• TOP
  • ライフ
  • 井伊直弼警備した駕籠かきや荷物持ちはフリーランスだった

ライフ

2011.12.17 07:00  週刊ポスト

井伊直弼警備した駕籠かきや荷物持ちはフリーランスだった

安政七年(1860)三月三日。大老井伊直弼の登城を護衛する供廻りの徒士(上士で16名、他に足軽、馬夫など軽輩の者と合わせ総勢60名)が襲撃された。水戸脱藩浪士を中心としたグループが、大老暗殺という非常手段に出たのだ。桜田門外の変である。暗殺はなぜ成功したのか。作家・井沢元彦氏が解説する。

* * *
この時代、大名行列の駕籠かきや荷物持ちをつとめる仲間は、現代風に言えばすべて「フリーランス」であった。つまり、藩に正式雇用されているのではなく、仕事があるたびに雇われて、その大名の紋のついた仲間装束を着て御用をつとめていた。

なぜ、そんな体制になっていたかといえば、言うまでもなく、その方が人件費の節約になるからだ。こういうのを「渡り仲間」という。日頃は大名屋敷の仲間部屋でバクチをやったり酒をくらったりしていた。当然彼等は侍(藩士)と違って、主君に対する忠誠心はない。

だから、ピストルが射ち込まれた時、彼等はクモの子を散らすように逃げてしまった。桜田門はすぐそこだから、井伊が重傷を負っていたとはいえ、彼等が逃げずに駕籠をかついだまま門内へ逃げ込んだら、城内には番士もいるし医者もいる。何とかなったかもしれない。

しかし、駕籠はその場に置き去りにされる形となった。ピストルが射たれたのを合図に同志が一斉に斬り込んだ。ここで井伊にとっての、さらなる不幸、襲撃側の幸運が起こった。

フリーランスの仲間が逃げたのは仕方ないが、代々禄をもらっている藩士のうち七人がそのまま何の抵抗もせずに逃げたのである。この七人は後に士道不覚悟のゆえをもって、切腹ではなく斬罪に処せられている。

もっとも、彼等にも言い分はあっただろう。屋敷が目と鼻の先なのだから、応援を求めに行ったということも充分に有り得る。それは駕籠脇に残った者の命令だったかもしれない。しかし、それを確かめる術はなかった。

駕籠脇に残った者はすべて闘死したからだ。

※週刊ポスト2011年12月23日号

関連記事

トピックス