国内

六本木ヒルズ 最後まで頑なだった「反対の会」説得の経緯

 森ビルを売上高2091億円の大企業に育てあげた森稔氏(享年77)。森氏は、理想の街づくりに邁進するなかで、超高層ビルへのアレルギーを払拭し、庭つき一戸建てへの執着を断ち切りたいとアピールした。経済紙記者はいう。
 
「森さんは、狭い東京だからこそ、土地を有効活用する高層ビルが必要だと力説していました。これが“垂直の庭園都市構想”です」
 
 森氏は赤坂六本木地区のアークヒルズプロジェクトだけでは満足しなかった。次の目標となったのが六本木6丁目、現在の六本木ヒルズだ。
 
 1982年に、テレビ朝日の本社建て替えを打診された森氏は、この約1万坪の土地だけでなく、周囲をも含めた再開発を提案する。しかも、そこには敷地南側の崖下の窪地にあった住宅街が含まれていた。アークヒルズの約2倍、11ヘクタールという規模だけに、世評は「無理だ」と否定的だった。
 
 都内の建築士は、このプロジェクトが森ビルとテレビ局との共同作業で推進された点を評価する。
 
「テレ朝の本社の建て替えだけなら“街づくり”まで発展しない。森さんが、南側の消防車も入れない、急勾配の細い道の地区を視野に入れたことで、案件はダイナミズムを得たんです」
 
 結果として、世界最大規模の地権者400件、借地人300件を巻きこむことになった。再び世論は「不可能」の大合唱。ところが、またしても時代が援護射撃する。建築士はいう。
 
「計画発表後、土地バブルが沸騰して地上げに対する批判が盛り上がります。地権者も、貪欲に見返りを期待するし、六本木ヒルズ開発の資金は、森ビルの収益を食い潰しかけた。しかし、90年代に入って土地神話が終焉します。地権者は一転して、土地を権利変換するほうが得策だと、再開発反対から賛成に回るんです」

 合意率は92%にまで達した。だが10人ほどの「反対の会」は頑なだった。

 当時この件を取材した記者が、久しぶりに取材ノートを開いてくれた。

「反対派から、森ビルのエゴのために巻き込まれるのはごめんだ! という声が出た時、森さんは激烈な態度でいい返しました」

 森氏は反論した。

「どっちがエゴですか! 90%以上の人たちが賛成しているうえ、私もご理解いただこうと何度も説明しています。自分たちのことしか考えないのは、あなたたちじゃないですか!」

 その場は凍てついたが、森氏の情熱が通じ、全員の賛成がとりつけられた。

※週刊ポスト2012年4月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト