• TOP
  • ライフ
  • 大手銀行マン 同窓会で年収白状し「貯金いくら」と質問攻め

ライフ

2011.12.03 07:00  週刊ポスト

大手銀行マン 同窓会で年収白状し「貯金いくら」と質問攻め

せっかく出席した同窓会が、楽しめなかったり、気まずくなるのではもったいない。いくら旧知の仲とはいえ、そこにはある程度のマナーや心構えが必要だ。

まず服装について。マナー講師でワダマネジメントラボ社長の和田真哉氏は、「まず、案内状には必ず〈平服で〉〈カジュアルで〉と書いておくべき」としたうえで、こう話す。

「主には平服というでしょうから、男性はビジネススーツで大丈夫。カジュアルフライデーくらいの格好でいいと思いますが、自信がなければネクタイもしたほうが無難でしょう。ゴルフウェアはNG。女性も見ているので、“日曜日のお父さん”の格好は気をつけたほうがいい」

実際に同窓会に出席した女性からはこんな声が。

「久ぶりに会うので、服装などの第一印象はとても大切。ヨレヨレでタバコ臭いスーツを着ていたり、靴が履きつぶされてボロボロだったりすると、昔憧れていた男性でもガッカリ」(40代・主婦)

また、それぞれが仕事や家庭に複雑な事情を抱えていることもあるので、話題はまず「当時の思い出話」が鉄則だ。

「同窓会では、『現在』はおいておくのがマナー。場がなじんでくれば、相手の今のことを聞くのもアリですが、詳しい話は二次会で。一次会で聞くのは拙速でしょう」(和田氏)

実際に同窓会でこんな嫌な思いをした人もいる。40代の銀行員の話。

「38歳の時の中学校の同窓会。地元で就職した連中が、しつこく私の年収を聞いてきた。みんな大手銀行マンの収入の相場は知ってるだろうと思い、つい『1200万~1300万の間』と答えると、『嘘だろ』『俺の3年分じゃないか』『あり得ない』という声が。その後も『貯金はいくらあるんだ?』みたいな質問ばかりされるので、二次会も出ずに帰ってきた」

同窓会は気心の知れた者同士の異業種交流会ともいえる。いわば仕事を広げるチャンスでもあるが、それを前面に出してしまうと興ざめに。

「投資用マンションの営業マンになったヤツが出席していて、営業活動を始めてしまった。とくに大企業勤務の男と歯科医の妻になった女性にしつこくするから、幹事がキレて『いい加減にしろ!』と怒鳴る始末。場が冷えきった」(30代・メーカー)

名刺交換も、相手に求められるまでは避けるのが礼儀だ。

また、男性同士なら「腹が出たな」「ハゲたな」といった外見の話も無礼講で大丈夫だが、「女性に対して、太ったとか、容姿の話をするのは絶対にダメ。70歳、80歳でも女性は女性。絶対にNGです」(和田氏)

出席者が「またやりたい」と思えれば、同窓会は大成功。この先の人生を豊かにするためにも、同窓会は楽しいものにしたい。

※週刊ポスト2011年12月9日号

関連記事

トピックス