ライフ

アナキズム研究者・栗原康さんがナイチンゲールの人生を綴る「目指すべき理想を壊す物語として一人の人生を書きたい」

『超人ナイチンゲール』/栗原康さん

『超人ナイチンゲール』の著者・栗原康さんに訊く

【著者インタビュー】『超人ナイチンゲール』/栗原康さん/医学書院/2200円

【本の内容】
 まるで講談のような、朗々たるリズムに乗せて綴られる、かつてないナイチンゲールの評伝。「はじめに」の最後はこんな調子だ。《一九世紀のイギリスに「超人」があらわれた。はりつけ、上等。このひとを見よ。えらいこっちゃ。わたしが世界を救うんだ。自分の将来をかなぐり捨てて、看護のいまを生きていく。ケアの炎をまき散らす。その火の粉を浴びて、あなたもわたしも続々と「超人」に生まれ変わっていく。/みんなナイチンゲールだよ。いくぜ》。子ども向けのマンガ偉人伝で読んだきりという人にこそ読んでほしい一冊。

他人が決めた尺度を軽々飛び越えて生きる人

 気鋭のアナキズム研究者がナイチンゲール? 意外な組み合わせで書かれた評伝『超人ナイチンゲール』がめちゃくちゃ面白い。

「アナキズムと『ケア』ってつながりが見えにくいかもしれないですけど、人が人を支配するのはおかしいと考えるアナキズムには『相互扶助』という考え方があります。目の前で人が倒れていたら考えるまでもなく助けてしまう。我を忘れて誰かのために動いてしまう力、というのが最近注目されている『ケア』の発想とすごくつながるな、と」(栗原康さん・以下同)

 小川公代さんの『ケアの倫理とエンパワメント』(講談社)を読んだ栗原さんが、書評紙に短いが熱烈な書評を書いた。医学書院の「ケアをひらく」シリーズを手がけてきた編集者の白石正明さんが、これを読んで栗原さんに本の執筆を依頼したという経緯だ。

 もともと栗原さんがナイチンゲールに興味があったわけではなかったという。書くなら評伝が書きやすい、ケアで関心があるのは看護師、と話したところ、ナイチンゲールの評伝を提案されたという。

「子ども向けの伝記とか漫画すら読んだことがなくて」

 白石さんからすすめられて最初に読んだのが看護学者の宮本眞巳さんによる伝記『ナイチンゲール』と、ナイチンゲール自身が書いた小説『カサンドラ』だった。

「両方ともすごく面白かったんです。宮本さんの本は女性の自立や女性解放を意識して書かれていました。『カサンドラ』は、看護師を目指すナイチンゲールが家族の反対でくすぶってるときに怒りを全力でぶつけた小説で、すごくぶっ飛んでて面白い。イギリスの上流階級の女性は名家に嫁いで夫に尽くすのが当たり前という時代に、自分で自分の道を選びたいともがいていたときに書かれた小説なので、『女は結婚して得することなんて何ひとつない』とか名言もばんばん出てきます」

 そんな「名言」のひとつが本書で紹介される「つぎのキリストは、おそらく女性だろう」だ。『カサンドラ』の女性主人公は志半ばで死んでいくが、預言者のようなこの言葉は、おそらくナイチンゲール本人をさす。

「しびれました。女性解放の先駆者でもあるし、文学的な表現も面白い。神の声を聞いた神秘主義者の側面もある。これは書けそうだなと思うポイントが見つかりました」

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン