スポーツ

美人プロボウラー中山律子さん 家族でやるのはゴルフ

 1970年代に湧き起こった空前のボウリング大会で、国民的アイドルだった『さわやか律子さん』こと中山律子(1942年生まれ)。その後の人生を彼女自身が振り返った。(週刊ポスト2002年8月30日号より)

 * * *
「ボウリングブームの一番華やかな時代を経験した者として、今は競技の振興と後輩たちのために奔走しています」(中山)

 1969年、女子プロボウラーの1期生としてデビュー。翌年、女子初のパーフェクトゲームを達成し、人気・実力とも頂点に。本人はこう振り返る。

「会社にはサイン色紙が400~500枚山積み状態。大会会場に人が集まりすぎで中止になったこともありました」

 熱狂的なブームが冷め始めた1974年に結婚、女児に恵まれた。さらに肩の故障などで、1980年代はボウリングを休んだが、1992年に復帰。

「ただ、故障して40歳を過ぎてからは満足に投げられたことはないですね。それでも“ボールの重さを使って投げる”技術が分かってきました」

 1998年7月、JLBC(ジャパン・レディース・ボウリング・クラブ)の会長に就任。ボウリング指導と講演活動で全国を駆け回った。ちなみに家族でボウリングをすることはほとんどないという。

「主人も、私とやると負けるのでもっぱらゴルフ。でも、ボウリングのほうが安い(笑い)し、奥が深いので老若男女どなたでも楽しめますよ」

 相変わらずの“さわやか律子さん”であった。

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン