檀れい一覧

【檀れい】に関するニュースを集めたページです。

藤原紀香
2021年に「節目」を迎える美熟女の方々をまとめてみた
 年齢は単なる数字に過ぎないとはいえ、万人に共通するスケールだけに自他共に与える影響は小さくない。日々、大人力について研究するコラムニストの石原壮一郎氏が指摘した。 * * * 人は何歳になっても、時々の年齢ならではの魅力があります。たとえば女性の魅力にしても、40代には40代、50代には50代、60代には60代、70代には……(以下繰り返し)。すなわち年齢に関わらず、年齢を重ねることは「おめでたいこと」に他なりません。 そんな大前提に立って、祝福の気持ちを全力で込めつつ、2021年にそれぞれの“大台”を迎える女優やタレントをピックアップしてみました。新しいステージに立つみなさんにおかれましては、さらに磨きがかかった魅力を発揮してくれることでしょう。 一部の女性は「男は若い女が好き」と思い込んでらっしゃるようですが、それは「男性とはこういうもの」という偏見にまみれた決め付けです。たしかに「女性は若いほうがいい」という偏った価値観を持つ男性はいるし、得手不得手や役割の違いはありますが、女性の側が呪いに縛られる必要はありません。仮に「男性は若いほうがいい」と言う女性がいても、男性としては「ああ、そうですか」と聞き流せばいいだけ。その程度の話です。 誤解を回避するための念入りな予防線、失礼いたしました。では、順に祝福させていただきます。2021年に20歳になる組は……どうでもいいですね。続いて、30歳になる組には……ここもまあ、円熟味という点ではまだまだ力不足。しかも、真意が伝わらずに怒り出しそうなお年頃という気もするので(偏見にまみれた決め付け)、次にいきます。40歳組は、安達祐実、柴咲コウ、安めぐみ、佐藤江梨子、キンタロー…… 2021年に40歳になる組。年齢を重ねることで新たな境地を切り開き始めるのは、たぶんこの頃からです。お名前をあげてみましょう(以下、敬称略&順不同)。 安達祐実、尾野真千子、新山千春、柴咲コウ、安めぐみ、佐藤江梨子、池脇千鶴、安倍なつみ、飯田圭織、内山理名、高橋真麻、キンタロ―……。ジャンルもキャラクターも多士済々。これから先も着々と熟していく姿で、私たちをウットリさせ続けてくれるでしょう。ちなみに男性には、星野源や内山信二がいます。50歳組は、藤原紀香、檀れい、木村多江、牧瀬里穂、光浦靖子…… 2021年に50歳になる組。この頃から、熟した魅力に奥行きや貫禄が出てきます。顔ぶれの豪華さからも、その確かな実力を感じ取ってもらえるでしょう。 藤原紀香、檀れい、木村多江、牧瀬里穂、高田万由子、吉本多香美、川原亜矢子、中嶋朋子、酒井法子、松嶋尚美、光浦靖子、大久保佳代子……。具体例をあげるのは差し控えますが、「えっ、この人とこの人は同い年だったんだ」という意外な発見を楽しんでいただくのも一興。ちなみに男性には、つぶやきシローやカンニング竹山がいます。60歳組は、石野真子、浅野温子、伍代夏子、藤あや子、泰葉…… 2021年に60歳になる組。人生経験からにじみ出る魅力が、美しく花開く年代です。お名前の並びを見て、それぞれに高く美しい山がそびえ立っている印象を受けるのは私だけでしょうか。 石野真子、浅野温子、賀来千香子、伍代夏子、藤あや子、高橋ひとみ、手塚理美、斉藤慶子、斉藤とも子、藤吉久美子、春やすこ、泰葉……。私たち中年世代には、この方々がそれぞれの年代で魅力を発揮なさっていた記憶があります。あらためて、その幸せを噛みしめましょう。ちなみに男性には、田原俊彦や石橋貴明がいます。70歳組、80歳組、90歳組には、どんなベテラン美女が…… 2021年に70歳になる組には、多岐川裕美、阿川泰子、浅茅陽子など。80歳になる組には、倍賞千恵子、三田佳子、樫山文江など。90歳になる組には、香川京子、久我美子など。これまでの長年のご恩に感謝しつつ、これからも末永くお元気でいてくださることを祈りましょう。ちなみに男性は、70歳には笑福亭鶴瓶やオール巨人、80歳には萩本欽一や仲本工事がいます。 あなたは、どの年代、どの顔ぶれにグッと来ましたか。2021年になっても、常にコロナを意識せざるを得ない状況は続きそうです。社会的にも個人的にも、ままならないことは多いかもしれません。ベテラン美女から中堅美女、新米美女まで、さまざまな美女パワーで自分を鼓舞しながら、今年もしぶとく生き抜きましょう。ありがたやありがたや。
2021.01.03 16:00
NEWSポストセブン
観月ありさ
観月ありさ、和服姿のタブー破ったときの「爆発力」がすごい
 コロナ禍の影響で、春ドラマや夏ドラマ、そしてスペシャルドラマが五月雨式に放送されているこの夏。注目を集めているのが、女優たちの和服姿だ。ひときわ存在感を見せる女優の和服姿と、その効果について注目してみたい。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * この夏は、『半沢直樹』で、いつもの和服をスーツに着替えた歌舞伎役者たちの敵役ぶりが話題だが、一方で華やかな和服で強烈な存在感を示す女優たちが出てきた。 ひとりは先日放送されたテレビ朝日『ドラマスペシャル 嫉妬』の国仲涼子。物語は、地味な夫(原田泰造)がある日突然、銀座のクラブママ・文奈(国仲)と心中を図り、ママだけが助かったと知った妻・姿津花(檀れい)が、ホステスとして文奈の店に入り、夫の死の真相を探るというもの。にこりともしないふたりの女の会話はすごい。 ママらしくきりっとした紫の着物の文奈が「人は誰でも他の人に失敗してもらいたいものよ」「人がどん底に墜ちていく話が好き」「今のあなたに嫉妬している」と言えば、眉毛を釣り上げた姿津花(このときは洋服姿)が、好きな男を奪った女を「殺したいです」ときっぱり。ひええ。ですます調がかえって怖い。そんな中でもふふっと余裕を見せている文奈。国仲といえば、『ちゅらさん』の可愛らしいヒロインや『大岡越前』の大岡忠相(東山紀之)の聡明な妻のイメージが強かったが、ここへきて檀れいの殺気を跳ね返すとは、なかなかである。 一方、ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ)には、観月ありさが和服で登場している。観月は、老舗和菓子屋の跡取り・高月椿(横浜流星)の母・今日子だ。夫の死後、店を率いてきた今日子は「使用人はお下がりなさい」「撤回しなさい」と口を開けば命令形。ところが椿が資金援助をしてくれた名家の娘との結婚式の最中、突然、和菓子職人の七桜(なお・浜辺美波)との結婚を宣言し、白無垢の花嫁と親類縁者の目の前で彼女にキス! 黒留袖の今日子さん、その場で大暴れしないのはさすがだったが、別室では椿にビンタをくらわす。 24時間、今日子さんの監視下にあったら、七桜は命がいくつあっても足りない気が…。案の定、七桜は今日子に「疫病神!」と花瓶の水を浴びせられ、池に突き落とされる。今日子の着物の柄の菊の細い花びらが、蜘蛛の巣に見えてきた。妖気!? 女のバトルが盛り上がる作品には「和装」は欠かせない。80年代からヒットした『極道の妻たち』シリーズの岩下志麻は、着物の首元にキラキラのネックレスを装着。「撃てるもんなら、撃ってみい」なんてことを言い放つ。90年代には、野際陽子が眼鏡を光らせながら、息子に執着する姑になったし、とてつもないタイトルのドラマ『壮絶!嫁姑戦争 羅刹の家』(テレビ朝日)では、日本を代表する和服美人・山本陽子が嫁の加藤紀子と激突。横領した金で銀座に君臨する女が主人公の『黒革の手帖』(テレビ朝日)の米倉涼子も目立たない銀行員から夜の女の着物姿になった途端、ギアが入った。 きっちり帯を締めれば、背筋も伸びるし、スキもなくなる。汚さない、乱さないという和服のタブーを破った瞬間の爆発力はすさまじい。かつては『ナースのお仕事』(フジテレビ系)のドジな看護師役や『サザエさん』(フジテレビ系)のサザエさん役で自ら転んで水を被り、池に落っこちていた(あくまでイメージです)観月ありさが、和装の姑役とは感慨深いものがあるが、いつか厚底草履を履いたあの長い足で誰かを蹴倒す日が来るのか。注目だ。
2020.08.20 16:00
NEWSポストセブン
新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」の電子顕微鏡画像(AFP=時事)
ウイルス制圧の4テーマ 新型コロナはどこまで解明できたか
 世界を覆うコロナ禍はいまだ収束の兆しを見せない。日本にしても現状はピークを迎えつつあるのか、それともさらなるピークを迎えるのか。一度、収束しても再びウイルスが息を吹き返してくることはないのか。新型コロナウイルスがこれまでの常識が通用しない新たな感染症であることは、人々の不安をより増幅させている。 アルベール・カミュの小説『ペスト』(1947年)が爆発的に売れるなど、感染症をテーマにした過去の文学作品や映画に大きな注目が集まっている。その一つに、新型コロナウイルスの登場を予見していたかのような、未知の感染症を描いた『感染列島』という日本映画がある。2008年に封切られた映画で、パンデミック(爆発的に流行する感染症)による国内の混乱や、主に病院を舞台にしたウイルス感染症との戦いを描く。 ある日、妻夫木聡演じる医師の松岡剛の勤務する病院へ、インフルエンザ感染症と思われる患者が運ばれてくる。患者は鼻や口から出血。翌日から次々に同じ症状の患者が次々と運ばれてくるが、あらゆる治療が効かずにバタバタと亡くなっていく。「新型インフルエンザ」を疑ったWHO(世界保健機関)は日本での鎮静化を期して医師を松岡の病院に派遣する。その医師とは、松岡の大学時代の教師助手であり、元恋人の小林栄子(檀れい)だった。小林は病院内で陣頭指揮を執ることになる。そこでパンデミック鎮静化のために打ち出したのが、新たな感染症における4テーマについて明らかにすることだった。 4テーマとは、【1】それは何か(ウイルスの正体)、【2】それは何をするのか(感染症が引き起こす症状)、【3】それはどこから来たのか(感染経路の究明)、【4】それをどう殺すのか(治療法)である。以下、この4テーマになぞらえて、今回の新型コロナウイルスについてこれまでにわかっていることを整理してみたい。【1】それは何か 今回の新型コロナウイルスは、人に感染する7種類目のコロナウイルスだ。コロナとは「王冠」を意味し、このコロナウイルスの形が王冠に似ていることからこの名がついた。 4種はいわゆる風邪のウイルスで、残りの2つは2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」と、2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」の原因ウイルスである。 SARSは日本での感染者は最終的にゼロ、MERSも日本での報告例はない。ところが、今回の新型コロナウイルスは日本を含む世界で300万人の感染者、20万人以上の死者を出している。昨年末以降、発生地の中国・武漢から世界中に感染が拡大し、多くの都市が封鎖された欧米だけでなく、いまやその魔の手はアフリカ大陸にも伸び、同地で3万人以上の感染者を出している。【2】それは何をするのか そもそもウイルスは自己増殖できないため、動物の細胞に取りついて宿主に寄生することで生きながらえる。新型コロナウイルスも、人間の目や口、鼻などの粘膜から細胞に侵入し増殖する。初期症状としては、喉の痛みや倦怠感が出るとされる。 ウイルスに感染した体内では免疫系が働き、体温を高めてウイルスを退治しようとする。ウイルスは熱に弱いからだ。その結果として発熱が起こる。せきやたん、くしゃみや鼻水が出るのも、ウイルスを体外に出そうとする体の働きによるものだ。 今回の新型コロナウイルスに特異な症状としては、初期症状として味覚や嗅覚に異常が現れるケースがある点だ。やがて肺炎を発症し、せき、呼吸困難といった症状が出るケースが多いが、新型コロナウイルスの場合は一般的な細菌性肺炎とは異なり、両方の肺に一度に炎症が出る重症化例が報告されている。【3】それはどこから来たのか 新型コロナウイルスの遺伝子配列はコウモリ由来のSARSウイルスに酷似しているため、同様にコウモリが由来と考えられている。人から人への感染経路としては、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられている。 飛沫感染は、感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込み、ウイルスが粘膜の細胞に入り込むことで感染する。 接触感染は感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付着する。未感染者がその部分に触れるとウイルスが手につき、その手で目をこすったり、傷口に触れたりして、あるいは口や鼻の粘膜から入り込んで感染する。物にくっついた新型コロナウイルスが死滅するまでの時間は、物の材質によって違い、3時間から数日かかるとされている。 体内にウイルスを取り込んでも症状が出るとは限らない。体の免疫系が正常に働いてウイルスの増殖を防いだ場合は、症状が出ないまま完治してしまう。そのため、潜伏期間(ウイルスを体内に取り込んだものの症状が現出しない期間)は最大で2週間程度と考えられている。 ここで湧き上がってくるのが「潜伏期間中はウイルスをばらまくことがないのか?」という疑問だ。新潟大学医学部名誉教授で予防医療学が専門の医学博士・岡田正彦氏は次のように解説する。「米国の科学雑誌『サイエンス』に発表された米、英、中国の大学の合同研究によると、中国の武漢を中心とした375都市の感染者1万1829人のデータをもとにシミュレーションした結果、都市封鎖前後で感染性期(人にうつす感染性を擁する期間)は、封鎖前が3.47日、後が3.31日でした。 つまり、発症後3~4日は人にとくにうつしやすいことがわかる。一方、発症前は人にうつすほどウイルスが増えていないので、感染力は低いと考えられていました。ところが同研究から、たとえ無症状であっても、発症している人の5割くらいは感染させる力があることもわかりました。そのため、人と人とが近距離で接触しないことが全体の感染リスクを減らす唯一の方法なのです」「発症していなくても自分の体内にウイルスがいるかも」と思って過ごすことが重要であることがわかる。【4】それをどう殺すのか 新型コロナウイルスに対抗する手段は、ワクチンと治療薬しかない。ワクチンには2つあり、ひとつがウイルスを弱毒化させた「生ワクチン」であり、もうひとつが熱や化学物質によって殺したウイルスや細菌からつくる「不活化ワクチン」である。 このワクチンは感染した人の抗体からつくるため、比較的早期に開発できる。映画『感染列島』でもパニック発生から半年でワクチンが開発され、パンデミックが収まっていく様子が描かれている。予防接種で体内に取り込むのはこのワクチンなのだ。 だが、ウイルスを直接退治する治療薬となるとそうはいかない。インフルエンザにおける「タミフル」や「リレンザ」がそれだが、これらの開発には少なくとも十数年かかると言われている。新型コロナウイルス疾患の重症化を防ぐのに有効であると期待されている「アビガン」も抗インフルエンザ薬のひとつだが、専門家によれば新型コロナウイルスに対する有効性についてエビデンスレベルが高いとは言えず、現状では安易な処方は許されない。 ワクチンや治療薬がない状況下では、人間の体に本来備わっている免疫系の機能によってウイルスの増殖を抑えるしかないのが実情だ。 免疫系の機能が低下している人は死亡リスクが高まるわけだから、そうした人たちを守るためには、ワクチンが開発されるまで人と人との接触を避けるしか方法はない。前出の岡田氏はこういう。「先ほどの研究結果では、都市封鎖前と封鎖後で『一人の感染者が何人にうつすか』の値である『再生産数』についても算出されています。この数値が1以上であれば感染者数は増え、1以下であれば減っていきます。封鎖前にはこの数字は2.38でしたが、封鎖後は0.98になったという数字が出ています。都市封鎖の効果があることが実証されたわけです」◆感染拡大の収束は? そして最後に気になるのが、日本でいつ収束するのか、その時期だ。映画『感染列島』では前述のとおり半年で収束する筋書きだが、新型コロナウイルスの場合はどうなるのか。岡田氏は「5月末」がポイントになるとみる。「今回の新型コロナウイルスはSARSコロナウイルスと構造がほぼ同じで、兄弟のような近縁関係にあることがわかっています。アジア全体で見ると、新型コロナ感染者数の増加傾向は、2002年に流行したSARSのものとほぼ同じ時間経過をたどっています。2002年のときには4月にピークがダラダラと続き、5月に入って徐々に減っていき、5月末にゼロになりました。 また、ウイルスの研究では湿度と温度を上げていくと、培養細胞の中でウイルスの増殖が止まります。今回の武漢は年間1100ミリもの雨量があるのに12月はほぼゼロという40年ぶりの干ばつでしたし、2012年にアラビア半島で発生し、中東やアジア、欧米に感染が拡大したMERSのときも、世界各地で干ばつが発生しています。日本では6月に梅雨の時期を迎えることも、新型コロナが5月末で収束すると私が予測する理由です」 5月6日に緊急事態宣言の期日を迎えるが、宣言の解除を巡っては政府や専門家会議で議論が続いている。仮に一部で解除されたとしても、岡田氏が収束のタイミングと予想する5月末までにはまだ3週間ある。「たとえ緊急事態宣言が解除されたとしても、あくまで経済を再開させるための配慮であり、感染リスクがなくなるわけではありません。忘れてならないのは、無症状の病原体保有者がどこにでもいるということ。当分の間、マスクを必ず着用し、家族以外の人との飲食は絶対に避けるべきです」(岡田氏) 遠くの光を見据えて、今は耐えるべき時だ。●取材・文/岸川貴文(フリーライター)
2020.04.30 07:00
NEWSポストセブン
致死率100%のウイルスに立ち向かう『アウトブレイク』(共同通信社)
厳選・感染症パニック映画7作が描いた「パンデミック後の世界」
 中国や欧米に続いて日本でも新型コロナウイルスとの本格的な戦いに突入したいま、次なる関心は「パンデミック後」の世界だ。 今後、人類はどんな恐怖に直面し、どんな勇気をふりしぼり、どんな叡知を見せるのか。映画評論家・前田有一氏による見どころ解説とともに、未来を示唆する映画7作品を紹介する。 世界中に拡散した新型の致死性ウイルスを封じ込めるため、米CDC(疾病予防管理センター)など関係機関の奮闘と社会の混乱を描く──その圧倒的なリアリティが再評価された映画『コンテイジョン』が動画配信サービスで視聴数を急増させている。前田氏はこう語る。「2011年の公開当時は感染拡大の様子を淡々と描く手法が“退屈”だとして4億円程度の興収でしたが、いま見返すとまさに世界の現状そのもの。感染拡大で起きうる危機を先取りし、対処の手本としての評価も高いです」 他にも、『アウトブレイク』や『復活の日』など感染症を扱った名作は少なくない。その多くは人類とウイルスの対決だけでなく、危機に瀕した人間の心理や社会の変容も示唆している。「『コンテイジョン』が1999年にマレーシアで起きたニパウイルス感染症をモデルにしているように、実際の感染拡大を取材して数年後に映画が作られることは多い。いま人類が直面する難局を乗り越えるヒントが映画には詰まっています」(前田氏) 以下、感染症にまつわる映画作品を紹介しよう。【感染症パニック映画7選】◆『コンテイジョン』(2011年)(監督:スティーブン・ソダーバーグ/出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウほか)【内容】 出張先の香港から帰国したアメリカ人女性が体調不良を訴えた後に死亡し、同じ症例の死亡者が世界各国で相次ぐ。新型ウイルスに対抗すべく、研究者たちは感染源の特定からワクチンの開発にと奔走する。感染拡大を防ぐための都市封鎖や、政府の陰謀論を唱えたデマの拡散によって民衆は暴徒化。さらには開発されたワクチンが人々の手に渡るまでの紆余曲折が、科学的な考証と緻密なシミュレーションによって導き出され、ウイルス感染における恐怖が描かれている。【見どころ解説】 中国圏から発生したウイルスが世界に広がりパニックを巻き起こす。クラスター感染や子供たちの休校、生物兵器陰謀論がネットで蔓延、急造病院の出現、議員への感染拡大など、あまりにも現実と符合する内容で驚かされる。◆『アウトブレイク』(1995年)(監督:ウォルフガング・ペーターゼン/出演:ダスティン・ホフマン、レネ・ルッソ、モーガン・フリーマンほか)【内容】 ザイールの小さな村で出血熱が猛威を振るっていた。そんな折、密輸者の手によってアフリカから持ち込まれた1匹の猿が感染源となり、アメリカでも飛沫感染によってウイルスが拡散してしまう。この未知の伝染病は、過去にザイールの内戦に参加していた傭兵部隊で流行し、アメリカ陸軍が隠蔽した出血熱と同一であると判明する。既に作られていた血清は、さらに変異を起こしたウイルスには効果がなく、危機的状況のまま、人類は致死率100%のモンスターウイルスと相対することになる。【見どころ解説】 エボラ出血熱をヒントにした架空の致死性ウイルスに、どう立ち向かうかを描いたエンタメ作。“3密”の劇場で感染が広がったり、ウイルスがやがて空気感染タイプへ変異するなど、来るべき感染爆発の最悪のパターンを見て取れる。◆『復活の日』(1980年)(監督:深作欣二/原作:小松左京/出演:草刈正雄、夏八木勲、多岐川裕美ほか)【内容】 東西冷戦末期の1980年代初頭、東ドイツの陸軍細菌研究所で作られたウイルス『MM-88』が研究所から持ち出されたことに端を発し、人類崩壊へのカウントダウンが始まる。大気に晒され、とてつもないスピードで増殖するウイルスは、瞬く間に全世界で大流行し、南極大陸に駐在していた900人弱を残し、ほとんどの人類が絶滅してしまった。人類の未来を託された各国の南極基地隊員は叡智を結集し、人類再生・世界救出の術を手探りで模索していく。【見どころ解説】 国産終末SF超大作。40年前の作品ながら、気温によってウイルス活動が左右されたり、イタリアで爆発的感染が起きたりと、予言的な内容をはらむ。減りすぎた女性との性交渉が管理されるなど、崩壊する人間社会の姿が不気味だ。◆『感染列島』(2009年)(監督:瀬々敬久/出演:妻夫木聡、檀れい、国仲涼子ほか)【内容】 とある総合病院で第一感染者が死亡した。当初は鳥インフルエンザが変異を起こしたものとみられていたが、ウイルスの真の正体と発生源、その治療法を見つけるべく人類は奔走する。その間にもウイルスは蔓延し、都市部から全国へと爆発的な感染力で列島を地獄絵図に変えていく。人工呼吸器や医療従事者の不足で医療現場が崩壊していく様や、都市の封じ込め政策から都市機能が停止していく過程等、未知のウイルスを前に、滅亡の危機に晒される日本の姿を描く。【見どころ解説】 現代日本を舞台にした感染もの。CGを駆使したウイルス感染シーンと、荒廃した東京の街が衝撃的。大学病院など専門家監修によるリアルさが売りで、病院閉鎖からトリアージへと続く医療崩壊は、まさにいま、絶対に避けたい展開だ。◆『FLU 運命の36時間』(2013年)(監督:キム・ソンス/出演:チャン・ヒョク、スエ、パク・ミナほか)【内容】 香港からの不法労働者が詰め込まれたコンテナが、ソウル郊外・盆唐(プンダン)区に到着した。中は死体の山となっており、その中から唯一の生存者が逃げ出し行方をくらましてしまう。彼は新型インフルエンザに感染しており、強力な感染力を持つウイルスが撒き散らされた盆唐区では国家災難事態が発令され、都市の完全封鎖が敢行される。救急隊員のジグは、女医のイネとその娘・ミルを守るため、封鎖された都市に残る。一方で、世界的感染を防ぐため米軍による都市消滅計画が進められていた。【見どころ解説】 韓国で大ヒットした感染パニック映画。鳥インフルエンザをモデルにした致死性ウイルスを封じ込めるべくロックダウンが行なわれる。都市封鎖による混乱と、人命救助に奔走する救急隊員らの姿が感動的に描かれている。◆『レック4 ワールドエンド』(2014年)(監督:ジャウマ・バラゲロ/出演:マヌエラ・ベラスコ、パコ・マンザネド、エクトル・コロメほか)【内容】 感染した人間がゾンビ化し、生存した人間を襲うゾンビホラー映画『REC』シリーズの4作目である本作は、シリーズ中唯一の生き残りである主人公・アンヘラが、救助に現われた医師・グスマンに救出されたところから始まる。目覚めた2人は、感染症研究のために隔離された船内にいた。寄生体に感染しているはずのアンヘラだが、血液検査の結果は陰性。しかし研究室で隔離中だった猿が脱走したことで、船内に感染が広がっていく。【見どころ解説】 ドキュメンタリータッチで高く評価されたスペイン製ホラー。感染者の隔離に最適のはずの船内でウイルスが拡散。逃げ場のない密室へと一変する恐怖は、ダイヤモンド・プリンセス号の騒動を経た現在では絵空事とは思えない。◆『28日後…』(2002年)(監督:ダニー・ボイル/出演:キリアン・マーフィ、ナオミ・ハリス、クリストファー・エクルストンほか)【内容】 ジムは交通事故に遭い、昏睡状態に陥っていた。事故から28日後、病院で目を覚ました彼が目にしたのは、人が消え去り荒れ果ててしまったロンドンの街だった。すべての元凶は一匹のチンパンジー。襲った人間の精神を破壊し凶暴化させる恐るべきウイルスが蔓延した結果、街がゴーストタウンと化してしまっていたのだ。襲い掛かってくる感染者から数少ない生存者とともにサバイバルを繰り広げるSFホラー映画として、第30回サターン賞の最優秀ホラー映画賞を受賞した。【見どころ解説】 感染すると怒りの感情が増幅し他者を襲い始めるウイルスによる異色の終末SF。異常な感染力とスピードが巻き起こすパニックが、コロナ禍を彷彿とさせる。気の抜けない緊迫感の中でのサバイバル劇は他人事とは思えない。※週刊ポスト2020年4月24日号
2020.04.18 16:00
週刊ポスト
中谷美紀の結婚に複雑反応 過去でも不倫への風当たりは強い?
中谷美紀の結婚に複雑反応 過去でも不倫への風当たりは強い?
 元貴乃花親方と花田景子さんの離婚の衝撃が冷めやらぬなか、及川光博&檀れいも離婚を発表。さらには、RIP SLYMEのSUと大塚愛の離婚の背景に、SUの不倫相手による大塚愛への嫌がらせ行為があったと報道されるなど、男女のこじれた関係に関するニュースが多い昨今の芸能界。そんな中、幸せなニュースを提供したのが、ドイツ人のビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏(50才)との結婚を発表した中谷美紀(42才)だ。 中谷とフェヒナー氏が出会ったのは、2016年10月。フェヒナー氏がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の一員として来日した際に、中谷と知り合ったのだという。 NEWSポストセブンでは、2016年11月に夜の西麻布でデートする中谷とフェヒナー氏の写真を掲載。まるで映画のワンシーンのようなロマンチックな2ショットに、ネットユーザーからは、「中谷美紀、好感度抜群。美男美女のお似合いカップル」「大人な2人、カッコいいね。後ろ姿も素敵だわ」 など、羨望の声が寄せられた。 中谷といえば、約3年前まで渡部篤郎(50才)と交際しており、同棲もしていたが、結婚には至らなかった。2人の交際が始まったのは2000年ごろで、2004年に一旦破局。その後、2007年に復縁したという。ちなみに、中谷との交際を開始した当時、渡部はRIKACOと結婚していた。つまり不倫関係だったのだ。その後、渡部は2005年にRIKACOと離婚。中谷と破局した後の2016年6月には11才年下の一般女性と再婚している。 渡部と交際しているときも、結婚を強く意識していたという中谷。フェヒナー氏との結婚はまさに念願といったところであり、だからこそネットでも、「巡り会えて良かったね。お幸せに」「紆余曲折の先に、素晴らしいゴールが待ってて良かった幸せになってください」「中谷美紀ってたしか10年以上わりとグチャグチャの不倫してたと思うんやけど、キッパリ収拾つけて42才から新たな道を歩み始めてるの普通にかっこいいと思っちゃう」「中谷美紀さんの結婚で不倫している独身アラフォーが密かに元気付けられている気がする」 など、祝福の声のほか、中谷の生き方を支持するという声も多かった。 とはいえ、かつては不倫をしていたことが気になるネットユーザーも多く、「不倫してた人ってやっぱりやだなぁ」「中谷美紀ねぇ。不倫だたのはいただけん」 と、批判的な声も少なくない。芸能界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。「かつての芸能界では不倫は日常茶飯事でしたが、矢口真里さんやベッキーさんの不倫騒動以来、芸能界での不倫は“一発アウト”なスキャンダルとなった印象です。中谷さんの不倫は過去のものではあるものの、最近の流れからすると批判的な目が向けられるのも仕方ないことだと思います。しかしながら、不倫愛を解消し、やっとのことで新たな幸せを見つけたという点では、前向きな印象を抱く人も多いのでしょう。やはり“不倫では幸せはつかめなかった”ということが重要なのかもしれないですね。もしも渡部さんと結婚していたらまた違った反応だったと思います」 不倫に対する風当たりが強いのはどうしようもならないだろうが、中谷にとっては過去のこと。とにもかくにも、すばらしい相手と結婚することができて、今は最高に幸せだろう。
2018.12.03 07:00
NEWSポストセブン
テレビ出演ラッシュは続く
河野景子さん、離婚前後の行動に見る「らしさ」と今後は?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は元・貴乃花親方と河野景子さんの離婚について。 * * * 連日のようにスポーツ紙やワイドショーが報じている元・貴乃花親方と河野景子さんの離婚。「していた」ことがわかったのは、息子で靴職人兼タレントの花田優一氏の“離婚”を追いかけていた某誌が取材先で“棚ボタ式”でつかんだ話がきっかけだったと聞いた。 『news zero』での速報から、どういうわけか日本テレビがリード。元・貴乃花親方は、翌朝、『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演し、「円満で離婚する人はいない」と胸中を告白した。スポーツ紙では、もっとも親方に近いスポニチが(本人に聞いているからか)、かなりハッキリと理由を書いていた。息子の将来について夫婦で考え方が異なったことも大きな理由だったようだ。  そんな折、及川光博と檀れいの離婚のニュースが飛び込んできた。が、この二人については、そう引っ張れるものでもなく、こちらは「円満離婚」を強調。ワイドショーで2日、3日と報じるほどのネタも理由もありはしないようである。 だが、やっぱり、旧・二子山ファミリーはネタの宝庫。「今は何も話せない」と多くの取材にノーコメントを貫いている“おにいちゃん”こと花田虎上氏や、母の藤田紀子さんが話し始めたら、さらに引っ張られることになると思う。 なんでも、紀子さんは、自身の所属事務所の記念パーティーに30日、出席するもよう。そこで何かしらの対応するようだ。 また、このタイミングで、件の優一氏がイベントに出てきた。冒頭に記したように、自身も大ネタを抱えてしまっているので、口は重かった。 そんななか、自宅の直撃に「コメントをしますので」と答えていた景子さんがマスコミ宛てにファクスを送ってきた。「このたびはお騒がせしております」から始まり、「相撲道に全身全霊注いできた貴乃花を間近で見てきた23年間、たくさんの学びがあり、多くの出会い、そして喜びもありました」と夫に敬意を払い、「二人三脚で乗り越えてきた自負もあります」と、景子さんらしい一文もあった。 さらに「これまで支えてくださいました多くの方々に心より御礼申し上げます。今後とも私たち2人を温かく見守って頂けましたら幸いでございます」…最後は、御近所に配慮し、取材を控えるよう、マスコミに促した。短いながらもパーフェクトな文面だった。  だが、そのファクスが配られたテレビ局内で、複数の人が指摘していたのが「文末の河野景子の文字がいちばん大きい」ということだった。自分の姓はもう「河野」なのだという、これまた景子さんらしいアピールに見えた。 結婚披露宴の際、カメラを片手に「高砂」まで駆け寄り、「河野! 河野!」と呼び止めた女子アナの先輩に対し、「私もう、『花田』です」と言ったという景子さん。キャリアを捨てて花田家に入る覚悟が既にできていたのだろうと当時、話題になった。  思えば、虎上氏の元夫人でハワイに拠点を置く美恵子さんは、ずっと「花田美恵子」の名前で女性週刊誌で連載を持ったり、商品開発をしたり、時折タレント活動もしている。彼女がどういう理由で花田姓のままなのかはわからないが、結婚した瞬間から「花田」をアピールし、離婚を機にきっぱりと花田姓に別れを告げた景子さんは、これまた景子さんらしい…と私には思えた。 個人の感想だが、「河野景子」と「花田景子」を比較したら、圧倒的に「河野」時代の景子さんのほうが華々しかったし、“らしかった”気が私にはするのだ。  上智大学在学中に“ミスソフィア”になって、『週刊朝日』の“紀信の女子大生シリーズ”で表紙を飾り、大きな話題を呼んでフジテレビに入社…というのは多くの人が知るところだが、同年代の女性にとっての景子さんは、『CanCam』のカリスマ読者モデルとして君臨していたことが、もっとも記憶に残っているのではないか。  読者モデルなのに表紙を飾り、読者モデルなのに海外取材も経験していた景子さん。フジテレビに同期入社した八木亜希子、有賀さつきさんに比べると、代表的な番組はなかったものの、1991年にはパリ支局の特派員となり、堪能な語学を活かして、キャリアアップしていくのだろうと誰もが思っていた。  そんな矢先に貴乃花と出会い、スピード結婚。結婚4か月目に長男を出産するのである。そこからの景子さんは、マスコミ宛ての文章にあるように「度重なる困難」を夫と「二人三脚で乗り越えてきた」。 2016年、自身の会社『ル・クール』を設立してからは、化粧品や海外旅行のプロデュース、講演、話し方教室など、女子アナ時代のキャリアを生かした活動に積極的だったのだ。  それを“出スギ”とみる相撲関係者もいたようだし、夫の貴乃花も、もっと部屋にいて弟子たちを守ってほしいという想いが募っていったことを週刊誌で告白している。が、部屋を支えるために、おかみさん自らが稼ぎに出ていたという相撲関係者も多いのである そのとき、彼女の脳裏に「離婚」の二文字があったかどうかはわからないが、結果的に、起業してからの2年間でしてきた助走が、「河野景子」に戻って、一気にスピードアップしていくのではないか。 私が知る景子さんは、ネットワーキングやセルフプロデュースを含めたプロデュース能力に長けていて、実にマメで軽やかにコミュニケーションをとれる人。  忙しいのに、自身が顔を出せば先様が喜ぶと判断したら、どんなに短時間であっても足を運び、挨拶をする人なのである。  ワイドショーでは、離婚した後に九州の後援会の地元の祭りに訪れたり、離婚届けを提出する数日前に行きつけの中華料理店に夫婦で行き、仲睦まじいツーショット写真を撮り、公開したのは「なぜなんだろう」と盛んに取り上げていたが、その答えは「景子さんだから」だ。彼女は多くの人を前にすればするほど活きる人であり、仕切るのも得意技。フジテレビ時代、「チーママ景子」と呼ばれ、出席している男性の年齢によってカラオケの歌を歌い分けた“伝説”の持ち主でもある。相撲部屋のおかみさんに、決して向いていない人ではなかったのである。  この先も、しばらくの間、いろいろな話が出てきてしまうかもしれないが、たとえば手記の執筆をはじめ、景子さんへの新たな仕事のオファーは既にたくさんきているのではないか。 五十路になっても、まだまだ本当に美しいし、トークショーをするにしても、本を出すにしても“ネタ”には困らないし、女子アナ時代、景子さんと仕事をしていた多くのタレントは、また彼女と仕事をしたがると思う。 どんどん表に出て、20代の頃の「河野景子」を取り戻してほしい。私は早くそれが見たい。
2018.11.30 11:00
NEWSポストセブン
芦田淳さん 女子アナにもファン多くウエディングで着た人も
芦田淳さん 女子アナにもファン多くウエディングで着た人も
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回はファッションデザイナーの芦田淳さん(享年88)について。 * * * ファッションデザイナーの芦田淳さんが20日午後9時32分、肺炎のため、都内の自宅でお亡くなりになっていたことが22日わかり、23日付のスポーツ紙各紙に大きく報じられた。 それを受けて、ワイドショーでも、同じく日本を代表するファッションデザイナーの森英恵氏や桂由美氏、そして妻の小林麻央さんが顧客で家族ぐるみのつきあいをしていたという市川海老蔵らのコメントを紹介していた。 芦田淳さんを紹介するとき、最初に出てくるのは皇后美智子さまのお名前。1966年から10年間、美智子さまの専任デザイナーを務めていたからだ。さらに、1993年、皇太子妃雅子さまの御結婚ではイブニングドレスをデザインしている。 また、全日空のCAや帝国ホテルの従業員の制服から広島アジア大会、アトランタ五輪などの日本代表選手団の公式ユニホームも手がけていらした。 実は芸能界にも芦田淳さんデザインのジャケットやワンピースを着てテレビ出演している人たちがいる。こちらの筆頭は浅丘ルリ子さんだろうか。自身が出演した舞台『伝説の女優』の衣装も芦田淳さんが手がけたことがあったほど、親交が深い。 次女であり、かつては『ミスアシダ』、現在は『TAE ASHIDA』のデザイナーである芦田多恵氏も含めると、芦田ブランドのウエディングドレスでお嫁にいく女優や女子アナは本当に多かった。 現在、『ジュンアシダ』の社長は、その多恵氏の夫で、山東昭子参議院議員の甥である山東英樹氏が務めている。英樹氏は日本興業銀行の銀行マンだったが、多恵氏との結婚を機に『ジュンアシダ』の名広報として活躍。山東昭子議員の影響なのか、もともとの趣味なのか、国会議員のプロフィールなど、身辺情報をよくご存じでもあった。 そんな英樹氏が仕切る、年に2回のコレクションに訪れる顧客の中には、女性アナウンサーも数多くいた。 例えば、日本テレビの笛吹雅子アナは、仲良しの後輩、松本志のぶアナや西尾由佳理アナと連れ立って、最前列で食い入るようにコレクションを見ていた。 また、多恵氏デザインのウエディングドレスで結婚披露宴を行ったのは元フジテレビの中井美穂アナ。 その中井美穂アナ曰く、「アシダさんのお洋服は便利」。出演のときも、取材相手が目上のときも、「アシダさんの服を着ていけば絶対に失礼にはならないし、テレビ映りもいい」とのことだった。当時まだ古田敦也氏と結婚する前だった中井さん。古田氏の御両親への挨拶のときにも「最適な服」とも言っていたと記憶する。 そこから、中井さんと仲良しの勝恵子キャスターもコレクションに通うようになり、『THEワイド』(日本テレビ系)で草野仁氏の隣に勝さんが座っていたときは、「『ジュンアシダ』から衣装提供をしてもらう日が多かった」と聞いた。 他にも、いわゆるセレブの顧客が多く、多恵氏がファッション誌『25ans』に見開きの連載をもっていたことでも、客層がわかろう。 10月16日、『TAE ASHIDA』の2019年春夏コレクションが国立新美術館で行われ、秋吉久美子、とよた真帆、檀れい、藤原紀香、神田うの、すみれら、顧客が訪れたが、そういえば、例年、グランドハイアット東京や恵比寿ガーデンホールで開催されていた『ジュンアシダ』 のコレクションのお知らせは今秋こなかったような……。 とはいえ、日本を代表するファッションデザイナーで、二代目が育っているケースはほとんどなく、父上のエレガンスを継承しつつ、モードをとりいれた芦田多恵氏と、ギョーカイ女性が「理想の夫」と崇める山東英樹氏がいれば、“アシダブランド”は安泰だろう。 そして各局の女子アナやフリーアナらと同社との関係も太く長く続いていくことと思う。 芦田淳先生の御冥福をお祈り申し上げます。合掌
2018.10.24 07:00
NEWSポストセブン
国会議員秘書が出会い系女性と議員会館でハレンチ密会重ねる
国会議員秘書が出会い系女性と議員会館でハレンチ密会重ねる
 国会議員に一室ずつあてがわれる議員会館の事務室は、国民の代表たる彼らが政治活動の拠点とするために、税金で用意された施設だ。そして、政治活動を遂行するためのスタッフとして3人の秘書を税金で雇うことができる。ところが、そんな“議員特権”ともいえる場で、ある議員の政策秘書がハレンチ行為にいそしんでいた。「初めて会った時、真面目で誠実という印象でした。1時間足らずのお茶をした帰り際、『また会ってほしい』と言われたのですが、まだ彼に惹かれていなかったので、『平日の昼間ならいいです』って意地悪を言ったんです。国会議員の秘書は忙しいから、まず無理だろうと思ったら、『大丈夫です! 早速ですが3日後の月曜に議員会館に遊びに来ませんか?』って言われたんです」 本誌・週刊ポスト記者にそう話し始めたのは、40代の川田陽子さん(仮名)だ。女優の檀れいに似た彼女に、“議員会館デート”を提案したのは、日本維新の会で総務会長を務める東徹参議院議員の政策秘書・A氏だった。 2人は昨年4月に、いわゆる「出会い系サイト」で知り合ったという。「私は既婚者ですが、『夫以外の男性と話がしたい』と思い、出会い系アプリに登録しました。Aさんは私が既婚と知った上で、お茶に誘ってくれたのです。いきなりの議員会館デートには驚きましたが、滅多に入れない場所で興味が湧いたのでOKしました」 この日から2人はほぼ毎日のようにLINEで連絡を取り合った。本誌・週刊ポスト記者が確認すると、4月中旬の会館デート当日、こんなやり取りがされていた。陽子〈私って身分証明書とか必要なのですか?〉A〈大丈夫ですよ 通行証をだしますから〉 陽子さんはA氏から通行証を渡されると、一般の入場ゲートとは違う入り口から荷物検査などを受けずに入館したという。「30分ほど国会議事堂を案内してくれた後、議員会館5階にある東議員の事務室に入りました。『普段、議員は大阪にいるから、ここには僕だけってことが多い。この部屋が議員の執務室だよ』と言って、私を議員の椅子に座らせ、スマホのカメラで撮ってくれました。それまでは楽しかったのですが、『こっちの部屋を見せてあげる』と隣の会議室へと誘導された後、彼の様子が変わったのです。 いきなり抱きつかれキスされました。そして『したくなっちゃった』って言うのです。『ここで?』と戸惑う私に、彼は『そう』と微笑みました」 A氏の“段取り”は手慣れたものだったという。セミダブルサイズのブランケットを床に敷き、続いて事務室の鍵、会議室の鍵を順に閉めて、「ここは重要な会議をする場所だから防音がしっかりしてるんだ。大きな声を出しても大丈夫だよ」と説明してから、陽子さんに覆いかぶさったという。「長く力強い行為をする人でした。胸を力いっぱい揉んだりされ、翌日、胸に痛みを感じるほどでした。その最中は、『僕たち相性がいいね』と褒めてくれたのは嬉しかったです。ただ、気になったのは避妊具を付けなかったことと、終わった後、そそくさと電話対応やら仕事を再開したこと。私は夫では満たされない心の充足を求めていたので、クールな対応が少し寂しかった」 その日の夜、2人はこんなやり取りをかわしていた。A〈気持ちよかった?〉陽子〈あんなところでするなんて 気持ち良かったよ〉A〈おやすみなさい〉◆「誰だかわかりません」 その後の逢瀬も「忙しい彼に合わせるため」(陽子さん)、議員会館が中心だった。「昨年の夏頃には、国会の食堂でランチを食べている時に人目をはばからず腰に手を回してきたりするようになりました。行為が終わったらすぐに帰されるようにもなって……今思えば会館デートは常に1時間未満。ただのセフレは嫌だと思い、彼を食事に誘ったけど拒否され続け、そして毎日のように彼から来ていた〈おはよう〉のLINEも来なくなったのが10月。私から関係の解消を告げました。 約半年間の“交際”でしたが、彼は私のLINEのIDしか知らず、名字すら聞かなかった。私の体にしか興味がなかったんでしょうね……」 男女関係は私的な話とはいえ、その交際で議員会館を“ホテル代わり”に使っていたことは看過できない問題だ。 さらに、陽子さんが使った通行証は「特別通行記章」という各議員に1つ支給されているバッジで、議員会館だけでなく国会内を自由に行き来できるものだ。政治評論家の屋山太郎氏はこう言う。「この問題は治安にも関係する。議員会館や国会には政府の機密資料もあるし、一度、会館に入ってしまえば他の議員の部屋にも容易にアクセスできる。そこに本名さえ知らない人物が簡単に入っていたということに呆れます」 A氏はどう考えているのか。陽子さんの話を伝えると、「その女性は知りません。話がよくわかりません」と繰り返した。──本当に記憶にないのですか?「極めてプライベートなお話でありますし、僕は公人ではないので……」──出会い系アプリで知り合った女性を会館に入れたことはありますか?「友人に国会の中を案内する意味でお越しいただいたことはあります。ただ、陽子さんが誰だかわかりませんし、僕のケータイにはもう登録されていない方です」──議員会館で行為をしたことはありますか?「ないです。(あなたは)現場をご覧になられたわけではないんですから。証拠はないはずです」 東議員にも聞いたが、「彼がそんなことをするはずがありません。そのLINEは本人ではないと思います」と同じく否定した。陽子さんが振り返る。「嘘だというなら、このLINEやツーショット写真をどう説明するのでしょうか。議員秘書という肩書きを信用して安易に関係を持った私もバカでしたけれど……」 本誌・週刊ポストの直撃後、件の出会い系アプリからA氏はひっそりと退会していた。※週刊ポスト2018年2月9日号
2018.01.29 07:00
週刊ポスト
小倉優子、檀れい、永作博美がハマる「食べる甘酒」のパワー
小倉優子、檀れい、永作博美がハマる「食べる甘酒」のパワー
「食べる甘酒」が凄い力を秘めている、とメディアを騒がせている。5月12日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)では、小倉優子(33)が「甘酒のおかげで15年来の便秘が改善した」と明かした。 昨年12月放送の『あさイチ』(NHK)では、女優の檀れい(45)やモデルの道端アンジェリカ(31)ら美女たちが美肌を維持するために食べていると紹介した。その他にも永作博美(46)、井川遥(40)などもハマっていると伝えられている。 その反響を受けてシニア向け健康雑誌『壮快』でも、生活習慣病を改善する健康作用があると特集。自宅で美味しく食べるためのレシピ本も続々発売されている。甘酒は、その製法によって2種類に分けられる。 ひとつは「飲む甘酒」だ。米から日本酒を作る過程でアルコール発生後に取り出される「酒粕」を湯で溶かしたものが「飲む甘酒」で、アルコール分を含む。初詣の神社などで振る舞われる。 もう一つが、アルコールの発生前、米に麹を加えたところで取り出す「食べる甘酒」。ノンアルコールで、米の粒が残ってとろみが多く、おかゆのような食感になる。 昨年6月、「食べる甘酒」について日本抗加齢医学会で発表した、桑島内科医院副院長の桑島靖子医師が解説する。「私自身、胃腸の調子がよくない時期があり、腸内環境を整えるにはどうすればいいかを考えていました。発酵食品が良いと言われていますが、漬物では塩分過多になり、塩麹ではあまり量を摂取できない。欧米人が好むヨーグルトなら効果的に乳酸菌を摂取できますが、日本人は牛乳に含まれる『乳糖』を吸収できない体質の人が多く、下痢の原因になります。試行錯誤の末にたどり着いたのが、日本人になじみ深い『甘酒』でした」◆「ACE阻害薬」と同等!? 30年ほど前に「日本一の長寿村」として有名になった山梨県棡原(ゆずりはら)村(現・上野原市)で、「食べる甘酒」は長く親しまれてきた。上野原市企画課担当者がいう。「棡原はお米が取れる地域ではないのですが、麦麹を使った甘酒を飲む習慣があります。甘酒に加え、水の代わりに甘酒を使って生地を練る『酒まんじゅう』を食べることも、高齢者が元気でいられる理由だと思います」「食べる甘酒」にはどんな力があるのか。【善玉菌を増やして大腸がんを予防する】 最大の特徴は、「食物繊維」と「オリゴ糖」を豊富に含むことだ。「『食べる甘酒』を摂取することで腸内の善玉菌が食物繊維とオリゴ糖を食べると、『酪酸』という物質が生まれます。酪酸は大腸を動かす最大のエネルギー源であり、腸内を活性化して様々なプラス効果をもたらします。酪酸は、大腸内でがんの原因となる酵素・βグルクロニターゼを抑制することが広く知られています」(前出・桑島医師) 人間の腸内には約500種類、100兆個もの腸内細菌が生息するとされる。それらの細菌は人間の体調と密接に関係しているのだ。【降圧剤「ACE阻害薬」と同じ働き】 全国1010万人とされる高血圧患者にとって嬉しいのが、「降圧作用」だ。「『食べる甘酒』に含まれる『ペプチド』には、高血圧を引き起こすACEという酵素の働きを抑える作用があります。これは降圧剤の一種である『ACE阻害薬』と同様の働きだといわれています。 ACE阻害薬はEDなどの副作用があるが、『食べる甘酒』にはその心配もない」(イシハラクリニック副院長の石原新菜医師)【心を落ちつかせて認知症を抑える】 前出・桑島医師らが日本抗加齢医学会で発表した内容によれば、特別養護老人ホームに入居する認知症患者7人に毎日コップ1杯分の「食べる甘酒」を3~4か月食べてもらったところ、夜間に興奮して叫ぶなどの行動に改善がみられた。「夜間に叫ぶことの多かった認知症の92歳の男性は、夜間に落ち着いて熟睡するようになりました。『食べる甘酒』の摂取によって、心を落ちつかせる働きがある『セロトニン』の分泌が促進されたことが原因だと推測しています。 アルツハイマー型認知症の患者はセロトニンの分泌量が低下すると知られている。『食べる甘酒』にも認知症予防効果が期待される」(桑島医師)【栄養価が高くダイエットも可能】 甘酒は、必須アミノ酸やオリゴ糖などの栄養素を含み、“飲む点滴”と言われるほど栄養価が高い。「さらに『食べる甘酒』は『飲む甘酒』に比べて、代謝を良くするビタミンB群が大量に含まれており、便通をよくする食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエットに適している」(桑島医師) 食べる甘酒は、米と炊飯器があれば、簡単に作ることができる。「食べる甘酒」や「麹甘酒」という名で売られる市販品は加糖されて飲みやすくなっている。しかし、高カロリーの傾向がある。気になる人は自宅で手作りするのが良いだろう。以下、作り方を紹介する。1:米(もち麦、玄米でも可)を洗い、水600ccに30分(玄米の場合はひと晩)つけておく。2:1を炊飯器に移し、おかゆモードで炊く。3:おかゆができたら、水200ccを注いで混ぜ、5分程度おいて粗熱を取る。4:60度前後になったら、乾燥米麹を加え、よく混ぜる。5:炊飯器のふたを開けたまま、付近をかけ、保温モードで8時間保温する。6:ほんのり黄色みを帯び、甘みが出たら完成。 以上、レシピ協力は『新装版 からだに効く! おいしく食べる甘酒レシピ』(東邦出版)より。※週刊ポスト2017年5月26日号
2017.05.26 07:00
週刊ポスト
長女を宝塚に一発合格させた松岡修造の熱血教育5か条
長女を宝塚に一発合格させた松岡修造の熱血教育5か条
 松岡修造(49才)の長女・恵さん(17才)が26.1倍という倍率をくぐりぬけ、第105回宝塚音楽学校に合格したことが話題になっている。宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前だが、恵さんは一発合格だった。 古くは八千草薫(86才)や扇千景(83才)、黒木瞳(56才)、真矢ミキ(53才)、天海祐希(49才)、檀れい(45才)といったそうそうたる顔ぶれを輩出した宝塚音楽学校。同校のモットーは「清く、正しく、美しく」。厳しすぎるまでの“鉄の掟”が存在し、「女の軍隊」と呼ばれることもある。「教室や廊下の床は、ほうきでごみをとってぞうきんがけをするのはもちろんのこと、髪の毛1本、ほこりひとつ残さないよう粘着テープでペタペタ仕上げ。校内で大声で笑ったり、しゃべったりしてはいけないし、ピースサインもNGです」(元タカラジェンヌ) そんな厳しい環境に身を投じる恵さんに、松岡は5か条の「熱血教育」を施していた。◆1か条:たとえ親に勘当されようとも「選んだ道」は最後までやり通せ! 1995年にウィンブルドンでベスト8に進出した松岡は、慶應高校在学中に親の反対を押し切ってテニスの強豪・柳川高校(福岡)に転校した過去を持つ。「意外にも修造さんは娘にテニスの道を押しつけなかった。それは“親や周囲が何と言おうが、道を選ぶのは自分”という信念があるからです。17才で渡米を決意したときには、母親の反対を“今、行かなきゃおれはダメになる”と押し切ったそうです。世界転戦中は、実家からの援助は一切なし。彼は“おれはテニスで勘当されたから”と笑い話にしていますが、どんなに苦境でも自分が選んだ道を絶対に諦めないことの大切さを背中で語ってるんです」(松岡の知人) この先高いハードルが待ち受ける恵さんにとって、最高のお手本が松岡なのだ。◆2か条:人生に正解はない。なぜ? なぜ? と問い続けろ「恵さんが幼少の頃、嘘をついてしまったり叱られるようなことをしたとき、修造さんは徹底的に“なぜそんなことをしたのか?”と聞き続けたんです。何時間かかっても深夜になっても、翌朝早くから仕事が入っていてもやめない。“答え”を教えることは簡単ですが、それでは恵さん自身が考えることをやめてしまい、それ以上の成長がなくなります。修造さんは奥さんに呆れられても決してやり方を変えなかった」(前出・松岡の知人) 人生の厄介なところは“答えがない困難”がたくさんあることだ。そんな時に、“なぜ?”を問い続ける修造流が役に立つ。◆3か条:夢は口に出せ。出せば出すほど思いは強くなる「この1球は絶対無二の1球なり」――現役時代、松岡は勝負所でサーブを打つ前に常にそう呟いていたという。「自分を奮い立たせるような言葉を口ずさんでいました。言葉にすればするほど、気持ちも強くなっていく。それが、夢を現実のものにするための手段なんです。恵さんが幼少の頃から、修造さんは会話の時間を重要視していました。 テレビは1日1時間に制限し、食卓でも寝室でも、とにかく思いを話す時間を多く設けた。言葉にするうちに、目標や目的の輪郭がより鮮明になっていき、目指す場所に近づけるんです」(前出・松岡の知人)◆4か条:「即決即断」で勝負のチャンスを逃さない。「家族で外食をするとき、修造さんはメニューを見て、ものの数秒で注文を決めるんです。迷っていると“早くしなさい”と一喝。でも、単なるせっかちではないんです。目の前にチャンスが転がってきたときに、一瞬でも躊躇してたら逃してしまう。常日頃から決断力を磨いていないといけないんだそうです」(前出・松岡の知人) タカラジェンヌとして成功するのは、運やタイミングにも左右される。正しい判断が下せたとしても、手遅れになってしまっては意味がない。チャンスをモノにする力を松岡は教え込んだ。◆5か条:「熱血」である以上に「冷静」でなければならない。 スポーツ中継やテニスのジュニア選手への指導の姿から、「熱い男」のイメージが強い松岡。『修造チャレンジ』では、都内で合宿が行われても、自宅には戻らず、ジュニア選手たちと寝食を共にするほどだ。「子供たちに対する修造さんの言葉は本当に厳しいものばかりです。でも、頭ごなしに言っているわけではない。子供たちに殻を破ってもらいたいから、その子の弱いところや恥ずかしく思うところ、突かれていやなところをしっかりと見極めて突くんです。 修造さんは“自分を俯瞰で見るもう1人の自分がいる”とよく話しています。周囲からは超熱血に見えていても、頭の中は冷静で自分を客観視している。やりたいことに全力で邁進しながら、自分の立ち位置を冷静に受け止めることは、恵さんにとっても重要なことでしょう」(前出・松岡の知人) 宝塚ファンだという松岡は娘がトップ役として舞台に立つことは「期待していないんですよ」と控えめに語ったが、恵さんは松岡の教えを胸に、タカラジェンヌへの階段を一歩ずつのぼっていく。※女性セブン2017年4月30日号
2017.04.08 07:00
女性セブン
広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志、檀れいが勢ぞろい
広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志、檀れいが勢ぞろい
 映画『四月は君の嘘』の初日舞台挨拶が9月10日に行なわれ、出演した広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志、檀れいと新城毅彦監督が登場した。 同作は、新川直司作の同名漫画の実写化作品。自由奔放で個性的なヴァイオリニスト・宮園かをりを広瀬が演じ、天才ピアニスト・有馬公生を山崎が演じる。 原作ファンの中には実写化に反対する声もあったというが、実際に見た観客からは満足したという声も寄せられた。撮影/小彼英一
2016.09.17 16:00
NEWSポストセブン
「淡麗侍」に扮する高良健吾(公式HPより)
高良健吾らちょんまげCM増加 狙いはキャラ作りとギャップ
 人気タレントや俳優がちょんまげ姿で登場するCMが増えている。auの「三太郎」シリーズは今やおなじみだが、それだけではない。お酒から飲料水、麺類まで、さまざまなCMでちょんまげが席巻しているのだ。激増のワケについて時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが分析する。 * * * 最近、ちょんまげCMが頑張っている。その代表例といえば、高良健吾の『淡麗侍』。都会のオフィスビルの屋上でスマホを使う淡麗侍(課長)。部下からの連絡に「すぐ行く!」と飛び乗ったのは、タクシーでも電車でもなく馬だった! 「はっ!」と声をかけ、颯爽と道路を疾走して現場に駆け付けたものの、悪代官(クライアント)の松重豊からは「馬で来るな」「(馬の)上から言うな」と怒られる。大阪ではお約束のボケをかます商人(辻本茂雄)の前でバッタリと倒れ込んで「間が良かった」とほめられ、博多では頑固な博多職人を前に「実は私」と着物の片肌脱いで「ソフトバンクホークス」のシャツを見せて九州出身(ホントです)とアピール。工場長(秋山幸二)と意気投合。淡麗侍大活躍中である。 もうひとつキリンでは『氷結』に、志村けんのバカ殿様も登場。例によって「よいではないか」と腰元を追いかけまわしたり、変顔を見せたりしたかと思えば、突如、シリアスな素顔に戻って「はっ!」と掛け声一発。津軽三味線をつま弾き、スカパラとセッションを始める。 この他、「嘘だと思ったら、食べるでござる」の『まるちゃん正麺』の役所広司、『風立ちぬ』を仲良く歌う『伊右衛門』の本木雅弘と宮沢りえ、「この夏、味な出会いがありました」と異人さんのお客にタル鶏天ぶっかけうどんを提供する『丸亀製麺』の檀れいなど、ちょんまげCMシリーズものも元気がいい。 個人的にずっと気になっているのは、清洲桜醸造株式会社の『鬼ころし』CM。「信長になりたい篇」では、パックに入った清酒『鬼ころし』を手にスーツ姿の男子四人と女子ひとりが、ちょんまげをつけて行進しながら現れ、調子のいい音楽に乗って、踊ったりポーズを決めたり信長になってみたい気持ちを表現。しかし、途中で「そんな器じゃない」とがっくりうなだれ、ストローでちゅーっと飲む、という流れだ。わずか15秒で、信長に憧れながら、あっさりあきらめるまで完了するところもすごいが、なんといってもスーツの女子がちょんまげで平然と踊っている姿が素晴らしい。そして、このCMを長く続けているところも素晴らしい。参りました。 ちょんまげCMの強みは、キャラづくりがしやすいところ。殿様、侍、商人、職人などなど、ちょんまげをつけただけで、昔の人、別世界の人になりましたよ、と宣言できるところだ。別世界の人がまじめな顔でスマホを使ったり、タルタルソースを作ったり、スーツで踊る。このギャップだけで面白い。 また、現代人の姿で商品やキャッチコピーを連呼するより、ちょんまげの人がそれ風のセリフでアピールするほうが視聴者の記憶に残りやすい。テーブルに座った侍姿の名優がまじめな顔でラーメンに感動し、「食べるでござる」と言い切るところに、味が出る。 タレントの新たな顔が見えるのも、ちょんまげの面白いところ。ちなみにプロの結髪さんの話だと、額は狭いより広いほうがちょんまげは似合うとか。そういえば、『淡麗侍』シリーズで、コンペ(合戦)に敗れた高良課長の部下(トレンディエンジェル斎藤)は、落ち武者姿もちょんまげもよく似合っていた。納得。
2016.09.07 16:00
NEWSポストセブン
『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』声優の天海祐希
天海祐希、吉田羊ら豪快ドリンカー女優がCM席巻中
 お酒のCMに男優ばかりが起用されていたのは遠い昔の話。今や、若手から中堅まで出演する女優が急増している。彼女たちの豪快な飲みっぷりについて、コラムニストのペリー荻野さんが綴る。 * * * 最近のアルコール飲料のCMは「元気のいい女優の時代」である。その代表例といえば、ご存知、天海祐希。サントリーの「-196°Cストロングゼロ」CMでは「食欲ストロング編集長」として、ある時は「おつまみ祭り」に出かけて、豚キムチや焼き鳥、餃子を頬張り、ぐいっとジョッキでストロングゼロを飲んで満足顔で親指を突き出し「ストロンGood!」。 その言葉の瞬間、シャワーのごとく大量の水流が噴き出して、お付きの編集者(鈴木浩介)をはじめ関係者は水浸し。またある時は、働く人々が集う新橋の飲み屋に乱入して、乾杯したいサラリーマンを押しとどめ「プリン体ゼロ、糖類ゼロ」をアピール。もちろん、「ストロンGood!」とともに、全員水浸しである。  初めてこのCMを見たときは、食べる、呑む、親指、シャワーの連発があまりに早すぎて何が起こっているのか、よくわからないくらいだったが、今はすっかり見慣れて、キリリとしたワンピース姿の天海祐希が歩いてくるだけで「来るな、ストロンGood!」とわかるようにになった。サントリーのHPを見ても、撮影に際して監督は天海編集長に「いつも通りでお願いします」としか伝えなかったという。あのテンションは「いつも通り」なのだ。すごいな、天海祐希。 一方、新たな豪快ドリンカーとして登場したのが、吉田羊だ。そば焼酎雲海のCM。後輩らしき面々に囲まれながら、ご機嫌の羊。「芝居は奥が深いですね…」と隣の若手男子に言われると、「そりゃそうだ、そばソーダ!」、「やっぱりつくねはタレだよね」とうれしそうな隣の食いしん坊にも「そりゃそうだ、そばソーダ」、「ネイル、羊だ~」という向かいの女の子にも「そりゃそうだよ、そばソーダ」。ダジャレ三連発、そして、グラスのそばソーダをぐいぐいと飲み干し、「あーっ!!」と気持ちよさげだ。 吉田羊といえば、朝ドラマ『純と愛』の堅物上司役で注目されて以来、美人女優路線でいくのかと思ったら、『HERO』などで強気&おとぼけの顔を見せ、『真田丸』では無愛想な嫁、そしてこのダジャレCMと変幻自在。豪快ドリンカーという顔も増えて、怪女優への道を突き進んでいる。  この他、サントリー「金麦」では、檀れいがいつもにこにことうれしそうだし、同じく「金麦糖質75%オフ」では戸田恵梨香が、大事なのは「おいしい」、「こと!」と琴を弾き、「糖質オフな」「こと!」と古都で舞妓さんと並んでピース。こちらもよく見ればダジャレである。「オールフリー」には黒木華も出ているし、サントリーは女優CMがとても多い。 かつてアルコール飲料のCMといえば、苦み走った男たちがしみじみと飲む姿を映し出すのが通例であった。今も名作として語り継がれるのは、1970年、世界的スター三船敏郎の出演作。画面中央にどかんとあぐらをかいた三船は、手にしたビンからグラスにとくとくとつぐと、ぐいっとやって「ぷはっ」。そしてナレーションが「男は黙ってサッポロビール」。本当に最後まで三船は黙ったままなのである。   それから半世紀近くたった現在は、「黙って」どころか元気いい女優たちがダジャレも交えてぐいぐい飲み干している。三船が見たらどう思うか。もっとも三船敏郎ご本人はダジャレ好きだったという。案外、喜んでいるのかも。21世紀の日本の豪快ドリンカー女優は、夏バテ知らずである。
2016.07.20 07:00
NEWSポストセブン
今クールドラマの見どころは「女×女」 注目3作品紹介
今クールドラマの見どころは「女×女」 注目3作品紹介
 今シーズンの連続ドラマは、「女×女」の組み合わせが多い。女同士というと、恋敵のドラマが主流だったが、バディ系が増えている。中でも注目なのはこの3作だ。 1つ目は、女だけの刑事ドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)。変わり者の刑事・渚(堀北真希・27才)と、反発しながらも協力し合い、いつしか理解を深めていく雪乃(檀れい・44才)の関係が見どころだ。テレビ・ドラマ解説者の木村隆志さんは、このドラマの魅力をこう分析する。「見た目も性格も水と油のような関係に見えて、肝心なところでは急にスイッチが入ったように結束を見せる。まさにこのドラマは、個性的な女性たちが、事件解決に向けて団結する瞬間を描いていて、終盤にはスカッとできるシーンが必ずあるんです」 そして2つ目は、女同士の強い友情を描く『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)。ふたりは大学時代の親友同士で、DV夫を殺し、完全犯罪をもくろむ。「犯罪を止めるのも友情であれば加担するのもまた友情。DVを受ける親友・加奈子(内田有紀・40才)を救おうとする直美(広末涼子・35才)も、職場で不遇の状況に置かれています。このドラマの醍醐味は、つらい現実を変えようと、必死に計画を実行する2人の絆。犯罪なのに応援したくなってしまう。むしろ、彼女たちを追い詰める姉・陽子(吉田羊)のほうが悪者のように感じられます」(木村さん) さらに、『わたしを離さないで』(毎週金曜22時~・TBS系)は、男女3人の物語だが、単なる三角関係ではなく、本誌の必見ポイントはやはり「女×女」。「ヒロインの綾瀬はるかさん(30才)と水川あさみさん(32才)が、力を合わせて“宿命”に立ち向かっていくという設定。過酷な宿命を背負った彼女たちが何を考え、どんな行動をとるのか。支配欲の強い水川さん演じる美和は、孤独ゆえに綾瀬さん演じる恭子に嫌な態度をとってしまう。女同士だからこそ本音をぶつけやすく、それが時に相手を振り回すことになるんです。そんな、誰もが持っている感情のぶつかり合いがうまく表現されています」(木村さん)※女性セブン2016年2月4日号
2016.01.24 07:00
女性セブン
自称「下町の」檀れい・石原さとみ・井川遥 見た目は白鵬
自称「下町の」檀れい・石原さとみ・井川遥 見た目は白鵬
 いろんな居酒屋に1人はいる、「自称下町の○○」という女性。○○には大抵美しい女優の名前が入るのだが、どうみてもそれは…というケースも少なくない。東京都に住む地方公務員のTさん(45才)の奥さまは、そんな「下町の○○」だという。 * * * 居酒屋の常連同士、飲みっぷりに惚れて結婚したんだから、文句は言えないんだけどさ。妻(43才)は、ビールから焼酎、日本酒にハイボールとほぼ毎日泥酔するまで飲む。 それでも、ひとりでおとなしく飲んでくれるんならいいよ。妻は、第三のビールを飲むときは「わたし、下町の檀れいよ。うふ」。それに飽きて焼酎を飲むときには、「わたし、下町の石原さとみ。間接キスしよっか~?」。 ハイボールに変えたらもちろん「わたし、下町の井川遥。うっふ~ん。ハイボールがお好きでしょ~?」と各飲み物のCMの女優になりきって、オレにからむんだよ。 嫌がると、「こらっ、井川遥がお前とチューしてやるって言ってるんだぞ。その態度はなんだ、この野郎~!」って、井川遥とはとても思えないキレ方。 脂肪がたっぷりついたお腹と、最近は顔つきも“下町の白鵬”にそっくりなんだけどなぁ。※女性セブン2015年8月20・27日号
2015.08.07 07:00
女性セブン

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン