スポーツ

伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方

海外では

伊東に対し海外では日本とは違う反応

 試合は惜しくも引き分けに終わったが、チーム唯一の得点をアシストするパスを出した──これは、日本時間2月19日に行われたサッカーの試合で、日本代表の伊東純也(30才)が残した結果だ。辛口なメディアからも高評価を受けた伊東が立っていたのは、遠くフランスの地。これがもし日本であれば、伊東はピッチ上でプレーするどころか、試合会場に近づくことさえ許されなかったかもしれない。

 伊東を巡っては『週刊新潮』が、昨年6月に大阪市のホテルで性被害を受けたとして、女性2人が伊東を刑事告訴したことを報じた。

「伊東はすぐに女性2人を『虚偽告訴』だとして刑事告訴。しかし、日本代表として参加していたアジア杯では、以降の試合出場はなく、途中でチームからの離脱を余儀なくされました」(スポーツ紙記者)

 日本サッカー協会側は、離脱の判断に「スポンサーの声を参考にしたか」と問われ、「ゼロではありません。パートナーの皆さんへ配慮をしたのは事実です」とコメントした。

 実際、報道後に伊東は、一部のスポンサーとの契約が終了したという。そういったことを背景に、伊東は前述の刑事告訴に加え、実損害が出たとして女性2人に2億円の損害賠償を求める民事訴訟も起こした。

 前提として、性加害やハラスメントは、絶対にあってはならないことだ。そして、いまの伊東が「性加害を告発された人物」であることも事実だ。

 だが、日本の代表チームからは「排除」された一方、所属しているフランス1部リーグのスタッド・ランスでは、トラブル発覚直後の2月11日の試合にスタメン出場。次の試合にも出場し、冒頭の通り主力として「活躍」している。

 なぜ、日本とフランスで天と地ほどの差が生じるのか。国内外でサッカーの取材を長年続ける、ノンフィクションライターの藤江直人氏が解説する。

「フランス国内でも、伊東選手に性加害疑惑が持ち上がっていることは報じられていますし、多くのサッカーファンが知っています。それでも、伊東選手が試合に出場することを疑問視するような声は皆無です。“よく出してくれた!”と、クラブを称賛するような声もまったくありません。フランスでは、伊東選手が試合に出場することは当然のこととして受け止められています」

 その背景には、疑わしきは罰せず、という「推定無罪」の考え方がある。

「間違ってはいけないのは、ヨーロッパ圏が日本に比べ、性加害に寛容というわけではありません。特にフランスは、かつて男性優位の傾向が強かった分、最近はジェンダー平等への意識がものすごく高まっています。それでも伊東選手が当たり前のようにプレーできるのは、“現段階では疑惑を報じられたのみ”という認識をしているからです。

 これが日本となると、報道があった時点で、まるで罪が決定的なように世間が過剰に反応する。場合によっては社会的に抹殺されるほどの風潮は、危険さをはらんでいると思います。

 その差が、日本とフランスとの、伊東選手への扱いの差に表れているのでしょう」(前出・藤江氏)

 日本社会もまた、この騒動から学ばなければならないかもしれない。

※女性セブン2024年3月14日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン