携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20101003_2446.html

注目のビジュアル

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

さらに色香を増した井上和香(34)

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


『金麦』CM成功理由は「男の郷愁」と「女のイラつきと反発」

2010.10.03 17:00

発売から4年目を迎えた、サントリーの第三のビール『金麦』。売れ行きは相変わらず好調で、「今年は2000万ケースを目標にしています」(サントリー広報部)というが、その人気の一因として、なんといってもCMの魅力が挙げられる。作家・山下柚実氏の解説だ。

******************************
『金麦』が備えている強烈な武器とは、感覚を揺さぶることによって「郷愁を引き起こす力」だろう。

際立つ麦の風味は、かつて夏休みに麦茶しか飲むものがなかった中年世代の、懐かしい味の記憶を揺さぶった。深夜ラジオのテーマ曲は、青春時代の胸のうずきを思い起こさせたに違いない。そして、CMでは檀れいの浴衣姿、金魚すくい、花火に月見。古きよき年中行事が季節ごとに蘇る。

「思い出す」という仕掛けが随所に仕込まれた商品。消費者の回想を誘う力が、ロングランを支えてきたのだ。

だが一方で、あなたは周囲の女性たちから、『金麦』のCMに対する意外な感想を耳にしたことがないだろうか。

「毎回、妻役の女優が夫の帰りを笑顔で待っているという内容ですが、見ていて違和感を持ちます。気楽で甘えたような妻の姿に、イラつきさえ覚えます。最近は、夫の収入だけで生計を立てている家庭は少数派だと思います」

これは実際に東京新聞(2010年1月12日付)に投稿された40代女性の声だ。実は私自身も直接、そうした感想を耳にしたことがある。

女が外で働くことが当たり前になった今。「待ってるー」と甘えた口調で叫ぶ「昔の女」像は、男たちの郷愁を呼ぶ。一方で、今を生きる女たちの反発を生む。それは言わば、両刃の剣でもあった。

『金麦』の、強烈な懐古主義に対する、ある種の反発。それはCMのインパクトがそれだけ強烈だったことを物語る。その意味では広告としては“大成功”だったわけだ。

※SAPIO2010年10月13・20日号


人気ランキング

1.
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
2.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
3.
壁ドンに続く「股ドン」は定着するか 「されたい」女子も多数
4.
中国人観光客に「ストリップ劇場」が人気 夫婦で鑑賞が定番
5.
中国の反日是非論争で「ホンダのバイクはすごい」の冷静意見
6.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
7.
中国で幹部らに対して「姦通罪」復活 10日で10人逮捕も
8.
北京ゴルフ試合で中国人観客 米選手に野次浴びせ外せば拍手
9.
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き
10.
ジャニーズ六本木騒動 24歳の被害女性が真相を週刊誌に告白

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話

太平洋戦争 最後の証言 第3巻

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。