• TOP
  • グラビア
  • 被災地定点観測【5】埋葬場の納体数はすでに300体を超えた

グラビア

2011.05.14 07:00  週刊ポスト

被災地定点観測【5】埋葬場の納体数はすでに300体を超えた

東松島市(4月25日撮影)

 東日本を広範囲に襲った今回の大震災から立ち直るには、長い年月がかかるだろう。だが交通の復旧、がれきの撤去、仮設住宅の整備など、復興の光は少しずつではあるが、確実に見えてきている。3.11 から2か月経ったいま、被災直後と同じ場所をカメラに収めた。

 被災地の定点観測第5弾は、3月23日と4月25日の宮城県東松島市の情景である。

 * * *
 宮城県東松島市の「矢本クリーンセンター」敷地脇に作られた埋葬場。1日4回、10体ずつほど土葬しており、納体数はすでに300体を超えている。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2011年5月20日号

関連記事

トピックス