スポーツ

【松坂世代で唯一の現役選手】SB和田毅が語る“今季がラストチャンス”の覚悟 「チームに貢献して優勝」への意気込み

「今季がラストチャンスかもしれない。その覚悟は常にあります」と語った福岡ソフトバンクホークスの和田毅

「今季がラストチャンスかもしれない。その覚悟は常にあります」と語った福岡ソフトバンクホークスの和田毅

 額から流れる汗を気にもせず、ストップウォッチ片手にひとり走る──。パ・リーグ最年長選手、福岡ソフトバンクホークスの和田毅は、2024年2月に43歳を迎えた。不惑を超えてなお最前線で活躍し続けることで、“球界のレジェンド”とも呼ばれる大ベテランが、シーズン開幕を前にしてピンチに陥っている。

 今季からチームの指揮を執る小久保裕紀新監督は就任早々、和田に開幕ローテーション内定を告げた。ところが2月にキャンプインしてもなかなか調整のペースが上がらない。開幕前にオープン戦を含め対外試合で5度登板したが、一度も結果を残せなかった。

 精神的な問題なのか。それとも年齢による身体的な問題なのか──。開幕直前に話を聞かせてくれたベテランの左腕は、意外にも明るい表情で不調の原因を「投球フォームのメカニックな問題」と説明した。

「昨年と比べて投球フォームが少し変わっていました。登板翌日に体の張りがなく、肩だけ重く感じる。張りがないのは体をちゃんと使えていない証拠ですが、原因が分からなかった。だから当初は困惑しましたね」

 投球フォームを修正する上で、その原因を特定することが最も大切な作業だという。

「肩の可動域は毎日計測していますし、上半身の旋回率も変化はない。ウェイトトレーニングの最大負荷はむしろ上がっている。肉体的な衰えとは考えにくかった。つまり、純粋なメカニックの問題だと判断したんです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン