• TOP
  • 国内
  • 子供の名前 夜舞刀、亜羅史に画数悪いと「。」つけたがる親

国内

2011.09.21 07:00  週刊ポスト

子供の名前 夜舞刀、亜羅史に画数悪いと「。」つけたがる親

 最近の子供たちの中には実に個性的な名前が多い。ある学習塾の女性塾長は、「結愛という名の子が、4人いました。全部、読み方が違う」(読み方は〈ゆいあ〉〈ゆいな〉〈ゆあ〉〈ゆめ〉)と頭を痛めるが、さらに個性的な名前が区役所に届けられているという。作家の山藤章一郎氏がリポートする。

 * * *
 頭がこんがらかりますから、読み方も添えます。

夜舞刀(やまと)稀羅璃(きらり)
羽亜都(はあと)亜羅史(あらし)
絵麗菜(えれな)姫華璃(ひかり)
魅留久(みるく)奈菜花(ななは)

 画数を気にして、これに「。」や「、」をつけたいというトンデモ親もいる。法律で禁じられているわけではないが、役所は不受理と判断する。

 女の子に〈結愛〉と同様に、はやっているのが〈心美〉。

 これも誰も読めません。〈ここみ〉と呼ぶ。〈心〉は〈こころ〉であって〈ここ〉ではない。しかし、そう呼んでくれと願う親がいる。

 では、居酒屋の「笑笑」とはどう読むのか。「笑」は「笑う」で初めて「わら」と、かなを振る。「笑」だけでは「しょう」である。〈わらわら〉と読ませるとは、日本語史上の大転換か。

※週刊ポスト2011年9月30日号

関連記事

トピックス