターストップ」

瞳みのるの入院にも沈痛していた沢田研二

『ザ・タイガース』のメンバー・瞳みのるが入院、沢田研二はライブの千秋楽に招待していたという

 いつの時代もファンを魅了し続けてきた沢田研二(75才)。1月12日から31日にかけては、沢田にとって恒例の正月ライブ「沢田研二 正月LIVE 2024『甲辰 静かなる岩』」が開催されたが、ファンにとってはショックなシーンがあった。

「歌詞や歌い出しの間違いが多かったように思います。自分も含め、観客の多くは往年のファンですから、ちょっとした間違いでもすぐに気づいてしまう。正直、これまでもミスはゼロではなかったけどね……。今回は多かったから、見ているこちらがハラハラしちゃったよ」(70代男性のファン)

 かねてより「80までライブをやる」と言ってきた沢田だが、MCでは視力や聴力が低下していることも告白。音程が外れて「ボロボロやったね」とつぶやく場面もあったが、沢田が弱気になったのは年齢のせいだけではなさそうだ。千秋楽の前日、彼の動揺を誘う大きな“事件”が起きていたのだ。

「『ザ・タイガース』のメンバーである瞳みのるさん(77才)が緊急入院していたのです。最近、瞳さんは食欲がなく、咳が止まらず歩くのもやっとという状態が続いていたそうです。そこで、近所の病院を受診したところ、大きな病院を紹介され、即入院。肺炎との診断を受け、しばらく療養に専念することになったのです。瞳さんは、2月3日に行われた自身がボーカルを務めるバンドのライブにも参加することができなくなってしまいました」(音楽関係者)

 盟友の緊急入院が沢田の心に影を落としたことは想像に難くない。1966年に沢田をボーカルとしてスカウトしたその人こそ、瞳だったのだ。

「ザ・タイガースの原型は、瞳さん、森本太郎さん(77才)、岸部一徳さん(77才)、加橋かつみさん(76才)の4人で結成していた『サリーとプレイボーイズ』でした。瞳さんは沢田さんに『日本一になれる』と声をかけたのだそうです。沢田さんが加わり、翌67年にザ・タイガースとしてデビューすると、ヒット曲を連発。瞳さんの“予言”どおり、日本中を熱狂させるスターバンドとして歌謡界に名をはせたのです」(レコード会社関係者)

 1971年にザ・タイガースが解散すると、瞳は芸能界を引退。大学に入学し勉学の道へ進む。以来、37年間、メンバーとは絶縁状態にあった。

「瞳さんを除くメンバーで再結成したことはありましたが、教師として高校の教壇に立っていた瞳さんが芸能界に戻ってくることはありませんでした。流れが変わったのは、2008年。当時のマネジャーの尽力によって瞳さんとメンバーとの再会が実現したんです。そこに至るまでには、沢田さんと岸部さんが作詞し、森本さんが作曲した『Long Good-By』の存在もあったそうです。

 これは、瞳さんに呼びかける曲です。そして2013年、ついにオリジナルメンバーでザ・タイガースが復活してからは、瞳さんも舞台に上がるようになりました」(前出・レコード会社関係者)

 沢田は昨年6月のバースデーライブにもスペシャルゲストとして瞳と森本、岸部を招き、これは「タイガースの“再結成”」と大きな話題を呼んだ。今回の正月ライブの後には、メンバーたちとある約束もしていたという。

「沢田さんは千秋楽に岸部さんと森本さん、そして瞳さんをライブに招待しており、終了後、皆で食事をする約束をしていたそうです。瞳さんはとても楽しみにしていたそうですが、入院中とあって、もちろんドクターストップ。残念ながら参加は叶いませんでした」(別の音楽関係者)

※女性セブン2024年2月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン