芸能

芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」

15歳でデビューした岡田奈々

15歳でデビューした岡田奈々

 大きな瞳が今も輝く岡田奈々は、1974年、高校1年の時に岐阜市の繁華街・柳ケ瀬でスカウトされた。

「初めてのお仕事は、森田健作さんと共演したグリコアーモンドチョコレートのCM撮影。食べ残していいことを知らなくて、撮り直すたびにモグモグと完食し、数えきれないほど口にしました(笑)」

 デビュー翌年には、青春ドラマ『俺たちの旅』で田中健の妹役を好演し、松本隆作詞の劇中歌『青春の坂道』もヒット。歌と芝居を両立していたが、1979年に女優を主軸にすると決めた。

「それで映画などに強い事務所への移籍が決まったのですが、ある事情で立ち消え、前の事務所のマネージャーと二人三脚でやることになりました。今思えば、21歳でよく独立しましたよね。でも、不安はなかったです。仕事がなくなったら、その時に考えればいいやと思うような性格なので」

 その後も映画やドラマなど仕事は絶えなかった。

「萩本欽一さんや三浦洋一さんと共演した『日曜9時は遊び座です』(1984~1985年)という舞台形式のバラエティでは随分と鍛えられました。公開放送なのでNGを出せないし、毎回すごく緊張して臨みました。番組が終わる時には、珍しく涙が出たんですね。自分なりに頑張ったので寂しい気持ちが溢れてきました」

 仕事はこの50年間、いつも楽しんできた。

「でも気持ち的にはまだまだやり足りない。役に感情がこもるとセリフを岐阜弁で言いたくなることがあるので、いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたいですね(笑)」

【プロフィール】
岡田奈々(おかだ・なな)/1959年2月12日生まれ、岐阜県出身。代表作に映画『あゝ野麦峠 新緑篇』『里見八犬伝』、ドラマ『スクール☆ウォーズ』など。2024年夏から1年間、50周年を記念する企画を予定。

取材・文/岡野誠

※週刊ポスト2024年3月8・15日号

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン