芸能

小林可夢偉 黒木メイサの誘惑に耐えてあびる優の元へ帰還

2010年10月に発覚した、あびる優(25)とF1レーサー・小林可夢偉(25)との熱愛。昨年1月の会見で、あびるは、

「(可夢偉に)プロポーズされたら“はい”といいたい」

と笑顔で話し、昨年シンガポールで開催されたF1レースも、あびるは現地で観戦、海外メディアにもその様子がキャッチされ、結婚秒読みといわれていた。

しかし、ふたりを知るF1関係者からはこんな証言が出てきた。

「ちょうどそのころ、黒木メイサさん(23)が可夢偉さんに猛アタックしていたんです。友人の紹介で知り合ったんですが、彼のファンだったメイサさんが“かっこいい車が欲しいから相談にのってほしい”とか、とにかく押しまくった。あびるちゃんのことなんて関係なかったようですよ。

メイサさんてクールなイメージでしょ? その彼女が海外のレースまで追っかけてきたりしたこともあったそうです。まさに“魔性の女”って感じですね。可夢偉さんでなくても、男性はクラクラしちゃうんじゃないですかね。そんなとき、あびるちゃんに男友達が多いことで誤解があって、ふたりは大げんかになった。メイサさんはそんな傷心の可夢偉さんの胸にすっとはいりこんだんですよ」

昨年10月、三重・鈴鹿で行われた日本グランプリのときには、すでにあびると可夢偉は破局していた。その日本グランプリが終わった10月上旬、可夢偉は、メイサと箱根の温泉で密会していたことを『週刊女性』に報じられた。

「あびるちゃんはものすごいショックを受けていました。でもなにより可夢偉さんの仕事を心配していましたね。彼が日本グランプリでいい成績を残せなかったこともあったし…。それで可夢偉さんのスタッフに“カレ、大丈夫ですか?”って直接電話をしたこともあったみたい」(芸能関係者)

実は可夢偉は、昨年春から、都内に高級マンションを借りていた。シーズンが始まると、ほぼ隔週末、世界中の至るところでレースがあるため、これまでは基本的に実家のある兵庫を拠点にしていた。その彼が都内に家を借りたのは、束の間のオフタイムをあびると過ごすためだったという。

「そこでほとんど同棲のような暮らしを続けていたんですが、別れてからもあびるちゃんは、その部屋で彼の帰りを待ち続けていたんですよ。“きっと、いつか私のところに帰ってきてくれる”って、自分にいい聞かせるようにいってました」(前出・芸能関係者)

そんな思いが通じたのだろう。昨年秋、可夢偉はあびるの元へと帰ってきた。とある日の深夜0時過ぎの東京・六本木では、カラオケラウンジでデュエットするあびると可夢偉の姿が目撃されている。そこであびるは可夢偉の膝の上に座ったり、そのままチューするシーンもあった。

ちなみに、一方のメイサは、赤西仁(27)とあっという間に親しくなり、スポーツ紙に熱愛を報じられることとなったのだ。

※女性セブン2012年2月16日号

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン