連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

子供の名前「光宙」に市役所担当者「まぁ普段の字ですし…」

2011.09.16 07:00

 近ごろの子どもの名前にある、「光宙」が読めるだろうか。ヤンキー漢字〈夜露死苦〉世代が親になって個性的な名が出てきた時代の息遣いを、作家の山藤章一郎氏がリポートする。  * * * 「光宙」は「ぴかちゅう」と読みます。  我が子の名を「悪魔

 近ごろの子どもの名前にある、「光宙」が読めるだろうか。ヤンキー漢字〈夜露死苦〉世代が親になって個性的な名が出てきた時代の息遣いを、作家の山藤章一郎氏がリポートする。

 * * *
「光宙」は「ぴかちゅう」と読みます。

 我が子の名を「悪魔」にしたいと出生届を出してきた親に、都下昭島市市民課はどう対応したか。

 答えは明快でした。
「ルールはありません。ふだん使われる、認められた漢字ならOKです。ただ出生届には読みがなの記載が必要です。

 ふさわしくない文字や読みは、あまりお勧めできませんがと、やんわり窓口対応します。悪、魔、殺、犯、罰、糞、尿……などを届けてきた人も全国にはいるようです。私どもは市民課の係長、課長を交えて協議いたします」

――では「光宙」は?
「はあ、まあ……なんとも。普段の字ですし、読み方までは」

※週刊ポスト2011年9月30日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP