国内

六本木ヒルズ 最後まで頑なだった「反対の会」説得の経緯

 森ビルを売上高2091億円の大企業に育てあげた森稔氏(享年77)。森氏は、理想の街づくりに邁進するなかで、超高層ビルへのアレルギーを払拭し、庭つき一戸建てへの執着を断ち切りたいとアピールした。経済紙記者はいう。
 
「森さんは、狭い東京だからこそ、土地を有効活用する高層ビルが必要だと力説していました。これが“垂直の庭園都市構想”です」
 
 森氏は赤坂六本木地区のアークヒルズプロジェクトだけでは満足しなかった。次の目標となったのが六本木6丁目、現在の六本木ヒルズだ。
 
 1982年に、テレビ朝日の本社建て替えを打診された森氏は、この約1万坪の土地だけでなく、周囲をも含めた再開発を提案する。しかも、そこには敷地南側の崖下の窪地にあった住宅街が含まれていた。アークヒルズの約2倍、11ヘクタールという規模だけに、世評は「無理だ」と否定的だった。
 
 都内の建築士は、このプロジェクトが森ビルとテレビ局との共同作業で推進された点を評価する。
 
「テレ朝の本社の建て替えだけなら“街づくり”まで発展しない。森さんが、南側の消防車も入れない、急勾配の細い道の地区を視野に入れたことで、案件はダイナミズムを得たんです」
 
 結果として、世界最大規模の地権者400件、借地人300件を巻きこむことになった。再び世論は「不可能」の大合唱。ところが、またしても時代が援護射撃する。建築士はいう。
 
「計画発表後、土地バブルが沸騰して地上げに対する批判が盛り上がります。地権者も、貪欲に見返りを期待するし、六本木ヒルズ開発の資金は、森ビルの収益を食い潰しかけた。しかし、90年代に入って土地神話が終焉します。地権者は一転して、土地を権利変換するほうが得策だと、再開発反対から賛成に回るんです」

 合意率は92%にまで達した。だが10人ほどの「反対の会」は頑なだった。

 当時この件を取材した記者が、久しぶりに取材ノートを開いてくれた。

「反対派から、森ビルのエゴのために巻き込まれるのはごめんだ! という声が出た時、森さんは激烈な態度でいい返しました」

 森氏は反論した。

「どっちがエゴですか! 90%以上の人たちが賛成しているうえ、私もご理解いただこうと何度も説明しています。自分たちのことしか考えないのは、あなたたちじゃないですか!」

 その場は凍てついたが、森氏の情熱が通じ、全員の賛成がとりつけられた。

※週刊ポスト2012年4月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン