• TOP
  • ビジネス
  • FX会社選びの新常識 スプレッドの「提示率」をチェックしよう

ビジネス

2012.10.15 07:00

FX会社選びの新常識 スプレッドの「提示率」をチェックしよう

 ビギナーからヘビーユーザーまで、FX 会社を選ぶときに、まず気にするのはスプレッドだろう。スプレッドは狭ければ狭いほど利益が出やすくなる──トレーダーなら誰でも理解している単純明快な結論だからだ。

 しかし、同じスプレッドを提示している会社が2つ以上あるときはどうするか? 取引機能やテクニカル指標を比較する……いや、実はその前にチェックすべきことがある。そのスプレッドがどれだけ通常のトレードで提示されているかである。

 業界最低水準のスプレッドを掲げているFX会社でも、実際にトレードを行なってみると、取引画面で表示されるレートが必ずしも、そのスプレッドにはなっていないことが結構ある。トレードを頻繁に行なう人ほど、実感しているはずだ。

 スプレッドを固定しているFX会社でない限り、相場急変時ではない通常の相場でも、最低水準のスプレッドが表示されないことは珍しくないのである。したがって、同じスプレッドを提示する会社がいくつか存在する場合、そのスプレッドがどのくらいの頻度で提示されるか、を比較することが、重要なポイントとなる。

 その頻度を示すのが「提示率」という数値だ。あるスプレッド(この場合はFX会社が提供する最低スプレッド)の表示率が100%である場合、完全に固定されていることを意味する。50%であれば、最低スプレッドは2回に1回しか表示されないことになる。

 その点、FXトレーディングシステムズのFXブロードネットの最低スプレッドの提示率は群を抜いている。なんと、ドル/円の最低スプレッド0.3銭が96%の高い確率で提示されるのだ(2012年7月~末日調べ)。この数字は、通常の相場であれば、ほとんど最低スプレッドが表示されていることになる。

 この高い提示率がキープされることで、初めて、狭いスプレッドのメリットが存分に生かせることになる。わずかなスプレッドの差が大きなコストの違いを生む スプレッド0.3銭と0.5銭の違いが、トレードに与える影響を比較してみよう。

 同じレートで10万ドルのポジションを建てたとき、0.3銭と0.5銭の取引コストには、200円の差が出る。1回のトレードであればこの程度だが、100回トレードが行なわれれば、コストの差は2万円に広がる。

 また、取引量が変わるとスプレッドが変わるFX会社もあるが、FXブロードネットには、1000通貨から取引できるコースが豊富。いずれも米/ドル円の0.3銭を始めとする業界最低水準のスプレッドで、24通貨ペアの取引ができる。当然、提示率も1万通貨の取引と変わらない。ドル/円の1000通貨の取引に必要な証拠金は、「ブロード25ライトコース」の場合、3140円(8月8日時点)で、気軽に取引をスタートすることができるだろう。

 また、FXブロードネットにはスマホのアプリがあり、24時間モバイルトレードをすることが可能。PC画面並みの高機能を備え、投資情報関連の画面も充実。0.3銭のスプレッドが生かせる、数多くのトレードができる環境が整っている。

※マネーポスト2012年秋号

関連記事

トピックス