芸能

沢田研二、ツアー千秋楽前日の動揺 ザ・タイガース瞳みのるが緊急入院、メンバーと交わした約束は「ドクターストップ」

瞳みのるの入院にも沈痛していた沢田研二

『ザ・タイガース』のメンバー・瞳みのるが入院、沢田研二はライブの千秋楽に招待していたという

 いつの時代もファンを魅了し続けてきた沢田研二(75才)。1月12日から31日にかけては、沢田にとって恒例の正月ライブ「沢田研二 正月LIVE 2024『甲辰 静かなる岩』」が開催されたが、ファンにとってはショックなシーンがあった。

「歌詞や歌い出しの間違いが多かったように思います。自分も含め、観客の多くは往年のファンですから、ちょっとした間違いでもすぐに気づいてしまう。正直、これまでもミスはゼロではなかったけどね……。今回は多かったから、見ているこちらがハラハラしちゃったよ」(70代男性のファン)

 かねてより「80までライブをやる」と言ってきた沢田だが、MCでは視力や聴力が低下していることも告白。音程が外れて「ボロボロやったね」とつぶやく場面もあったが、沢田が弱気になったのは年齢のせいだけではなさそうだ。千秋楽の前日、彼の動揺を誘う大きな“事件”が起きていたのだ。

「『ザ・タイガース』のメンバーである瞳みのるさん(77才)が緊急入院していたのです。最近、瞳さんは食欲がなく、咳が止まらず歩くのもやっとという状態が続いていたそうです。そこで、近所の病院を受診したところ、大きな病院を紹介され、即入院。肺炎との診断を受け、しばらく療養に専念することになったのです。瞳さんは、2月3日に行われた自身がボーカルを務めるバンドのライブにも参加することができなくなってしまいました」(音楽関係者)

 盟友の緊急入院が沢田の心に影を落としたことは想像に難くない。1966年に沢田をボーカルとしてスカウトしたその人こそ、瞳だったのだ。

「ザ・タイガースの原型は、瞳さん、森本太郎さん(77才)、岸部一徳さん(77才)、加橋かつみさん(76才)の4人で結成していた『サリーとプレイボーイズ』でした。瞳さんは沢田さんに『日本一になれる』と声をかけたのだそうです。沢田さんが加わり、翌67年にザ・タイガースとしてデビューすると、ヒット曲を連発。瞳さんの“予言”どおり、日本中を熱狂させるスターバンドとして歌謡界に名をはせたのです」(レコード会社関係者)

 1971年にザ・タイガースが解散すると、瞳は芸能界を引退。大学に入学し勉学の道へ進む。以来、37年間、メンバーとは絶縁状態にあった。

「瞳さんを除くメンバーで再結成したことはありましたが、教師として高校の教壇に立っていた瞳さんが芸能界に戻ってくることはありませんでした。流れが変わったのは、2008年。当時のマネジャーの尽力によって瞳さんとメンバーとの再会が実現したんです。そこに至るまでには、沢田さんと岸部さんが作詞し、森本さんが作曲した『Long Good-By』の存在もあったそうです。

 これは、瞳さんに呼びかける曲です。そして2013年、ついにオリジナルメンバーでザ・タイガースが復活してからは、瞳さんも舞台に上がるようになりました」(前出・レコード会社関係者)

 沢田は昨年6月のバースデーライブにもスペシャルゲストとして瞳と森本、岸部を招き、これは「タイガースの“再結成”」と大きな話題を呼んだ。今回の正月ライブの後には、メンバーたちとある約束もしていたという。

「沢田さんは千秋楽に岸部さんと森本さん、そして瞳さんをライブに招待しており、終了後、皆で食事をする約束をしていたそうです。瞳さんはとても楽しみにしていたそうですが、入院中とあって、もちろんドクターストップ。残念ながら参加は叶いませんでした」(別の音楽関係者)

※女性セブン2024年2月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン