携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20101003_2446.html

注目のビジュアル

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

会見で涙を拭う小保方晴子氏

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

謎の美女・祥子

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


『金麦』CM成功理由は「男の郷愁」と「女のイラつきと反発」

2010.10.03 17:00

発売から4年目を迎えた、サントリーの第三のビール『金麦』。売れ行きは相変わらず好調で、「今年は2000万ケースを目標にしています」(サントリー広報部)というが、その人気の一因として、なんといってもCMの魅力が挙げられる。作家・山下柚実氏の解説だ。

******************************
『金麦』が備えている強烈な武器とは、感覚を揺さぶることによって「郷愁を引き起こす力」だろう。

際立つ麦の風味は、かつて夏休みに麦茶しか飲むものがなかった中年世代の、懐かしい味の記憶を揺さぶった。深夜ラジオのテーマ曲は、青春時代の胸のうずきを思い起こさせたに違いない。そして、CMでは檀れいの浴衣姿、金魚すくい、花火に月見。古きよき年中行事が季節ごとに蘇る。

「思い出す」という仕掛けが随所に仕込まれた商品。消費者の回想を誘う力が、ロングランを支えてきたのだ。

だが一方で、あなたは周囲の女性たちから、『金麦』のCMに対する意外な感想を耳にしたことがないだろうか。

「毎回、妻役の女優が夫の帰りを笑顔で待っているという内容ですが、見ていて違和感を持ちます。気楽で甘えたような妻の姿に、イラつきさえ覚えます。最近は、夫の収入だけで生計を立てている家庭は少数派だと思います」

これは実際に東京新聞(2010年1月12日付)に投稿された40代女性の声だ。実は私自身も直接、そうした感想を耳にしたことがある。

女が外で働くことが当たり前になった今。「待ってるー」と甘えた口調で叫ぶ「昔の女」像は、男たちの郷愁を呼ぶ。一方で、今を生きる女たちの反発を生む。それは言わば、両刃の剣でもあった。

『金麦』の、強烈な懐古主義に対する、ある種の反発。それはCMのインパクトがそれだけ強烈だったことを物語る。その意味では広告としては“大成功”だったわけだ。

※SAPIO2010年10月13・20日号


人気ランキング

1.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
2.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面
3.
韓国で「慰安婦は売春婦と認めよ」と主張の署名サイトが出現
4.
小保方氏 明らかに怪しい答え口にしても凛としてて恐ろしい
5.
餃子の王将社長銃殺事件 捜査関係者から早々に白旗宣言出る
6.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
7.
入学式欠席教諭批判の尾木ママ「僕が古くなっちゃったのか」
8.
導入検討の残業代ゼロ法案 欧米とは似て非なるただ働き制度
9.
バイキング低迷 フジ局内でいいとも終了に今さら疑問の声も
10.
薬丸裕英 新番組の視聴率0%台低迷で住宅ローンが崖っぷち

今日のオススメ

提供元一覧

やむを得ず早起き

ぎん言-ぎんさんが娘4姉妹に遺した名言-

井沢元彦「逆説の世界史」

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。