• TOP
  • ライフ
  • 日本人の死因2位の胃がん 患者受入数トップ10病院を発表

ライフ

2011.08.02 07:00  週刊ポスト

日本人の死因2位の胃がん 患者受入数トップ10病院を発表

 胃がんはかつて日本人の死因の第1位だった。7月26日に国立がん研究センターが発表した「がん診療連携拠点病院 院内がん登録2008年全国集計 報告書」でも男女計5万5100件で第2位だが、現在は早期なら治療後の状況も良好で、死亡率も下がっている。
 
 そこで本誌は、上記の報告書をもとに、「胃がんに強い病院」のランキングを作成した。ランキングにするうえで、基準に置いたのは「患者の受け入れ数」である。医療ジャーナリストで現役医師でもある森田豊医師は、
 
「1年間の受け入れ数が20人の病院より、100人の病院のほうが診療実績があるので、患者さんも安心できるはずです。がんの部位ごとの“患者の受け入れ数”は病院選びの一つの指標になると思います。

 ただし、多ければ多いほどいいというわけでもない。100人より250人のほうがいい病院かというと、それだけで判断はできない。一定数を超えていれば問題ないでしょう」

 と、解説する。それでは胃がん患者受け入れ数の多い病院のトップ10を紹介しよう。

1位:がん研有明病院 東京都江東区
2位:国立がんセンター中央病院 東京都中央区
3位:静岡県立静岡がんセンター 静岡県駿東郡長泉町
4位:国立がんセンター東病院 千葉県柏市
5位:千葉県がんセンター 千葉県千葉市
6位:東京大学医学部附属病院 東京都文京区
7位:自治医科大学付属病院 栃木県下野市
8位:国立病院機構 四国がんセンター 愛媛県松山市
9位:大阪府立病院機構 大阪府立成人病センター 大阪府大阪市
10位:新潟県立がんセンター新潟病院 新潟県新潟市

※週刊ポスト2011年8月12日号

関連記事

トピックス