• TOP
  • 国内
  • 30歳以上限定メル友募集サイト 伝言1通50円、フリメ1000円

国内

2011.11.26 07:00  週刊ポスト

30歳以上限定メル友募集サイト 伝言1通50円、フリメ1000円

男たるもの、いくつになっても新たな女性との“秘めごと”に心躍らせたい。一線からリタイアしたオーバー60歳以上の世代にとって、「出会いの場」は減る一方だが、最近、シニア世代の恋愛事情に変化が訪れている。

「出会いの場」を探す中高年たちのツールも様変わりしてきた。最近では、インターネット上にシニア向けの“出会い系サイト”まで登場している。

その一つ、『私の街へ来てみませんか?』は、30歳以上限定のメル友募集サイトだが、運営会社のピーソフによれば、会員の年齢層はもっと高いという。

「まずエントリー会員の登録をしていただき、必要な選択項目に答えていただいたうえで自己PRを記入していただきます。ただし、この段階では電話番号やメルアドなどの個人情報をメッセージに書き込むことはできません。気に入った方とそうした情報をやりとりしたい方は、運転免許証や健康保険証などを提示したうえで、レギュラー会員に登録していただきます」(ピーソフの小嶋章義代表取締役)

伝言メッセージは1通50円、フリーメッセージは1通1000円。一度フリーメッセージで相手と連絡先を教えあえばサイトを経由する必要がないので、それ以上の費用はかからない。

このサイトを利用している68歳の男性がいう。

「年収とか、趣味とか詳細な質問項目があるんで、出会う前に相手のことを知ることができます」

62歳の元地方公務員は、このサイトをきっかけにして52歳女性と知り合った。

「ネットなら何人にアプローチしても気兼ねがないし、気に入らない相手にはメールしなければいいんです。妻の場合、普通は最初の挨拶が『こんにちは』とかだけなのに、僕のハンドルネームを見て、『●●さん、こんばんは』と返信してくれた。実際会ってみたら現役保育士で、相手を思いやることのできる人だった」

近況報告や趣味の話など、毎日メールを交換し、直接会うことになった。最初に会ったときから「何年も前からつき合っていたみたい」とお互い思ったという。

※週刊ポスト2011年12月2日号

関連記事

トピックス